novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

排卵日はゴム(コンドーム)ありでも妊娠する可能性ってある?妊娠確率と失敗する5つの原因!

2022.09.07

「排卵日にコンドームありで性行為をしたけれど妊娠する可能性ってあるのかな?」とお悩みの方はいませんか?本記事では、排卵日のコンドームを装着しての性行為での妊娠可能性妊娠確率と避妊に失敗する5つの原因を徹底解説していきます。

目次

排卵日はゴム(コンドーム)ありでも妊娠する可能性はあるの?

性行為後に排卵日だったと気づいたとき、しっかりと避妊できていたかな?と、とても不安になりますよね。
そんなとき「排卵日にコンドームありで妊娠する可能性が知りたい」と考える方もいるかと思います。

まず始めに、排卵日についての基礎知識や、よく耳にする「安全日」「危険日」について解説した後、排卵日のコンドームあり・なしでの妊娠確率をそれぞれご紹介します。

そもそも排卵日って何?

排卵日とは女性の4つの月経周期の中の1つ、排卵期にあたる日のことです。
この時期に女性の体内では文字通り排卵が行われており、排卵日の前後が1カ月の中で最も妊娠しやすいとされています。

排卵と受精(妊娠)の仕組み

女性の体にある卵巣には、生まれつき卵子が入っている袋のようなもの(卵胞)があります。
この卵胞の中から毎月数個が選ばれて卵巣の中で育ち、排卵されることが受精(妊娠)への第一段階です。

卵胞には、女性ホルモンであるエストロゲンを分泌する作用があり、この作用によって子宮内にある子宮内膜は厚みを増して卵子を受け入れる準備を整えます。

そして、子宮内膜が受精するために必要とされる厚さまで達すると、卵巣から卵子が飛び出て卵管へ入ります。これが排卵です。

卵胞は排卵後に黄体と呼ばれるものに変化し、黄体ホルモンを分泌します。これは子宮内膜を赤ちゃんのベッドとして利用するためにフカフカした状態にさせる作用があります。

そして、この時期に性行為を行って精子と卵子が出会えば受精(妊娠)成立です。
また、受精(妊娠)が成立しなかった場合、黄体は約2週間でしぼんで退化し「白体」に変化し、黄体ホルモンの分泌は急激に減少していきます。

そして子宮内膜にある血管は血液の供給をストップし、それにより子宮内膜の一部が壊死することで剥がれ落ち、月経として血液とともに体外へ排出されます。

排卵日は危険日なの?

危険日とは「1カ月の中で、最も妊娠する確率が高い期間のこと」です。
そして排卵日は、1カ月の中で最も妊娠しやすい時期であるため、この危険日に該当します。

安全日っていつ?

安全日は、排卵日の前後以外の日を指しており、危険日である排卵日と比較すれば妊娠確率は低いものの、排卵日がズレていることに気づかず膣内射精を行ったり、正しい避妊方法を行っていない場合、絶対に妊娠しないというわけではありません。

排卵日のゴム(コンドーム)なしでの妊娠確率は?

排卵日のコンドームなしでの妊娠確率は約50%です。
更に詳しく解説すると、29歳以下の女性が排卵日にコンドームなしで性行為を行った場合の妊娠確率は約30%~50%で、27歳頃からは徐々に確率が低下していきます。

排卵日のコンドームありでの妊娠確率は?

排卵日のコンドームありでの妊娠確率は、装着方法や装着するタイミングなど、何らかのアクシデントが起きた場合を考慮すると、妊娠確率は約15%です。

また、コンドームを正しく装着していても、穴が開いていたり、途中でハズれてしまったりなどのアクシデントを含めた場合、約2%の確率で避妊に失敗する可能性があるとされています。

排卵日にゴム(コンドーム)をしていても避妊に失敗する5つの原因

次は、何らかのアクシデントとして軽く触れた、排卵日にコンドームをしていても避妊に失敗する5つの原因について徹底解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

コンドームが外れた・コンドームが破れた

性行為中にコンドームが外れたり、破れたりした場合、コンドームの装着で期待できる避妊効果は薄れ、避妊に失敗する原因となります。

正しい装着方法ではなかった

性行為の経験がある方からすると「コンドームの装着方法なんて慣れているよ」と思うこともあるでしょう。しかし、そういった気の緩みが避妊失敗に繋がることもあります。

コンドームの正しい装着方法は以下です。

  1. コンドームを袋から出したら裏表をしっかり確認する
  2. 精子をためる部分をつまんで空気を抜きながらかぶせる
  3. なじませながら根元までしっかり装着する

コンドームの裏表をしっかりと確認せずに装着したり、女性が口でコンドームを加えて装着したりしている場合、しっかり装着しているつもりでも実際は正しく装着できておらず、性行為の途中で外れたり、歯があたって破けたりする可能性もあります。

正しい装着タイミングではなかった

勘違いされていることが多い点として有名なのは「コンドームは射精寸前に装着すれば良い」という点です。
男性の性器から分泌される精液は、射精時にのみ含まれているわけではありません。

性的興奮時に分泌されるカウパー腺液にも含まれていますし、最近では挿入をしていなくても膣口付近に精液が付着するだけで、精子は女性の分泌物を伝って子宮の中まで到達する可能性があるとも言われています。

そのため、装着タイミングを間違えて認識しているとどんなにコンドームを装着していても妊娠する確率を高めてしまうということを踏まえて、挿入前から挿入後までしっかりとコンドームを装着することが必要です。

コンドームの保管方法

皆さんはコンドームをどこにどのように保管していますか?
男性だと財布、女性だとバッグ内のポーチの中など、保管場所は人それぞれです。

しかし、コンドームの正しい保管方法は「パッケージに入れた状態で室内の引き出しの中にしまう」で、電気の下や車内、財布やバッグ内のポーチで長期間保管しておくのは良いことではありません。

理由として、財布の中は摩擦が起きやすいことや、コンドームの変形や劣化を促す「銅」があるからです。
またバッグ内のポーチに関しても、化粧品に含まれる石油系の物質や油分はコンドームにとって弱点で、その他にもヘアピンや毛抜きなどと一緒に入れてていると、摩擦が起こって劣化する恐れもあります。

加えて、コンドームは光や熱に弱いため、日常的に部屋の電気の下に置いたり、夏の熱い車内に置いていたりすることもNGです。

その他にも、コンドームは約3~5年と使用期限があり、その使用期限を過ぎると劣化し破損しやすい状態になります。そのため、長期間保管しておいたコンドームを使用しての性行為は、行為中に破れて妊娠確率を高める要因になり得るため注意が必要です。

コンドームの外側に精液が付着していた

コンドームの正しい装着方法で解説した「コンドームの裏表」ですが、挿入してから裏表が間違っていたことに気が付き、一度コンドームを外して再度付け直してからの挿入はNGです。

一度挿入したコンドームの内側には性液が付着している可能性が高く、コンドームを裏返してもう一度装着した場合、コンドームの外側、つまり膣内側に精液が付着している可能性があるので妊娠確率を高めてしまいます。一度装着したコンドームは破棄して、新しいコンドームを使用してください。

避妊に失敗したらアフターピルを服用しよう

コンドームを装着していたものの避妊に失敗してしまった、という場合はアフターピルを使用しましょう。

アフターピルとは

アフターピルとは、緊急避妊薬とも呼ばれる経口避妊薬のことです。
アフターピル以外に「緊急避妊ピル」「モーニングアフターピル」「事後避妊薬」とも呼ばれます。

アフターピルの種類と値段

アフターピルには「ヤッペ法」「ノルレボ(レボノルゲストレル)」「エラ(エラワン)」の3つの種類があり、それぞれの特徴や値段に違いがあります。

参考として以下の表をご覧ください。

避妊法

特徴

値段

ヤッペ法

  • 中用量ピルのプラノバールと呼ばれるピル
  • 排卵後でも服用可能
  • 2錠を2回服用
  • 24時間以内の服用で避妊率約77%

2錠を2回の計4錠服用で約5,000円程度

ノルレボ
(レボノルゲストレル)

  • WHO(世界保健機構)の緊急避妊薬の必須薬
  • 先発医薬品とジェネリック医薬品がある
  • 1錠1回服用
  • 性行為から72時間以内の服用で避妊率約85%、24時間以内であれば避妊率は約95%

約10,000円~20,000円程度

エラ(エラワン)

  • アメリカ食品医薬品局(FDA)で緊急避妊薬として認可されている
  • 避妊以外にも子宮筋腫の改善にも使用される
  • 1錠1回服用
  • 120時間の服用で避妊率約95%

15,000円程度

アフターピルと言っても特徴や避妊率、値段に違いがあり、処方を受ける病院や避妊に失敗したのが排卵の前後どちらなのかによっても服用するアフターピルは変わります。

アフターピルでの避妊成功率

アフターピルでの避妊成功率は、正しく服用すれば約77%~約95%です。

アフターピルの服用方法

アフターピル処方後、服用時間以内に水で1錠~2錠を服用します。

アフターピル服用の際の注意点

アフターピルは服用の際に注意していただきたい点があります。

注意①:なるべく早く婦人科を受診

アフターピルは、性行為から早い時点で服用することで避妊率が高くなるため、避妊に失敗したときは迷わずになるべく早く婦人科を受診してください。

注意②:副作用リスクを理解しておく

アフターピルの副作用には24時間以内に起こりやすいものと、ごく稀に起こる重篤な副作用があります。服用から通常24時間以内におさまる副作用は「吐き気」「頭痛」「腹痛」「眠気」です。
この他にも「少量の性器出血」「乳房の張り」などが挙げられます。

そして、ごく稀に起こり得る重篤な副作用は「血栓症」です。
血栓症は、血管内に血の塊ができることで血管を詰まらせてしまう病気ですが、血圧が正常で喫煙歴がない方の場合、発症リスクはごく稀な副作用となっています。

また、アフターピルやピルを初めて服用する方の場合、副作用が出やすい傾向にあるため、24時間経過しても副作用がおさまらない場合は、処方を受けた病院へ相談してください。

注意③:服用から2時間以内に嘔吐した場合は、再服用が必要

アフターピルの服用から2時間以内に嘔吐してしまった場合、アフターピルが体内へ吸収されていない可能性があります。この場合は再服用が必要になるため、処方を受けた病院で再度処方を受けましょう。

また、服用から2時間以上経過して嘔吐した場合は、アフターピルは体内へ吸収されていると考えられるため、様子見となる場合が多いです。しかしどうしても不安な場合は、嘔吐した時点で処方を受けた病院へ連絡して指示を仰いでくださいね。

注意④:アフターピルを服用できない方

アフターピルには併用すると期待できる避妊効果が薄れてしまうものがあります。

  • 結核の薬:リファブチン・リファンピシン
  • 抗けいれん薬:フェニトイン・カルバマゼピン・プリミドン・フェノバルビタール
  • HIVプロテアーゼ阻害剤:リトナビル
  • セイヨウオトギリソウ:セント・ジョーンズ・ワート含有食品
  • エラワンとホルモン避妊薬:期待できる避妊効果が損なわれる可能性がある

上記のお薬を服用している方や、その他に何かお薬を服用している方は事前に医師へ伝えてください。

排卵日のゴム(コンドーム)ありでの妊娠の可能性に関するよくある質問【Q&A】

次は、排卵日のコンドームありでの妊娠の可能性に関するよくある質問【Q&A】に回答していきます。

膣外射精なら妊娠はしませんか?

いいえ。膣外射精でも妊娠する可能性はあります。
膣外射精でも挿入時に男性器から分泌されたカウパー腺液に精子が混じっている可能性もあるため、しっかりと避妊対策をしてください。

コンドームが破れていました。膣内洗浄をすれば妊娠の可能性はありませんか?

いいえ。膣内洗浄をしても避妊効果は期待できません。
逆に膣内洗浄をすることで、炎症を起こす可能性がありますので、なるべく早くアフターピルの処方を受けることをおすすめします。

日常的にできる妊娠を防ぐ方法はありますか?

日常的にできる妊娠を防ぐ方法としては「コンドームとピルの併用」が最も効果的といえるでしょう。
ピルの服用が難しい場合は、コンドームを正しい装着法で装着することや、排卵日に行為を行わないなども妊娠対策になります。

当院の3つの特徴

それでは、当院NOVUS Beauty Clinicの3つの特徴をご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

NOVUS Beauty Clinicでは、新宿と表参道に1つずつクリニックを設けているため、通院のしやすさも魅力です。そのため、お買い物帰りに気軽に立ち寄れる点も好評を頂いております。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

排卵日にゴム(コンドーム)ありで妊娠する可能性を更に詳しく知りたい方はNOVUS Beauty Clinicへ

今回は、排卵日はコンドームありでも妊娠する可能性はあるのか、そして妊娠確率と避妊失敗する5つの原因を徹底解説しました。NOVUS Beauty Clinicはお客様一人ひとりの悩みに寄り添い、ベストな対処法を提案させていただきます。今回の記事も、参考になれば幸いです。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】

 

Scroll to Top