novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

口角ボトックスとは?5つの効果・デメリットから失敗しないための方法を現役医師が解説

口角ボトックスとは、口角下制筋(こうかくかせいきん)にボトックスを注射することで、自然と口角を上げる美容施術です。

口角が上がることにより、周囲へ明るい印象を与えることができ、常に口角を上げておこうと意識する手間もなくなります。

しかし、インターネット上では口角ボトックスの失敗例なども多く紹介されているため「本当に大丈夫なの?」と不安に感じている方もいることでしょう。

そこで、本記事では口角ボトックスについて、効果はもちろん、施術することで起こり得るデメリットやリスク、口角ボトックスで失敗しないための方法をご紹介します。

目次

口角ボトックスの2つの特徴

まずは、口角ボトックスの2つの特徴を解説します。

①メスを使わない

口角ボトックスは、メスを使わずに口角を上げる美容施術法です。そのため、手軽に施術を受けられる点が魅力と言えます。

また口角ボトックスで使用されるボトックス製剤には、厚生労働省に認可されているアラガン社製「ボトックスビスタ」と、韓国ヒューゲル社製でボトックスビスタのジェネリック医薬品の「ボツラックス」などがあります。

どちらも成分は同じボツリヌス菌の成分(毒素)から作られているもので、価格や製造している会社などが異なっています。

②顔に自然な変化を求める方向け

口角ボトックスは施術を受けたからといって、美容整形のように大きな変化があるわけではありません。そのため、顔に自然な変化を求めている方に向いている美容施術です。

対して、一気にガラリと顔の印象を変えたいと考えている方の場合、口角ボトックスを受けても物足りないと感じる可能性があります。

口角ボトックスで得られる5つのメリット

口角ボトックスを受けることで得られるメリットは以下の5つです。

ここでは、それぞれのメリットについて1つずつ解説していきます。

メリット①:口角が上がる

口角ボトックスは、口角(口角下制筋)にボトックス注射を打ち、口角を下げている筋肉を緩めることで口角を上げる美容施術法です。年齢にともなって口角が下がってきていると感じる方や、生まれつき口角が下がり気味な方にも効果が期待できます。

メリット②:周囲に明るい印象を与える

口角ボトックスで口角を上げることにより、自然に微笑んでいるような印象を周囲に与えることができます。暗い印象の方やいつも怒っているような表情になってしまう方にも効果的です。

メリット③:手軽に施術を受けることができる

口角ボトックスは、メスを使う美容施術と比べて、ダウンタイムが短めです(個人差があります)。1回の施術時間も5〜15分と短いため、手軽に施術を受けることができます。
そのため、毎日忙しくてお休みが取れないような方でも気軽に施術を受けることができる点もメリットの1つです。

メリット④:効果持続期間が長い

口角ボトックスは施術後3日〜1週間程度で効果を実感し始め、3カ月〜半年程度は効果が持続します。ただし、個人差やボトックスの品質によっても差があるため、ご自身が施術を受ける際は、カウンセリングで効果持続期間を予め医師に質問しておくと良いでしょう。

メリット⑤:痛みが少ない

口角ボトックスに使用される針は年々細くなっており、以前と比較して痛みは少なくなりました。またクリニックによっては表面麻酔などを使用しているところも増えているため、痛みに弱い方は、事前に表面麻酔の有無をチェックしておくと良いでしょう。

口角ボトックスのデメリット

次は口角ボトックスを受けることによって起こり得るデメリットを3つ解説します。

デメリット①:人によっては副作用が出る

口角ボトックスは短時間で施術ができる美容施術ですが、一時的に以下のような副作用が出る可能性があります。

腫れ

内出血

違和感

ずきずきうずくような痛み

アレルギー

どの副作用も1週間程度で治まるものですが、アレルギーに関してはその人のコンディションやアレルギー耐性などで悪化する可能性もあるため、注意が必要です。

デメリット②:表情に左右で差が出てしまう

口角ボトックスの施術を受けると、ボトックス注射の効果により筋肉が緩んで表情が変化します。しかし、人によって左右で筋肉のつき方、位置が異なるため、同じ量のボトックスを左右の口角に注入しても、表情のバランスに差が出てしまう可能性もあります。

デメリット③:笑顔が作りにくくなる

本記事でも解説しているように、口角ボトックスは筋肉を緩めて口角を上げる美容施術法です。そのため、注入する量や注射する部分を間違えると、口元が動かしにくくなったり、笑顔が作りにくくなったりする可能性があります。

この場合、日が経って効果が薄れるのを待つしか改善策がないので、施術の際は、口角ボトックスの症例が多い医師や、口コミで評判の良い医師を選ぶようにしましょう。

口角ボトックスの費用

口角ボトックスにかかる費用は、使用する薬剤や施術部位によって異なります。当院のボトックス治療を以下に載せてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ボトックス/アラガン社ボトックスビスタ

(1部位※)
※額、眉間、目尻、鼻根、バニー、ガミー、口角、顎から1箇所
¥ 28,000
エラ ¥ 45,000
¥ 75,000
¥ 100,000

※価格は全て税込みです。
※価格は予告なく変更する場合があります。
※2022年7月27日時点の情報です。

口角ボトックスに関するQ&A

口角ボトックスに関するQ&A

次は口角ボトックスに関するよくあるQ&Aに対して、現役医師が解答します。

施術当日にメイクしても良い?

はい。OKです。施術後はクリニックに備え付けのメイクルームなどでメイクを直してからクリニックを出られる方も多いですよ。

ボトックスビスタと、ボツラックス以外にも種類はあるの?

冒頭で解説した口角ボトックスに使用される製剤「ボトックスビスタ」と「ボツラックス」以外にも「イノトックス」「リジェノックス」「ニューロノックス」などがあります。

ボトックスビスタ以外の種類でも、効果自体はほぼ同じですが、ボトックスビスタを目指した製剤となっているので、比較的安価な点が特徴です。

当院の3つの特徴

それでは、当院NOVUS Beauty Clinicの3つの特徴をご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2022年8月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」の2院を展開中です。どちらも駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

口角ボトックスならNOVUS Beauty Clinicへ

当院NOVUS Beauty Clinicでは、口角ボトックスを含むボトックス治療にアラガン社のボトックスビスタを使用しています。

また「表皮麻酔」「笑気麻酔」の2種類の麻酔をご用意しておりますので、痛みが心配な方も安心して施術を受けていただけます。口角ボトックスに興味を持たれた方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

当院のボトックス治療の詳細はこちら

【関連記事】
ボトックスとは?得られる13の効果と持続させるための方法を解説
小顔になる方法とは?3つの方法や美容治療について解説
エラボトックスは効果がある?副作用や持続期間、リスクを解説

Scroll to Top