ボトックス注射の副作用8選|副作用が生じた場合の対処法も解説

2023.01.20

ボトックス注射は、メスを使わず大きな副作用が起こりにくいことから人気の美容医療です。しかし、ボトックス注射で気になるお悩みを解消したい方の中には「副作用やリスクが気になってなかなか踏み出せない」と考える方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ボトックス注射で起こりうる8つの副作用や気を付けることや副作用が出てしまった場合の対処についてもご紹介しています。

目次

ボトックス注射の副作用8選

痛み

ボトックス注射は、注射を直接患部に打つ施術のため、肌にチクッとした痛みが生じることがあります。痛みの感じ方には個人差があり、打つ部位によっても痛みの強さが変わってきます。肌の深い部分まで針を入れる必要があるエラや、痛みに敏感な眉間などは比較的痛みを感じやすいとされています。
部分麻酔を導入しているクリニックも多いので、心配な方は施術前に確認しておくのがおすすめです。

内出血・腫れ

ボトックス注射では、薬剤を注入した部分に内出血や腫れが現れることがあります。時間が経つにつれ症状は落ち着き、1週間ほどでほとんど無くなります。施術を行う医師の技術力によって差が出やすい症状のため、熟練の施術者を選ぶことが大切になります。

頭痛

ボトックス注射は筋肉に働きかけるため、少なからず顔や体のバランスが変わります。今までとは異なった筋肉が動くことで疲労し、頭痛やだるさが現れることがあります。安静に過ごすことで数日以内に落ち着いていきますが、めまいや吐き気、発熱といった症状が発現した際には、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

アレルギー反応

ボトックスを注入することで体が薬剤を異物とみなし、アレルギー反応が起こることがあります。アレルギー反応の症状として、かゆみや赤み、腫れなどがあります。通常は約1週間、長くて1ヶ月程度で治まることがほとんどです。重篤なアレルギー反応が見られる場合はごく稀ですが、長引く症状に不安を感じた場合は速やかに医師に相談してください。

噛む力が弱くなる

エラの改善や小顔効果を目的としたボトックス注射の場合、噛む時に使う筋肉を緩めるため、噛む力が弱くなったと感じる人もいます。硬い物を食べるのに噛みにくかったり、うまくあごを使えなかったりといった症状がありますが、1週間程度で気にならなくなる場合がほとんどです。

顔が左右非対称になる

ボトックス注射を打つ際は、医師が顔の筋肉量を正確に把握し、一人ひとり異なる顔のバランスに合わせて適切な薬剤の量や打つ場所を見極めなければなりません。しかし、経験の少ない医師の場合そういった繊細な調整を的確にこなすことが難しく、左右のバランスが崩れた仕上がりになってしまうこともあります。

たるみが生じる

皮膚の薄い方、やわらかい方、年配の方など皮膚の弾力性があまりない場合は、たるみが生じることがあります。特にエラを目立たなくさせる咬筋へのボトックス注射は、ハリが少なくなって小さくなったエラに表面の皮膚が追いつかないことがあり、たるみが目立ちやすくなります。

表情が不自然になる

ボトックス注射は筋肉の収縮を抑え弛緩させる働きがあります。適量であれば小顔やエラ張り軽減などの効果が見込めますが、医師が薬剤の注入量を誤ると、顔がこわばって、引きつったような不自然な笑顔になったり、口角が下がって無表情になるといったケースもあります。

ボトックス注射の副作用が生じた場合の対処方法

ボトックスの効果が弱まるのを待つ

ボトックス注射の副作用はほとんどが一時的なもので、数日から1週間程度、長くても1ヶ月ほどで治まります。具体的な症状が現れたら、日常生活が困難なレベルでなければ、しばらく様子を見てみましょう。
また、注入量が多いことでこわばりが出ている場合は、3〜4ヶ月程度待つことで筋肉が回復し、段々と症状が改善されていきます。

医師に相談する

副作用の症状がひどい場合や、軽度であっても長引く症状があれば、早めに担当医に相談するようにしましょう。現時点で重篤な症状が出ていなくても、不安や気になる点が出てきた場合には遠慮せず、気軽に相談してみてください。

ボトックス注射の副作用を抑える方法

施術後の激しい運動・長風呂を控える

ボトックスの成分は熱に弱いという性質を持っています。施術後は血流を大きく増進させないよう、激しい運動や長時間の入浴、サウナ、飲酒といった行動は避け、安静に過ごすよう心がけてください。

患部を触らない・刺激しない

患部を刺激すると、施術部位から体内に向けてボトックスが拡散する可能性があります。施術から2時間程度は、注入部位を触らないよう留意してください。

ボトックス注射に関するよくある質問【Q&A】

ボトックス注射の危険性はありますか?

ボトックス注射を受けることによる身体への影響はありますか?

おでこのボトックスを打ち続けるとどうなりますか?

おでこのボトックスを途中でやめるとどうなりますか?

ボトックス注射のデメリットはありますか?

当院の特徴

当院では米国アラガン社のボトックスビスタと米国FDAの認可を受けているナボタを使用して施術を行っています。カウンセリング時に、お客様の症状やご要望をお聞きしながら使用する薬剤を決めていきます。

施術概要

治療時間

15分程度

シャワー・洗髪・入浴・洗顔

シャワーは当日より可能です。入浴やサウナ、激しい運動は2~3日後を推奨します。洗顔は当日から可能です。

メイク

施術当日から可能です。

リスクや副作用

痛み
内出血
腫れ

禁忌

ボトックスの施術をお受けいただけない方

妊娠中
妊活中
授乳中
全身性の神経・筋肉疾患がある方
施術当日、体の調子が悪い方

料金一覧

ボトックス/アラガン社ボトックスビスタ

(1部位※)
※額、眉間、目尻、鼻根、バニー、ガミー、口角、顎から1箇所
¥ 28,000
ボトックスリフト ¥ 45,000
エラ ¥ 45,000
¥ 75,000
¥ 100,000
50単位 ¥ 50,000

ボトックス/ナボタ

顔(各部位) ¥ 15,000
ボトックスリフト ¥ 24,000
エラ ¥ 24,000
¥ 53,000
¥ 40,000
50単位 ¥ 30,000

※価格は全て税込みです。
※価格は予告なく変更する場合があります。
※2023年1月20日時点の情報です。

おでこのボトックスならNOVUS Beauty Clinicへ

本記事を監修している当院「NOVUS Beauty Clinic」では、快適な完全個室空間で、ご予約の際からお客様の「綺麗になりたい」という気持ちと誠心誠意向き合い、サポート・プロデュースさせていただきます。
おでこのボトックスに興味がある方や、豊富な施術実績のあるプロの手による施術を受けたい方は、ぜひ当院の美容施術で改善してみませんか?まずはお気軽に当院へご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】
ボトックス注射の施術頻度は?持続期間や効果を継続させるコツを解説

小顔になる方法とは?3つの方法や美容治療について解説

Scroll to Top