novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

ワセリンはニキビに効果的?ニキビができる仕組みや原因も解説

目次

ニキビの治療方法としてワセリンを塗る人がいます。インターネットでも「ワセリンはニキビに効果的」などというような記事が多く出回っています。しかし、ワセリンはニキビを治すどころか、悪化させる可能性があります。


そこで、今回はワセリンの基本情報や本当にニキビに効果があるのかを解説します。

ワセリンの基礎知識

ワセリンについて詳しく解説します。

ワセリンとは

ワセリンとは、石油から得た炭化水素類を脱色して、精製した保湿剤のことを言います。石油が原料だと聞いて肌に悪そうと感じる方も多いかと思いますが、石油は本来、天然由来の成分です。そのため、肌に害はほぼないです。ワセリンは肌の内部に浸透する働きはありません。しかし、肌の表面をコーティングすることができ、皮膚の水分を内部にとどめることができるため、保湿効果を期待できます。また、肌の表面をコーティングするため、外部からの刺激を防ぐ効果も期待できます。乾燥対策やスキンケアだけでなく、皮膚炎ややけどなどにも使われることが多いです。

ワセリンには「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」などの様々な種類があり、これらは主に純度の違いによって分けられています。本来、ワセリンの中には石油由来の不純物が含まれています。精製の度合いによって不純物の含有量が変わり、黄色ワセリンは比較的純度が低いものとされています。黄色ワセリンを精製することでより不純物が取り除かれ、これが白色ワセリンになります。更に純度を高めたものはプロペトと呼ばれています。一般的には、純度が高くなるほどワセリンは白くなり、肌に対する刺激も少なくなると言われています。白色ワセリン程度の純度になると、薬局などで購入できる保湿ケアアイテムとして人気が高いです。

ワセリンの効果

ワセリンには主に肌の保湿・保護の効果が期待でき、塗ることで肌の表面に油膜を作ります。手や顔の保湿だけでなく、化粧下地やリップとして使う人も多いです。

ニキビの治療にワセリンを使う方も多いですが、ワセリンには薬効成分が含まれず殺菌効果や消炎効果がないため、ニキビの治療薬にはなりません。

しかし、乾燥が原因のニキビにはワセリンが効果を期待できる可能性があります。

肌が乾燥することで、肌のターンオーバーが乱れます。ターンオーバーとは新しい細胞の生成と古い細胞の排出を繰り返すサイクルのことです。肌表面の角質もこのターンオーバーに沿って排出されます。しかし、乾燥によってターンオーバーが乱れると、排出しなければいけない角質は肌の表面に溜まり、ニキビの原因になります。ニキビができる原因は他にもたくさんありますが、肌の乾燥が原因である場合はワセリンが効果を期待できます。

ニキビの基礎知識

ニキビについて詳しく解説します。

ニキビができる仕組み

最初は気がつきにくいニキビはやがて炎症を起こして目立つようになります。ニキビは「過剰な皮脂」「毛穴の詰まり」「アクネ菌の繁殖」といった条件がそろうことで発症しやすくなります。毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺が備わっています。肌が正常な場合、皮脂は毛穴を通って体外へ排出されます。しかし、過剰に分泌した皮脂や角質が毛穴に詰まると、それを栄養とするアクネ菌や細菌が増殖し、後にニキビになります。

できはじめのニキビを放置すると、毛穴に詰まった皮脂は溜まる一方になり、次第に重症化して炎症を起こします。また、適切な処置を行わない限りニキビ跡が残りやすくなるので注意が必要です。

ニキビの種類

ニキビは主に「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」の4つに分類することができます。これらはそれぞれ発症する原因が違い、治療方法なども変わります。

白ニキビはニキビの初期段階です。肌の表面にたまった角質が毛穴に詰まり、これによって皮脂が排出されなくなることで起こります。白ニキビは比較的軽度な物なので、治りやすく、跡も残りにくいことが特徴です。

黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂や角質が黒く酸化したものを言います。黒ニキビはよく小鼻周りの黒ずみとして現れ、非炎症性皮疹とも呼ばれています。白ニキビが進行した時に現れやすく、放置すると跡が残る可能性があります。

赤ニキビは白ニキビや黒ニキビが悪化し、アクネ菌が増殖して炎症を起こしたものです。一般的なニキビはこの赤ニキビに該当することが多いです。間違った処置をしてしまうと肌に赤みが残る可能性があります。

黄ニキビは膿疱性ざ瘡とも呼ばれています。黄ニキビは他のニキビよりも症状が進行していて、アクネ菌以外にも黄色ブドウ球菌が増殖して起こります。炎症を起こしているため、早めに治療を行わないと跡が残る可能性があります。黄ニキビを発見した時は放置せずに、適切な対処を行いましょう。

ニキビができる原因

それでは、ニキビができる原因を3つ紹介します。

ホルモンバランスの乱れ

ニキビはホルモンバランスの乱れが原因で現れる可能性があります。疲労やストレスなどによって起こるホルモンバランスの乱れは皮脂の分泌量が増えるだけではなく、ターンオーバー(肌が一定期間で生まれ変わる仕組み)の乱れにも影響します。そのため、肌に皮脂や角質が溜まりニキビができやすくなります。

外部からの刺激

ニキビは髪や寝具などによる外部からの刺激によってできる可能性があります。髪の毛が肌に触れていたり、肌に悪い素材の寝具を使っている場合は絶えず肌に刺激が加わります。そのため、ニキビができやすくなります。最近はコロナ禍なので、外出時にはマスクをつけることが多いと思いますが、中の蒸れや付け外しの際の摩擦などもニキビの原因になる場合があります。また、髪や寝具に付着した菌によってニキビができることもあるので注意が必要です。

新陳代謝の悪化

肌の新陳代謝が悪いと、角質が排出されにくくなり、毛穴に溜まることが多くなります。そして毛穴が詰まり、菌が繁殖することで後にニキビとなって現れる可能性があります。新陳代謝が悪くなる原因は様々ですが、主に栄養不足や血流の問題があるので気を付けましょう。

ニキビの改善方法

ニキビの改善方法を紹介します。

生活習慣を改善する

生活習慣の改善はニキビに効果を期待できます。栄養が豊富でバランスの良い食事はニキビのできにくい体質を作ることが期待できます。動物性脂肪や糖質の多い食べ物は皮脂を増やす恐れがあるためなるべく控えるように心がけ、肌の代謝を促す効果を持つビタミンや食物繊維などを積極的に摂取しましょう。

また、夜更かしが続くとホルモンバランスや自律神経が乱れ、ニキビができる原因になることがあります。睡眠は肌のターンオーバーを整えるために重要なので意識しましょう。また、質の良い睡眠をとるためには体温を上げてリラックスできる状態が必要だと言われています。寝る2時間前にお風呂に入り、睡眠を妨げるブルーライトを発するスマートフォンの使用はできるだけ控えましょう。

肌の保湿を徹底する

肌の乾燥はニキビができる原因の1つです。必ず、毎日丁寧に洗顔を行い、保湿ケアを欠かさず行いましょう。洗顔時は洗顔料を確実に落とす必要がありますが、ごしごしと擦るとかえって肌を傷つける可能性があるので、ぬるめのお湯で優しくすすぐことをおすすめします。

紫外線対策を行う

スキンケアの後には必ず日焼け止めを用いて紫外線対策を行いましょう。日焼け止めはたくさんの種類がありますが、中でも低刺激でニキビ肌や乾燥肌にも問題なく使えるものをおすすめします。特に「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」と書かれている日焼け止めは肌に優しいため試してみてください。また、肌に合う合わないがあるので、まずは少量からの使用で様子を見てみてください。

クリニックに相談する

より効果的な治療を受けたい場合はクリニックの活用をおすすめします。クリニックでは専門の方が診察を行って、一人ひとりに合う対処法を提案するので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

ワセリンを使用するときのポイント

ワセリンを使用するときのポイントを紹介します。

純度の高いものを使用する

ワセリンを選ぶときは必ず純度の高いものを選びましょう。純度の低いワセリンを使用することで、肌のかゆみやかぶれなどのトラブルを引き起こす可能性があります。特に、顔に塗る場合は比較的純度が高いとされている白色ワセリンやプロペトの使用をおすすめします。これらは純度が高いため、肌への刺激も少ないです。

スキンケアの最後に使用する

ワセリンはスキンケアの最後に使用することで、肌の潤いを逃しにくくすることができます。ワセリンをスキンケアの最初に塗ると、その後の化粧水などが肌に浸透しにくくなります。本来の効果を十分に発揮できなくなるだけでなく、他のスキンケア商品の邪魔をしてしまうため、順番には気を付けましょう。

少量を薄く塗る

ワセリンの量が多いと、肌のべたつきやニキビの原因になる可能性があります。ワセリンを使用するときは必ず少量を薄く塗りましょう。一般的な適量として、米粒2つ分を目安にすることをおすすめします。

ワセリンをおすすめしない理由

肌の保湿・保護に効果を期待できるワセリンですが、ニキビの治療法としてはあまりおすすめしていません。その理由を2つ紹介します。

ニキビが悪化する可能性がある

ワセリンによっては、肌の赤みやかゆみの原因になる可能性があります。基本的にワセリンは副作用が起こりにくいとされています。しかし、純度の低いワセリンには不純物が含まれていて、体が拒否反応を起こす可能性があります。特に、ニキビができている肌は刺激を受けやすい状態になっています。精製度の低いワセリンは肌の状態の悪化、ニキビの悪化に繋がる可能性があるため、おすすめしません。

アクネ菌が増殖する可能性がある

炎症を起こしているニキビには、ワセリンは逆効果です。炎症を起こしているニキビにはアクネ菌が増殖していることが多いです。アクネ菌は空気の少ない場所で多く増殖する性質を持ちます。そのため、ワセリンを塗ると肌に触れる空気を少なくしてしまうため、アクネ菌はより増殖します。これはニキビを悪化させるだけでなく、新しいニキビが現れる原因にもなるのでおすすめしません。

ワセリンについてよくある質問【Q&A】

それではワセリンについての質問に解答していきます。

結局、ワセリンはニキビに効果的なの?

ワセリンは肌の乾燥に効果を期待できるだけで、ニキビに効果的ではありません。ニキビの改善を考えている場合は他の治療法をおすすめします。

ワセリンはシミやほうれい線にも効果的って本当?

ワセリン自体がシミやほうれい線に作用することはありません。乾燥によるシミやほうれい線の悪化を防ぐ方法の一つとお考えください。

どのような時にワセリンを使えばいい?

肌の乾燥が気になる時に使用しましょう。しかし、使用方法を間違えると逆効果になる可能性があるため、必ず使用方法や適量を守って使用しましょう。

当クリニックの3つの特徴

それでは、当院NOVUS Beauty Clinicの3つの特徴をご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2022年8月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」の2院を展開中です。どちらも駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

ニキビでお悩みならNOVUS Beauty Clinicへご相談

今回はワセリンについて解説しました。NOVUS Beauty Clinicはお客様1人ひとりの悩みに寄り添い、その的確な対処法を提案させていただきます。ニキビについてお悩みの方はNOVUS Beauty Clinicへご相談ください。

Scroll to Top