novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

【顔のたるみの改善方法3選】原因や対策、ケア方法もご紹介

頬やフェイスラインなどの顔にたるみが見られると、実年齢より老けた印象を持たれてしまいます。顔のたるみを放置すると、後に深いシワへと進行して改善がより難しくなります。

今回は顔のたるみの原因から効果的な改善方法を詳しく解説します。

目次

顔のたるみとは

顔のたるみについて詳しく解説します。

顔のたるみができる仕組み

顔のたるみは、肌の弾力やハリに欠かせない線維芽細胞(せんいがさいぼう)やコラーゲン、エラスチンが減少することによって現れます。顔のたるみを放置していると後に深いシワへと進行して改善が困難になります。

顔のたるみが見た目に与える影響

顔のたるみが見られると、実年齢よりも老けた印象を持たれてしまいやすいです。今まで似合っていた服や髪型が合わなくなることもあるかと思います。顔のたるみは見た目に直接影響を与えるだけでなく、後に深いシワとなるのでより老けた印象を持たれる可能性があります。顔のたるみが気になり始めたら早めに改善するのがおすすめです。

顔のたるみは部位によって見え方や特徴が異なります。特に「上まぶた」「目の下」「口元」「フェイスライン」の4ヶ所が目立ちやすい部位として知られています。

上まぶたがたるむことでぱっちりした二重まぶただった方も、二重の幅やラインがあいまいになってしまいます。

目の下のたるみは主に涙袋に現れます。目の下がたるむことによって涙袋が大きくなったように見え、目立つようになります。これは主に目の周りの眼輪筋の働きが衰え、目の周りが重力で押されることが原因です。

口元のたるみは皮下組織や筋肉の衰えによって深いシワのように現れます。これは後にほうれい線などに繋がります。

フェイスラインのたるみは顔の筋力の低下や、反対に筋肉が固まることが原因で現れます。くっきり見える状態になると太っている印象を持たれる可能性があります。

顔のたるみができる原因

顔のたるみができる原因を4つ紹介します。

原因①:コラーゲンの減少

真皮層にあるコラーゲンはお互いに結びつき、肌のハリや弾力を支えています。しかしコラーゲンは紫外線や乾燥、加齢などによって量が減り、質が低下していきます。そして、徐々に肌を支えられなくなり、顔のたるみに繋がるのです。

原因②:筋力の低下

筋肉は肌を支える働きがあるため、筋肉の機能の低下によって肌は支えられることが無くなり、後に顔のたるみとなって現れます。これは加齢だけでなく、普段あまり表情筋を使わない人も注意が必要です。

原因③:むくみと脂肪の増加

むくみは血管やリンパの流れが滞ることで生じます。そのため、むくみは真皮層の組織の機能低下を招き、顔のたるみを助長させる場合があります。

原因④:生活習慣の乱れ

普段から姿勢が悪かったり、食事の時に噛む回数が少なかったりすることが顔のたるみの原因になる場合があります。スマホの見すぎも口角が下がる原因になり、いずれ顔のたるみとして現れる可能性があります。老けた印象を与えないためにも、日ごろから生活習慣を正すことを意識しましょう。

顔のたるみの改善方法3選

顔のたるみに効果的な改善方法を紹介します。

改善方法①:表情筋を鍛える

表情筋が衰える原因は加齢や無意識な表情の癖などがあり、これらによって一部の筋肉が緊張・弛緩して顔のたるみが発生します。表情筋は鍛えることが難しい筋肉として知られています。そのため、意識して動かしたり、フェイスストレッチを行ってみたりしましょう。

改善方法②:皮膚の乾燥や老化を防ぐ

肌の弾力やハリは真皮にあるコラーゲンの繊維が張っていて、水分が十分にあることで保たれます。加齢や乾燥によってコラーゲンは減少するため、顔のたるみにはそれらの対策を行うことが必要です。頻繁に保湿を行い、常に肌に潤いがある状態を保つようにしましょう。

また、皮膚の老化や乾燥を引き起こす原因として紫外線が挙げられます。紫外線を浴びるとコラーゲンは固くなり、本来の機能を失ってしまいます。紫外線対策を徹底して行い、できる限り肌へのダメージを少なくしましょう。

改善方法③:クリニックに通う

顔のたるみは薄くすることが難しいと言われています。そのため、効果的な治療を受けたい場合はクリニックの活用をおすすめします。クリニックでは専門の医師が診察を行って、一人ひとりに合う対処法を提案するので、一度相談してみてください。

顔のたるみの改善に効果的なエクササイズ

顔のたるみに効果的なエクササイズを紹介します。

頬のたるみ

頬のたるみには「あいうえお」と大きく口を動かすようなフェイスストレッチがおすすめです。一つ一つの口の動きを大きくして、頬の筋肉に力を入れた状態で5秒間ほどキープします。これを毎日5回ほどゆっくりと続けてみましょう。

フェイスラインのたるみ

フェイスラインのたるみには、顔を上にして口を上に突き上げるようなストレッチがおすすめです。フェイスラインは皮下脂肪が多く存在しているため、顔の中でもたるみが現れやすい部位として知られています。皮膚を引っ張るようなヘアスタイルもフェイスラインのたるみの原因になる可能性があるため、一度見直してみましょう。

ほうれい線のたるみ

ほうれい線には口まわりの筋肉をほぐす運動が効果を期待できます。無表情に癖がつくことも多いので、普段から表情を豊かにすることを心がけましょう。鏡などの前に立って笑顔の練習をすることもおすすめです。

顔のたるみをカバーするのに効果的なメイクのコツ

顔のたるみを一時的に目立たなくするには、肌になじみやすいリキッドタイプのファンデーションやハイライトの使用がおすすめです。また、ほうれい線を自然にカバーするには、コンシーラーやハイライトをほうれい線に対して垂直に塗り、指の腹を使って優しくたたきながら上へなじませるようにしましょう。また、自分の肌より少し明るい色味のパールが入ったハイライトを使って、影を光で飛ばすようにしましょう。

顔のたるみについてよくある質問【Q&A】

顔のたるみについて悩みを持つ方の質問に解答していきます。

顔のたるみはセルフケアで改善できる?

顔のたるみはセルフケアで改善するのが難しいと言われています。そのため、効果的なケアやエクササイズを行っても完全に改善できない可能性があります。顔のたるみを改善するならクリニックで治療を受けるのがおすすめです。

顔のたるみの治療に副作用はある?

治療によって様々ですが、中には傷跡が長期間残るものもあります。あらかじめ顔のたるみを改善する治療法についての情報を調べてみることをおすすめします。

顔のたるみの治療に痛みはある?

治療によって様々ですが、我慢できないほどの痛みを感じる治療は少ないです。

顔のたるみは治療後に再発する?

治療にもよりますが、再発しにくいものもあります。しかし、生活習慣やスキンケアなども再発に関係してくるため、治療後も意識して顔のたるみの対策を行うことをおすすめします。

顔のたるみ治療法は?

たるみ改善の方法の一つに、HIFUがあります。動画で美容皮膚科医が解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当院の3つの特徴

それでは、NOVUS Beauty Clinicの特徴をご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は新宿と表参道に一つずつクリニックを設けているため、通院しやすく、多くのお客様にご来院いただいています。お仕事帰りやお出かけ中の空き時間にふらっと訪れやすいのが魅力です。

丁寧なカウンセリング

当院では、お客様に効果の高い施術をご提供するためカウンセリングに力を入れております。時間をかけてじっくりとお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

顔のたるみでお悩みならNOVUS Beauty Clinicへご相談

今回は顔のたるみについて解説しました。NOVUS Beauty Clinicはお客様一人ひとりの悩みに寄り添い、その的確な対処法を提案させていただきます。顔のたるみのことでお悩みの方はNOVUS Beauty Clinicへご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】

【保存版】ハイフ(HIFU)とは?たるみやシワへの効果・メリット・デメリット・副作用は?

Scroll to Top