novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

ワキガ手術はしない方がいいって本当?理由としない方がいい人の7つの特徴

2022.09.29

「ワキガの手術をしようか迷っている」「ネットではワキガ手術はしない方がいいって書いてあるけど本当?」とお悩みの人はいませんか?


本記事では、ワキガの手術をしない方がいいと言われる理由と、しない方がいい人の7つの特徴を徹底解説していきます。

目次

ワキガとは

ワキガとは医学的に「腋臭症」「アポクリン臭汗症」と呼ばれる症状のことです。

ワキガの特徴

ワキガの特徴は独特なニオイです。

「スパイスのようなツンとしたニオイ」や「硫黄のようなニオイ」「キツネやタヌキのようなニオイ」と表現されることもあります。


ワキガは、自分ではニオイが強くないと思っている人ほどニオイが強かったり、周囲は気がつかないほどニオイが弱い人ほど、本人は強いニオイを感じたりする傾向にあります。

ワキガの原因

ワキガの原因は以下の4つです。

  1. 遺伝
  2. 生活習慣の乱れ
  3. 性ホルモン
  4. 肥満

ワキガのニオイの原因となるのはアポクリン腺から出る汗で、たんぱく質や糖質、脂肪酸やアンモニアなどニオイのもとになりやすい成分を豊富に含んでいます。


汗をかいたまま放置していると、雑菌が過剰に繁殖し、アポクリン腺から出た汗や皮脂を分解します。その分解の際にワキガ特有のニオイを発生させるのです。

セルフでワキガをチェックする方法

「自分はワキガかな?」と思ったら以下のチェックリストをぜひお試しください。

2~3個当てはまった場合、一度皮膚科または形成外科を受診してみましょう。

  1. 家族にワキガの人がいる
  2. 耳垢が湿っている
  3. 汗をかくと洋服のワキの部分が黄ばむ
  4. 生活習慣が乱れていると感じている
  5. 周囲からニオイを指摘された
  6. 毛深い
  7. 寒い冬でも汗をかく
  8. デオドラントを使用していないのに、ワキ毛に白い粉がつく
  9. 1メートル以上離れていてもワキガのニオイがする

軽度のワキガの場合、いつもより汗をかいた日や、服ワキの部分を嗅ぐとワキガのニオイがする程度ですが、中度~重度になると離れていてもニオイを指摘されることがあります。


ワキガは先天性と思われることも多いですが、後天性でも発症するため、いままでニオイを気にしたことがなかった人も「あれ?」と感じたら一度セルフチェックを行ってみてください。

ワキガ手術の種類と特徴

ここでは、ワキガ手術の種類と特徴を徹底解説していきます。

剪除法(皮弁法)

剪除法(皮弁法)とは、ワキの真ん中をシワに沿って4~5cmほど切り、そこから直接医師がアポクリン腺を除去する手術法です。


剪除法(皮弁法)は保険が適用されるワキガの手術で、目視でワキガの原因となるアポクリン腺を除去することでニオイや汗の量などに高い改善率が期待できます。


難点として、4~5cmほどの大きな傷跡ができることが挙げられます。

クワドラカット法

クワドラカット法は、剪除法(皮弁法)と同様にワキの下の皮膚を切開し、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺とワキ毛を取り除く手術法です。


剪除法(皮弁法)との違いは、クワドラカット法の場合数mm〜1cmほど切るだけで手術を行うことができるため、傷跡を気にする人におすすめの手術法になります。


しかし保険が適用されず自費診療となる点がクワドラカット法の最大の難点と言えるでしょう。

ワキガの手術はしない方がいいと言われる理由

次は、ワキガの手術はしない方がいいと言われる理由を徹底解説していきます。

切るワキガ手術は身体的負担が大きい

ワキガの手術はしない方がいいと言われる理由として、基本的なワキガの手術は切開が必要となるため、傷跡やダウンタイム、副作用など身体的負担が大きいと言う点が挙げられます。

手術費用が高額になる可能性がある

ワキガの手術の中には保険適用外のものがあります。

本記事で解説した剪除法(皮弁法)は保険適用内ですが、身体的負担を軽減することができるクワドラカット法は保険適用外になり、手術費用が高額になる可能性があります。

医師の技術力によっては再発する可能性もある

通常、ワキガの原因となる汗腺をしっかり除去できれば、ニオイが再発することはありませんが、医師の技術力によってはすべての汗腺を除去できず、ワキガのニオイが再発することもまれにある話です。

ワキガの手術をしない方がいい人の7つの特徴

次は、ワキガの手術をしない方がいい人の7つの特徴を徹底解説していきます。

①ニオイよりも汗の量が気になっている人

ニオイよりも汗の量が気になっている人は、ワキガではなく「多汗症」の可能性が高いです。

ワキガと多汗症は似ているようで異なり、多汗症の人がワキガの手術をしても思うような効果が得られず、身体的負担だけが大きくなる場合があるため、おすすめできません。

②腕を使用するスポーツや仕事をしている人

ワキガの手術後のダウンタイム中は、1週間程度の包帯で固定し、腕を水平以上に上げないようにする必要があるため、腕を使用するスポーツや仕事をしている人は日常生活に支障が生じてしまいます。


また、スポーツや仕事だけではなく、育児中で赤ちゃんを抱っこしたりあやしたりするシーンが多いママやパパも、この時期はワキガの手術は控えておくべきでしょう。

③思春期前のこども

アポクリン汗腺は思春期から発達してくるため、思春期前に手術をしても思ったような効果が期待できない可能性があります。


この場合、思春期になるまでは手術以外の治療法で改善を目指し、思春期を迎えた頃に改めてワキガの手術を検討してみてください。

④仕事や家事が忙しく、安静にする時間が少ない人

ワキガの手術後は、腕を動かすことに制限が設けられるため、仕事や家事が忙しく安静にする時間がない人は、一度手術以外の治療法を医師と相談してみることをおすすめします。

⑤手術跡をなるべく早く消したい人

切開が必要なワキガ手術は、手術跡がシワに馴染むまで1年程度かかります。

そのため、なるべく早く手術跡を消したい人の場合、ワキガ手術は不向きです。

⑥ニオイは気になるがワキガと診断されたわけではない人

自分でニオイが気になっているものの、実際に病院でワキガと診断されたわけではない人は、まず一度病院を受診し、本当にワキガなのかをチェックしてもらいましょう。

⑦軽度~中度のワキガ

軽度~中度のワキガは切らないワキガ治療でも改善する可能性があります。

まずは医師と相談して状態に合った治療を受けてください。

ワキガ手術をしようか迷っている人はまずカウンセリングへ

次は、今ワキガ手術をしようか迷っている人に向けてのアドバイスをご紹介します。

症例経験数が豊富な医師が在籍する病院を選ぼう

ワキガ手術は保険が適用されていても決して安い値段ではありません。

だからこそ、症例経験数が豊富な医師が在籍する病院を選ぶことで、汗腺の取り残しなどの失敗リスクを予防することができるでしょう。

カウンセリング時に、ワキガ手術のリスクをしっかり質問しよう

初めて手術を受けるときは、緊張してカウンセリング時に何も質問できなかったという人もいます。しかし、自分の大切な体にメスを入れるわけですから、事前に手術のリスクや麻酔の有無など質問したいことをまとめておくことをおすすめします。

手術が難しい人は「切らない」ワキガ治療法の選択も

ここまでの解説で、現時点では手術は難しいなと感じた人は「切らない」ワキガ治療法も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。


2022年9月時点で、切らないワキガ治療法には以下のようなものがあります。

ミラドライ

ミラドライはアメリカの「Miramar Labs」が2006年に開発した多汗症治療技術の登録商標名です。

2011年にアメリカの食品医薬品局(FDA)が承認しており、外部からマイクロ波と呼ばれる電磁波を照射することで、皮膚を切らずに多汗症やワキガを治療することができます。

ペアドライ

ペアドライは、ミラドライと同様に皮膚を切らずにワキガを治療することができます。

「ビューホット」と「ウルセラドライ」と呼ばれる2つの特殊な機械を使用し、ワキガの原因となるアポクリン腺へレーザーを照射していくことで、ワキガの改善効果が期待できるのです。

塗り薬

近年、ワキガの塗り薬として「エクロックゲル」と呼ばれるものが病院で処方されています。

エクロックゲルは日本初の保険適応の原発性腋窩多汗症用外用薬で、エクロックゲル以外にも、汗を止める作用のある「プロバンサイン」など、ワキガの状態に合わせた塗り薬を塗布することで、軽度~中度のワキガでしたら改善効果が期待できます。

セカンドオピニオンで自分にワキガ手術が必要か見極めて

自分にワキガ手術が必要なのか、悩んだときは1つの病院だけではなく、セカンドオピニオンで複数の医師からの意見を取り入れることをおすすめします。


様々な意見やアドバイスを受けて、自分にワキガ手術が必要かをしっかり見極めてください。

ワキガ手術に関するよくある質問【Q&A】

次は、ワキガ手術に関するよくある質問【Q&A】に回答していきます。

ワキガ手術は保険適用されますか?

自分のニオイが凄く気になるのですが、これは何かの病気ですか?

当院の3つの特徴

ここからは当院の特徴を3つご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は新宿と表参道に一つずつクリニックを設けているため、通院しやすく、多くのお客様にご来院いただいています。お仕事帰りやお出かけ中の空き時間にふらっと訪れやすいのが魅力です。

丁寧なカウンセリング

当院では、お客様に効果の高い施術をご提供するためカウンセリングに力を入れております。時間をかけてじっくりとお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

ワキガの手術に関する質問はNOVUS Beauty Clinicへ

今回は、ワキガ手術はしない方がいい理由と、しない方がいい人の7つの特徴を徹底解説しました。NOVUS Beauty Clinicはお客様一人ひとりの悩みに寄り添い、ベストな対処法を提案させていただきます。今回の記事も、参考になれば幸いです。

カウンセリングはこちら

【関連記事】

ミラドライで後悔した!6つの理由と後悔しないためのポイントを徹底解説

Scroll to Top