novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

【肌のくすみを消す方法4選】原因や対策、ケア方法もご紹介

ふとしたときに鏡を見ると、自分の顔がどんよりとしている時があるかと思います。このように肌がくすんでいると元気がなく疲れた印象を持たれるかもしれません。そんな肌のくすみには様々な原因があります。

そこで、今回は肌のくすみの原因から対策、消すのに効果的な方法を詳しく解説します。

目次

肌のくすみはどういう肌のこと?

肌の透明感やツヤが失われてくすんでいる状態のことをくすみ肌と言います。これは本来の肌の明るさよりも顔が暗く見えるため、不健康な印象を与える可能性があります。

化粧ノリが悪く、顔色が悪いように見えがちですが、これは血行不良による老廃物の蓄積が主な原因として知られています。肌のくすみ具合は日によって見え方が変わるかと思いますが、放っておくとくすみが進行して濃くなる可能性があります。

肌のくすみができる原因

それでは、肌のくすみができる代表的な原因を4つ紹介します。

原因1:肌の乾燥によるくすみ

肌の乾燥によって水分量が低下すると影ができ、灰色っぽいくすみ肌になる場合があります。肌がかさついていたり、白い粉を吹いていたりする場合は乾燥が原因である可能性が高いです。肌の乾燥はターンオーバーが乱れる原因の一つでもあるため、対処を怠ると悪化することもあります。

原因2:血行不良によるくすみ

血行不良はくすみの原因の中で最も多いと言われています。血液の流れが滞ることで肌全体に十分な栄養が運搬されずに血管内の老廃物が溜まってしまいます。その結果、青黒いくすみが現れてしまうのです。

原因3:外部の刺激によるくすみ

色素沈着は肌のくすみの原因の一つです。肌は紫外線や洗顔時の摩擦など外部からの刺激によってメラニンが過剰に生成されることがあります。これによってターンオーバーが乱れ、過剰に生成されたメラニンは体外へ排出されずに色素沈着を起こします。

原因4:糖化によるくすみ

糖化は米、麺類、砂糖などの糖分の蓄積によって肌のタンパク質と結びつくことを言います。これらがタンパク質と結びつくと黄褐色に変化します。そのため、糖化が原因でできるくすみは黄色っぽくなる特徴があります。

肌のくすみのケアに良い栄養素

食生活を見直すことで肌のくすみに効果を発揮できる場合があります。肌のくすみのケアには十分な栄養を摂ることが必要なので、足りない栄養素を補給して改善を目指しましょう。肌のくすみのケアに効果的だと言われている栄養素を紹介します。

リコピン

リコピンはメラニンの生成を誘導する活性酸素を消去する効果が期待できます。

リコピンはトマトに多く含まれています。脂溶性なのでマヨネーズやオリーブオイルなどと一緒に食べると効率よく摂取できると言われています。ミネストローネやカプレーゼにして食べるのがおすすめです。

ビタミンC

ビタミンCは肌のくすみの原因であるメラニンの生成を抑制する効果が期待できます。熱に弱いため、火を通さずに食べることができるアセロラやパセリ、グレープフルーツのような柑橘類から多く摂取できます。

ビタミンE

ビタミンEは血管の状態を良くする効果が期待できます。そのため、血行不良による肌の栄養不足を防ぎ、新陳代謝の改善に効果的です。

ビタミンEはアーモンドや大豆に多く含まれています。リコピンと同様に、油との相性がいいので摂取の際は油分と同時に食べることでより効果を期待できます。

βカロチン

βカロチンは肌の新陳代謝の改善に効果を期待できます。

βカロチンは卵黄やウナギに多く含まれています。βカロチンは一日の耐容上限量が決められており、食べ過ぎると過剰症が起きる可能性があります。推奨量を目安に摂取しましょう。

L-システイン

L-システインはアミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑制する効果を期待できます。肉や魚類、玉ねぎやブロッコリーに多く含まれています。また、L-システインは医薬品にも含まれていることが多いです。

アスタキサンチン

アスタキサンチンはメラニンの生成を抑制する効果を期待できます。さらに、血液の脂質異常の改善にも効果的だといわれています。海老やカニなどの甲殻類や、海に生息する生き物に多く含まれています

タンパク質

タンパク質はコラーゲンを含む20種類以上のアミノ酸から出来ています。コラーゲンは肌のハリや美肌に効果を期待できるので、くすみの改善におすすめです。

タンパク質は肉、魚、大豆、卵など様々な食材に含まれているため、比較的簡単に摂取できます。食事の際はタンパク質を取れるものを一つ以上材料として入れるようにしましょう

鉄分

肌のハリやツヤに効果を期待できるコラーゲンの生成には鉄分が欠かせません。肌の健康状態にも影響を与えるので積極的に摂取しましょう。

鉄分は牛肉や魚、シジミなどに多く含まれています。日本人の食事では鉄分が不足しがちですので、これらの食材は意識的に食べるよう心がけましょう。

肌のくすみを改善する方法4選

それでは、肌のくすみの改善に効果的な方法を紹介します。

肌のマッサージを行う

マッサージは肌のくすみの主な原因である血行不良の改善に効果を期待できます。毎日欠かさずに行うことをおすすめしますが、体調が悪い時は無理して行わないようにしてください。

また、肌のマッサージはくすみだけでなく、シミや乾燥の予防にもなります。肌の悩み全般に効果的ですのでぜひ行ってみてください。

食生活を改善する

肌のくすみの改善には、食生活を見直すことも大切です。特に、糖化は肌のくすみに直結します。栄養バランスのとれた食事を続けることが難しい場合は、主食を減らしておかずを増やしたり、糖分制限を行ってビタミンなどの栄養素を多くしたりしましょう。

きのこ類、海藻類、緑黄色野菜は食物繊維が豊富に含まれているため、血糖値上昇の抑制に効果を期待できます。肌が糖化しにくくなり、くすみの予防にもなるのでおすすめです。

薬や化粧品を使用する

肌のくすみに効果的な栄養素を含むスキンケア用品の使用がおすすめです。特に保湿成分が豊富なものは肌のくすみに効果を期待できます。成分表示を見て、含まれている栄養素や成分をチェックしましょう。

クリニックで治療を受ける

肌のくすみには様々な原因があり、適切な対処を行わないとくすみが無くならない可能性があります。肌のくすみの原因に効果的な治療を受けたい場合はクリニックの活用をおすすめします。

クリニックでは専門の医師が診察を行って、一人ひとりに合う対処法を提案するので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

肌のくすみを消すのに効果的なメイクのコツ

肌がくすんでいると化粧ノリも悪くて困ることが多いかと思います。肌のくすみや顔色の悪さをカバーしたい場合はピンク系統の下地を使うことをおすすめします。

また、化粧下地を塗る前には必ず化粧水や乳液で肌を保湿しましょう。これによって乾燥を防ぎ、メイク崩れしにくくなります。

肌のくすみについてよくある質問【Q&A】

それでは、肌のくすみについて悩みを持つ方の質問に解答していきます。

肌のくすみのスキンケアを行っているけど効果が出ないのはなぜ?

スキンケアの方法が間違っている可能性があります。スキンケアの方法を一度見直してみましょう。くすみの原因は様々なので、先に自分のくすみができる原因を明確にすることをおすすめします。

季節の変わり目にくすみが目立つようになるのはなぜ?

季節の変わり目は、気温や湿度の変化がストレスになり、肌の乾燥やメラニンが過剰に生成されている可能性があります。一時的にくすみやすくなるので、それに伴って目立つことがあります。

肌のくすみに加齢は関係する?

関係します。歳を重ねるにつれてメラニンの生成量が増え、ムラが激しくなります。そのため、肌に凹凸ができやすくなり、くすみも目立ちます。

皮膚の再生力も歳を重ねるにつれて低下するので、早めの対処をおすすめします。

セルフケアで肌のくすみは改善できる?

改善できる可能性はあります。自分のくすみに合った対処法を丁寧に行うことができれば、くすみはしだいに薄くなり、気にならない程度まで改善することもあります。

当院の3つの特徴

ここからは、本記事を監修しているNOVUS Beauty Clinicの特徴をご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2022年8月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」の2院を展開中です。どちらも駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

肌のくすみでお悩みならNOVUS Beauty Clinicへご相談

今回は肌のくすみについて解説しました。NOVUS Beauty Clinicはお客様一人ひとりの悩みに寄り添い、その的確な対処法を提案させていただきます。肌のくすみにお悩みの方はNOVUS Beauty Clinicへご相談ください。

カウンセリングはこちら

【関連記事】

メラニン色素とは?過剰に生成される2つの原因と4つの対策法を徹底解説
【シミを薄くする方法】自宅でできる簡単ケアと美容皮膚科の治療をご紹介

Scroll to Top