ボトックス注射のデメリット7選|覚えておきたい副作用も解説

2022.12.01

数ある美容医療の中で、ボトックス注射という施術を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、ボトックス注射について効果やデメリットなどを解説します。
ボトックス注射に興味があるけど、デメリットや副反応が気になり迷っている人はぜひ参考にしてください。

目次

ボトックスとは?

ボトックス注射とは、天然のタンパク質からできた毒素をごく微量含んだ薬剤を注射する治療のことです。毒素と聞くと抵抗を感じる人もいると思いますが、科学的に安定化させたものを使用しているため、安全性は高いと言えるでしょう。

エラの張りやシワの改善などの顔への効果以外に、多汗症抑制や肩やふくらはぎを細くする効果も期待できます。

ボトックス注射のデメリット7つ

①痛みを伴う

ボトックス注射はその名の通り、注射を使うため痛みが生じます。注射を打つ部位によって強く痛みを感じる部位もあります。肌の深くまで打つ必要があるエラや、痛みが敏感な眉間などは特に痛みを感じやすい部位とされています。
部分麻酔を使用しているクリニックもあるので、痛みが不安な人は施術前に確認すると良いでしょう。

②効果がでるまでに時間がかかる

ボトックス注射の効果は、施術当日には感じられません。見た目の変化が現れるまではさらに数日かかります。仮にシワの改善目的でボトックス注射をした場合、効果が感じられるまで1~2週間程度かかることもあり、すぐに変化を感じたい人には不向きな治療です。

一方で腫れや赤みなどのダウンタイムは短いので、職場や学校で治療に気づかれたくない人にはおすすめです。

③効果が永久に続かない

一般的にボトックス注射の効果の持続期間は、3〜4ヶ月といわれています。効果が長く続く人でも6ヶ月ほどなので、維持するためには定期的にボトックス注射を打つ必要があります。

ボトックス注射の持続期間には個人差があり、部位によっても異なります。薬剤の量が多ければ長く持続するということではありません。

ボトックス注射は継続的に打つことで、効果が長持ちすると考えられています。

④効果が薄れることがある

ボトックス注射は複数回打つと体内に抗体ができます。抗体ができるとボトックス効果が薄れる可能性が高いため、抗体ができないように注意する必要があります。

ボトックス注射を打つ頻度が多かったり、感覚が短かったりすると抗体ができやすくなります。抗体の生成を抑制するためにもボトックスを打つ頻度は、3〜6ヶ月が目安とされています。

また複数箇所に打つ場合も抗体ができやすくなります。ボトックス注射を打つときは、できるだけ施術箇所を絞って打つようにしましょう。

⑤施術者の技術に左右される

ボトックス注射は、施術者の技量により効果に差がでてしまいます。未熟な施術者による治療によって、想定していない部分に変化が出てしまい失敗したケースも見かけます。

ボトックス注射は筋肉の緊張を緩める効果によって、シワやエラの張りを改善します。誤った知識でボトックス注射を行うことで、表情筋が思うように動かせなくなるリスクがあり、最悪の場合、合併症を引き起こす可能性もあります。

⑥治療を受けられない人がいる

ボトックス注射は万が一の健康被害を防ぐため、以下の条件に該当する方は施術を受けることができません。

・妊娠中及び授乳中である
・妊娠の予定がある
・神経疾患がある
・抗血小板剤・抗凝固剤を使用している
・未成年または65歳以上である

持病や服用中の薬がある場合には、担当医に相談し施術可能かどうか確認するようにしましょう。

⑦副作用がある

ボトックス注射で起こりうるリスクは主に以下の7つです。

・内出血
・腫れやかゆみ、熱感
・たるみやつっぱり感
・眼瞼下垂(がんけんかすい)
・眉がつりあがる
・表情筋が動かしづらくなる
・噛む力が弱まる

内出血はメイクで隠せる程度に軽く、1~3週間ほどで徐々に引いていきます。腫れやかゆみ、熱感は2~3日で治まります。

施術後の飲酒や過度な運動、施術部位への刺激は上記の副作用が起こりやすくなるため控えるようにしましょう。また、稀なケースですが体質や体調によってアレルギーや頭痛などの副作用が起こる場合があります。

ボトックス注射についてのよくある質問【Q&A】

ボトックス注射を打ち続けるとどうなりますか?

ボトックス注射をやめるとどうなりますか?

副作用は絶対にでますか?

当院の特徴

当院では「しわ」「たるみ」「小顔・リフトアップ」の施術に関して、米国アラガン社のボトックスビスタを使用して施術を行っています。

また、ボトックスビスタ以外にも、本記事で解説したヒアルロン酸注射(米国アラガン社ジュビダームビスタ)での施術も行っています。

施術概要

治療時間

15分程度

シャワー・洗髪・入浴・洗顔

シャワーは当日より可能です。入浴やサウナ、激しい運動は2~3日後を推奨します。洗顔は当日から可能です。

メイク

施術当日から可能です。

リスクや副作用

痛み
内出血
腫れ

禁忌

ボトックスの施術をお受けいただけない方

妊娠中
妊活中
授乳中
全身性の神経・筋肉疾患がある方
施術当日、体の調子が悪い方

料金一覧

ボトックス/アラガン社ボトックスビスタ

(1部位※)
※額、眉間、目尻、鼻根、バニー、ガミー、口角、顎から1箇所
¥ 28,000
ボトックスリフト ¥ 45,000
エラ ¥ 45,000
¥ 75,000
¥ 100,000
50単位 ¥ 50,000

※価格はすべて税込です。
※価格は予告なく変更される可能性があります。
※初診料3,000円
※再診料1,000円(3カ月以内)

ボトックスでは効果が期待できない症状(表情筋が関係していないほうれい線など)の場合、医療用ハイフやピコレーザーなど、様々な施術方法も行っておりますので、お気軽に当院へご相談ください。

ボトックスならNOVUS Beauty Clinicへ

本記事を監修している当院「NOVUS Beauty Clinic」では、快適な完全個室空間で、ご予約の際からお客様の「綺麗になりたい」という気持ちと誠心誠意向き合い、サポート・プロデュースさせていただきます。

最近、口角が下がっていると感じている方や、ふくらはぎを細くしたい方、ボトックスに興味をお持ちの方は、ぜひ一度当院公式サイトをご覧ください。

【関連記事】
エラボトックスは効果がある?副作用や持続期間、リスクを解説
 ⇒肩ボトックスって効果ある?期待できる5つの効果と副作用やリスク・よくあるQ&Aを徹底解説
 ⇒口角ボトックスとは?5つの効果・デメリットから失敗しないための方法を現役医師が解説

Scroll to Top