POTENZA

ポテンツァ

- ポテンツァとは

お悩みに合わせた根本的な治療を実現

最新の美肌ニードル治療で、
より効果的に、理想的な美しさへ

ポテンツァとは、

ポテンツァとは、微細な針(マイクロニードル)とRF(高周波)を用いてニキビ跡や毛穴の開き、肝斑などの改善が期待できる医療機器です。当院では複数種類のハンドピースとチップをお客様のお肌状態やお悩みによって使い分けることで、1回でもより効果を実感しやすい治療になっています。

当院採用機器の特徴

POTENZA(ポテンツァ)

当院ではJeisys(ジェイシス)社で開発されたポテンツァを採用しております。チップに取り付けられた微細な針の先端からRFを照射し、真皮層に直接エネルギーを与えることで肌トラブルの改善に導きます。※薬事未承認機

①ダウンタイムが短い

従来のマイクロニードル治療では、針を刺入する深さや、肌を傷を付ける施術方法が原因で出血を伴いやすいとされています。しかしポテンツァは、針を刺入した際にRFを照射することによって出血を抑制。また、内蔵のモーター制御により針の挿抜を調節することでダウンタイムの短縮に繋がっています。

②様々な肌トラブルに対応

ポテンツァには治療目的に合わせた様々なチップがあります。肌トラブルに合わせてチップや照射設定を変えることで、毛穴の開きやニキビ跡、小じわなどを改善に導きます。従来のマイクロニードル治療では対応できなかった肝斑や赤ら顔まで治療が可能です。

③痛みが少ない

ポテンツァではマイクロ単位の極細の針(外径0.25mm:約32G)※を用いるため、表皮の損傷を引き起こす可能性を抑えることができます。また、針の先端から照射されるRFは出血を抑える働きをするため、痛みに弱い方にも安心してご利用いただけます。※CP-25(外径0.35mm:約28G)

こんな方におすすめ

他の肝斑治療で効果がでなかった

赤ら顔が気になる

毛穴の開きが気になる 

ニキビ跡やクレーターが気になる

エイジングケアをしたい

少ない回数で効果を実感したい

ダウンタイムが気になる

痛みに弱い

お悩み別のコース

肝斑コース

ポテンツァは色素を生成するメラノサイトにRFエネルギーを届け、メラニンの生成を抑えるため、再発を防ぐ効果が期待できます。また、レーザーでの肝斑治療などに伴う色素沈着や白斑などのリスクを軽減した治療が可能となっています。

赤ら顔コース

ポテンツァ赤ら顔の原因となる新生血管へ照射し、毛細血管が存在する真皮層にまで直接RFエネルギーを届けます。赤ら顔の根本的な改善が期待できます。

毛穴コース

微細な針を用いて真皮層に直接RFエネルギーを与えることで創傷治癒力を高めます。損傷を受けた線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを増生しようとする力が働きます。毛穴の開きの改善、肌のハリ感やツヤを引き出す効果も期待できます。

ニキビ跡/しわコース

お肌に微細な針を刺し、直接RFエネルギーを与えることで、創傷治癒力を促進します。この効果により、コラーゲンやエラスチンを増生し、クレーターのようなニキビ跡や小じわの改善が期待できます。

ドラックデリバリーコース

ドラッグデリバリーとは、針を抜くと同時に押し出される空気によって、均一に薬剤を注入できる独自のシステムのことです。これにより、薬剤を真皮層に効率よく届けることが可能になりました。皮膚を軽く吸引しながらスピーディーに照射と導入が可能なため、痛みに弱い方におすすめです。

当院採用薬剤:マックーム(McCoom)

マックームは溶けるコラーゲンとも言われており、ポテンツァ専用に開発された薬剤です。注入することでコラーゲンの増生を促進させ、たるみや肌のくすみ、小じわの改善などエイジング効果が期待できます。主成分であるPLLAは元々皮膚の陥凹の治療に使用されていた注射薬であり、安全性が高いことが特徴です。

施術概要

こんな方へ

・肝斑の再発を予防したい方
・赤ら顔が気になる方
・毛穴の開きが気になる方
・しわを改善したい方
・ニキビ跡が気になる方
・エイジングケアをしたい方

治療時間

約60分
※施術内容、照射部位、麻酔の有無によって異なります。

痛み

チクッとした痛みを感じる場合があります ※個人差があります。

推奨の施術頻度

1~1.5ヵ月に1回 ※症状によって異なります。

シャワー・洗髪・入浴・洗顔

シャワー・洗髪・洗顔は当日から可能
メイク・入浴は翌日から可能

リスクや副作用

赤み、内出血、腫れ、色素沈着、毛嚢炎など
※詳細はカウンセリングにてご相談ください。

施術の流れ

01.ご予約・ご来院 02.お化粧落とし・洗顔 03.カウンセリング 04.施術 05.メイク直し・ご休憩

費用

※価格は全て税込みです。
※価格は予告なく変更する場合があります。

Q&A

治療回数、頻度はどのくらいですか?

個人差はありますが、一般的に3回目以降から効果を実感できるとされています。治療頻度は改善したい症状によって異なります。肝斑は2週間〜1ヶ月に1回、赤ら顔や毛穴、ニキビやニキビ跡の治療は1〜2ヶ月に1回のペースがおすすめです。

ダウンタイムはありますか?

当日のメイクは控えましょう。翌日からでしたら可能です。施術後はほてりや熱感がありますが、約1週間で治まります。赤みは1〜2日で治まることが多く、長くても1週間程度で落ち着きます。まれにマイクロクラストという細かいかさぶたのようなものが形成されることがあります。

痛みはありますか?

ダーマペン4もマイクロニードルを用いた治療ですが、高周波を照射する機能がありません。また、ポテンツァは、薬剤をドラッグデリバリーシステムで導入していくのに対し、ダーマペンは、薬剤を塗り込むように浸透させていくという点に違いがあります。

日焼け後の肌でも施術を受けられますか?

ポテンツァは肌の色を問わず施術を受けられます。ただし、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態のため思わぬ副作用を招いてしまう可能性があります。日焼けが落ち着いてからの施術がおすすめです。

Scroll to Top