novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

【シミを薄くする方法】自宅でできる簡単ケアと美容皮膚科の治療をご紹介

「気になるシミを薄くしたい!」「自宅でできるシミの簡単ケア方法が知りたい」とお考えの人はいませんか?

そんなシミにはセルフケアで消せる種類と、残念ながら消せない種類があります。
本記事では、セルフケアで消せるシミの種類や、顔のシミを薄くする方法、毎日簡単にできるシミを隠すメイク術を一挙に解説します。

今、シミが気になっているけど美容クリニックに行く暇がないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

セルフケアで消せるシミ

シミには様々な種類がありますが、その中でもセルフケアで対処できるシミは3種類です。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着は、「日焼け・ケガ・火傷・吹き出物・虫刺され跡」などに発症するシミで、茶褐色をしています。

この色素沈着になる原因は紫外線による肌へのダメージが原因で、年齢や性別を問わず発症します。
中でも、男性は日焼け止めなどのUV対策をせずに仕事やスポーツなどで長時間紫外線を浴びることも多いため、炎症性色素沈着になりやすいです。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑は、紫外線を浴び続けることによって発症するシミで、肌とシミの境界線がとてもわかりやすいことが特徴です。40歳以上の中年期に発症しやすいと言われており、茶色〜こげ茶色で丸い形をしています。

この老人性色素斑は、顔以外にも紫外線を浴びやすい手の甲や腕にもできやすく、紫外線を強く浴びている20代の人にも発症の可能性が高いシミです。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、「紫外線・摩擦・女性ホルモンの乱れ・ストレスやタバコ」が原因になり得るシミです。頬骨あたりに薄い茶色のシミができて、段々と左右対称に両頬まで拡大します。
30歳から40歳の女性に発症することが多く、閉経後は薄くなるのが特徴です。

シミは薄いモヤモヤしたものであることが多く、特に妊娠出産で女性ホルモンが乱れている女性は発症しやすいとされています。

セルフケアで消せないシミ

次にセルフケアでは対処できないシミの種類を解説します。

そばかす

そばかすは、遺伝的な要素で発症することが多く、セルフケアで対処することが難しいシミです。
思春期に目立ちやすく、成人を迎えると少しずつ薄くなっていきます。

そばかすは遺伝的要素であるため、セルフケアでシミを消すことは難しいでしょう。
しかし、シミを薄くするという点から見ると医薬品の内服薬ならば効果が全くないとは言えません。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症は、シミや良性のイボを指す名前でもあり、主に40代以降に発症しやすく、80代の大半はこの脂漏性角化症を発症しているとされています。

日光が当たりやすい部分に発症して、シミにやや盛り上がりがあることが多いです。
基本的には紫外線が原因となりますが、そばかすと同様、遺伝的要素が原因となることもあります。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

花弁状色素斑は、強い日焼けを起こした後、肩から背中にかけて多発する茶色いシミです。
花弁状または金平糖のような形をしていて、色白で日焼けすると肌が赤くなる人に発症しやすいとされています。

また花弁状色素斑は肌の奥層まで紫外線のダメージを受けてしまった際に発症するシミのため、セルフケアでシミに対処することは難しいと言えるでしょう。

顔のシミを薄くする方法5選

シミにはセルフケアで対処できるものと対処できないものがあることがわかりました。
ここでは、セルフケアでシミを薄くする方法を5選ご紹介します。

シミを薄くする方法

シミ消しクリームを使う

医薬品で内部からケア

食生活と生活習慣を見直す

美顔器を使用する

美容皮膚科の治療

①シミ消しクリームを使う

顔のシミを薄くする方法1つ目は「シミ消しクリームを使うこと」です。
最近、市販や通販で数多くのシミ消しクリームが販売されており、シミが気になる人なら一度は使用したことがあるかと思います。

しかし、すべてのシミ消しクリームに配合されている成分が同じというわけではないことや、ご自身のシミの濃さによって効果の実感度は違います。そのため、自分に合ったシミ消しクリームを選ぶことがとても大切です。

シミ消しクリームの正しい選び方

シミ消しクリームを選ぶ際、色々な商品があって迷ってしまいますが、これから紹介する2つの正しい選び方を覚えておけば失敗する可能性は低くなります。

使い続けやすいものを選ぶ(価格や香り、テクスチャなど)

美白有効成分が配合されているものを選ぶ(「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「トラネキサム酸」など)

ここでは上で紹介した美白有効成分が配合されているおすすめのシミ消しクリームを3つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ケシミンクリーム(小林製薬)【医薬部外品】

商品名ケシミンクリーム
会社名小林製薬
価格(税込)1,800円
内容量30g
容量の目安記載なし
配合成分
  • L-アスコルビン酸 2-グルコシド
  • グリチルレチン酸ステアリルなど

※配合美白成分:ビタミンC誘導体( L-アスコルビン酸 2-グルコシド)

香り無香料
テクスチャ
  • 濃厚
  • 固めでピンポイント塗りにぴったり
おすすめポイント
  • 美白有効成分ビタミンC誘導体配合
  • シミの予防にも使える
  • 市販でも買える
公式サイトhttps://www.kobayashi.co.jp/seihin/kmn_c/

メラノCC 薬用しみ対策 保湿クリーム(ロート製薬)【医薬部外品】

商品名メラノCC 薬用しみ対策 保湿クリーム「医薬部外品」薬用ホワイトニングクリームC
会社名ロート製薬
価格(税込)販売店舗によって異なる
内容量23g
容量の目安朝晩使用で約2か月
配合成分
  • L-アスコルビン酸2-グルコシド
  • グリチルリチンなど

※配合美白成分:ビタミンC誘導体( L-アスコルビン酸 2-グルコシド)・アルブチン

香り柑橘系
テクスチャ
  • 柔らかく伸びが良い
  • べたつかない
おすすめポイント
  • 美白有効成分が2種類配合
  • 市販で手軽に買える
  • 朝晩使用しても約2か月もつのでコスパが高い
公式サイトhttps://jp.rohto.com/melanocc/cream/

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム(明色化粧品)【医薬部外品】

商品名プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム
会社名明色化粧品
価格(税込)1,210円
内容量55g
容量の目安記載なし
配合成分
  • プラセンタエキス-1
  • 酢酸トコフェロールなど
香りホワイトフローラル
テクスチャ
  • 柔らかく伸びが良い
  • べたつかない
おすすめポイント
  • 美白有効成分が2種類配合
  • 市販で手軽に買える
公式サイトhttps://www.meishoku.co.jp/shop/pages/pw.aspx

②医薬品で内部からケア

顔のシミを薄くする方法2つ目は「医薬品で内部からケアすること」です。
シミは紫外線など、外側からのダメージを受けて発症すると考えている人も多いですが、シミは外側からダメージを受けたお肌が肌を守るために、肌の奥からメラニンを生成し、そのメラニンがターンオーバーで上手に排出できずに沈着してしまうことが原因になります。

加えて、今はシミになっていなくても内部で予備軍として潜んでいる可能性もあります。そこで、シミ消しクリームなどで外側からケアすることはもちろん、医薬品を使って内部からもケアしていくことが大切です。

医薬品の正しい選び方

シミケア対策に医薬品を選ぶ際は、「美白有効成分が配合されているものを選ぶ」「医薬品の表示があるものを選ぶ」という点を意識して選びましょう。またシミの種類に合わせて医薬品を選ぶこともポイントです。

肝斑トラネキサム酸
老人性色素斑L-システイン
ビタミンC誘導体
ビタミンEなど
ニキビ跡などの色素沈着

ビタミンB群

先ほど、セルフケアでは対処できないシミとして解説したそばかすは、シミ消しクリームなどでは効果が感じられませんが、医薬品だと薄くできる可能性があります。

おすすめの内服薬4選

シミに適切に対処できる内服薬について、現役の美容皮膚科医が分かりやすく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

③食生活と生活習慣を見直す

顔のシミを薄くする方法3つ目は「食生活と生活習慣を見直すこと」です。
食材の中には、シミを生成する原因になる「活性酵素」を防ぐ抗酸化作用が配合されているものがあります。中でも以下の食材は抗酸化作用が高いものですので、意識して毎日の食事に取り入れてみましょう。

抗酸化作用がある成分食材
ビタミンC赤ピーマン
黄ピーマン
ブロッコリー
キウイフルーツ
イチゴなど
ビタミンA豚レバー
バター
鶏の卵
にんじん(皮付き)
ウナギなど
ビタミンEナッツ類
モロヘイヤ
しそ(葉)
ほうれん草(ゆで)
調整豆乳など
リコピントマト
スイカ
あんず
マンゴーなど
ポリフェノール赤ワイン
大豆
ココア
そばなど
L-システイン高野豆腐

ブロッコリー
ごまなど
エラグ酸赤ワイン
ベリー系など
フラボノイド緑茶
柑橘類
ブドウなど

また、食生活以外にも「適度な運動(ウォーキング)をする」「十分な睡眠を取る」「外出時は必ずUV対策をする」など、生活習慣も一度見直すことでお肌のターンオーバーを正常にさせて、余分なメラニンの排出を促進してくれます。

④美顔器を使用する

顔のシミを薄くする方法4つ目は「美顔器を使用すること」です。美顔器には「イオン導入器」「LED美顔器」など、肌の奥まで美白成分を浸透させてくれるものや、新陳代謝をアップさせてくれる美顔器があります。

また美顔器は、お肌に潤いやハリを与えてくれるだけではなく、日中お肌が受けたダメージを回復させてくれる作用もありますので、ぜひシミ対策として利用してみることをおすすめします。

おすすめの美顔器2選

上で解説した通り、美顔器には美白成分を肌の奥まで届けてくれたり、LEDで新陳代謝をアップさせてくれたりするものがあり、この美顔器を日常的に取り入れることでシミ対策に有効です。

ここではシミ対策に有効な美顔器を2選紹介します。

エルス YAOSUN 多機能パーソナル美顔器 YS-305 ホワイト

製品名エルス YAOSUN 多機能パーソナル美顔器 YS-305 ホワイト
希望小売価格(税込)購入店舗・サイトによる
機能イオン導入
LED
EMS微弱電流刺激
RF温熱
超音波
購入可能な場所通販サイト
おすすめポイント
  • イオン導入&LEDのどちらも使用可能
  • エステサロンのフェイシャル技術を自宅で体験
  • 肌の引き締めもできる
公式サイト×

ヤーマン 美顔器 RFボーテ フォトPLUS EX

製品名ヤーマン 美顔器 RFボーテ フォトPLUS EX
希望小売価格(税込)49,500円
機能ラジオ波
LED赤
イオン導入
EMS波
冷却
マイクロカレント
購入可能な場所通販サイト
おすすめポイント
  • イオン導入とLED赤が使える
  • 目元や表情筋にも効果有
  • ラジオ波で年齢に応じたケアができる
  • 肌の引き締めもできる
公式サイトhttps://www.ya-man-tokyo-japan.com/products/forface/photo-plus-ex.html

⑤美容皮膚科の治療

顔のシミを薄くする方法5つ目は「美容皮膚科の治療」です。
「シミを放置しすぎて濃くなってしまった」「セルフケアでは対応できないシミだった」という場合、無理にセルフケアでシミに対処しようとせず、プロにお願いしましょう。

顔のシミを薄くする美容皮膚科の治療法は「ケミカルピーリング」「ピコレーザー」「エレクトロポレーション」の3つがおすすめです。

施術方法特徴
ケミカルピーリング
  • 薬剤をお肌に塗って皮膚表面の古い角質を除去する治療法
  • 繰り返し行うことで、シミを徐々に薄くする効果がある
  • 施術後にかゆみやピリピリ感、赤みが出ることがある
ピコレーザー
  • ピコ秒(1兆分の1秒)のレーザーをシミにピンポイント照射することで、シミを除去する治療法
  • 施術が短時間で済む
  • 施術後に日焼けをすると色素沈着しやすくなる
エレクトロポレーション
  • 専用マシンで一時的にお肌に穴をあけて、美容液を注入することにより、浸透率を高める治療法
  • シミ・小じわ・乾燥にも効果有
  • 施術後に赤みやむくみが出ることがある

シミを薄くする簡単メイク術

ここでは簡単にシミを薄くする簡単メイク術を紹介しますので、今日のメイクから試してみてください。

シミをメイクで薄くする際のポイント

  1. 透明感を出す
  2. 強く擦らない
  3. カバー力の高いファンデーションは白浮きの原因になるので注意
  4. メイク前の保湿や日焼け止めをしっかりと

保湿・日焼け止めを塗ってオレンジのコントロールカラーを塗る

保湿や日焼け止めを塗る前は、お肌に汚れがないようにしっかりと洗顔を行いましょう。

その後、オレンジのコントロールカラーを顔の中心から外側に塗り広げつつ、シミが気になる部分は上からポンポンと優しく指やパフで叩きながら色をのせてください。

コンシーラーはシミの濃さによって色を使い分ける

コンシーラーはシミが薄い場合は肌に近い色、濃い場合はやや肌よりも暗めの色を選ぶと馴染みやすくなります。こちらもコントロールカラーと同様、顔の中心から外側にポンポンと優しく指で広げていきましょう。

コンシーラーには5つの種類がありますので、シミの範囲や保湿力はもちろん、ご自身が使いやすいタイプを見つけてみてください。

コンシーラー特徴
スティック
  • 固めの質感
  • カバー力が高い
  • 狭い範囲向け
リキッド
  • チップまたはブラシで塗る
  • ゆるいテクスチャのものは広範囲向け
  • 固いタイプは狭い範囲向け
クリーム
  • 保湿力が高い
  • カバー力は低めだが、薄づきに仕上がる
  • 広範囲向け
パレット
  • 色が豊富なので、人それぞれに合ったカバー色が調整できる
  • 狭い範囲向け
  • 30代からのシミに向いている
ペンシル
  • スティックタイプより細く固めの質感
  • 小鼻や赤ニキビに特化

ファンデーションはスタンプを押すようにポンポンと塗る

シミを隠すためにファンデーションを塗る場合は、乾いたスポンジでスタンプを押すようにしながら、顔の中心から外側に向かって塗っていきましょう。

注意点は、いつもファンデーションを顔全体に塗るときのようにまんべんなく塗るイメージではなくて、あくまでシミとお肌の境界線をぼかすようなイメージです。

メイクの最後にフェイスパウダーで調整

フェイスパウダーを肌の上から置くように重ねることでメイク崩れを防ぎます。
仕上げにパール系のハイライトを入れると透明感を演出できます。カバー力もアップするのでぜひ試してみてください。

当クリニックの施術の特徴

ここまでシミに適切に対処するための様々な情報を解説・紹介しましたが「美容クリニックで治療を受けたい」とお考えの人へ、ここでは当クリニックの施術の特徴を紹介しますので、ぜひご覧ください。

シミに対して4つの施術法をご提供

当クリニック「NOVUS Beauty Clinic」ではシミに対して4つの施術法があります。

ピコスポット

ピコトーニング

エレクトロポレーション

コラーゲンピール

シミの範囲や濃さ、お肌の状態によって施術法を使い分けていますので、人それぞれに合った施術をオーダーメイドで提供いたします。

1ヶ所(5mm未満)初回価格¥10,000
2回目以降¥12,000
1ヶ所(5mm以上初回価格¥25,000
2回目以降¥30,000
取り放題初回価格¥100,000
2回目以降¥120,000
全顔初回価格¥14,600
2回目以降¥16,800
5回コース¥79,000
12回コース¥181,000
全顔初回価格¥13,500
2回目以降¥16,200
5回コース¥76,000
12回コース¥174,000
成長因子追加初回価格¥5,000
2回目以降¥6,000
5回コース¥28,000
12回コース¥64,000
全顔初回価格¥14,000
2回目以降¥16,800
5回コース¥79,000
12回コース¥181,000

リラックスできる上質空間をご提供

当院は2022年6月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」の2院を展開中です。どちらのクリニックも、内装は心落ち着くリラックス空間をイメージしており、「お客様が医師の診察室に出向くのではなく、お客様の個室に医師が向かわせていただく」「施術もお客様の個室で行う」などの新たな試みも開始しております。

シミを消したい・薄くしたいのであればNOVUS Beauty Clinicへ

今回はシミを薄くする方法や、皆さんが自宅でできる簡単ケアとシミに関する治療方法などをご紹介しました。ご覧いただいた皆様に「やってみようかな」と思っていただければ幸いです。

また、セルフケアではどうしてもシミに対処することが難しいという場合は、一度NOVUS Beauty Clinicへご相談ください。当クリニックへの予約は初回の場合、公式サイトから受付しております。
ぜひカウンセリングでお会いできるのを楽しみにしております。

当院のシミに対する施術についてはこちら

【関連記事】
メラニン色素とは?過剰に生成される2つの原因と4つの対策法を徹底解説
【顔のシミを消す方法】美容皮膚科医が教える自宅でできる簡単シミケアと皮膚科の治療
【保存版】ピーリングとは?美肌の効果・メリット・デメリット・選び方を解説
ピコレーザーは効果がある?期待できる7つの効果とよくあるQ&Aを徹底解説
エレクトロポレーションとは?美肌の効果・メリット・デメリット・ダウンタイムは?

Scroll to Top