ニキビ治療にかかる期間|短期間で治すポイントも解説

2023.01.04

ニキビができやすい、治りにくい、ニキビ跡になりやすいなど、ニキビに関する悩みはさまざまです。身近な肌トラブルだからこそ、クリニックに行きづらいという人も多いのではないでしょうか。

近頃、ニキビを治す塗り薬やスキンケア用品は多く販売されていますが、根本的な解決を目指すのであればクリニックでの治療がおすすめです。
今回は、ニキビ治療にかかる期間や短期間で治すポイントを詳しく解説します。ニキビに関する悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてください。

目次

ニキビが発生する原因

ニキビは、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まることが主な発生原因だと言われています。毛穴が詰まると皮脂が外に出られなくなり、赤ニキビや白ニキビ、黒ニキビができます。
白ニキビや黒ニキビの内部はアクネ菌の増殖に適しており、そこで増えた菌に対抗しようと免疫がはたらくことで炎症を起こします。炎症が起きた状態のニキビのことを赤ニキビと呼びます。
赤ニキビがさらに悪化し黄色の膿が出ている状態を黄ニキビと呼び、症状が治ったあとにニキビ跡ができる可能性があります。

ニキビの治療にかかる期間

ニキビの治療は、2〜3ヶ月ほどで効果を実感することができます。
しかし、体質や肌質によって効果が出るまでに差があるため、さらに時間がかかることもあるでしょう。また、日々のメイクやスキンケアもニキビの治療の効果が得られるまでの期間に大きく影響します。

ニキビは繰り返しできることがあり、一度治ってもまたニキビができる人も多いでしょう。一時的に治すのではなく、ニキビができにくい肌作りをするには年単位での治療が必要になるケースもあります。

ニキビを短期間で治療するポイント

次は、ニキビを短期間で治療するための3つのポイントを解説します。
短期間でニキビの改善を目指すには、治療を継続しながら生活スタイルの見直しもする必要があります。

治療を継続する

ニキビの治療には塗り薬や飲み薬、レーザー治療などさまざまな方法があります。医師による診断のもと、ニキビの種類や状態に合わせた治療が行われます。
しかしニキビは再発したり、違うところに新しくできたりする可能性が高い肌疾患です。ニキビの発生を防ぐためには、継続的な治療で根本的な改善を目指す必要があります。

規則正しい生活を送る

ニキビの治療では、体の内側からケアすることも重要なポイントです。食生活や日々のスキンケア、睡眠時間などもニキビを治すために見直しが必要な場合があります。規則正しい生活を送ることで、ホルモンバランスが整うため、ニキビ予防に効果的だと言われています。

ニキビ治療に関するよくある質問【Q&A】

ニキビの治療はいつから始めるといいですか?

外用薬や内服薬でニキビを治療すると治るまでに何ヵ月かかりますか?

ニキビのレーザー治療にかかる期間はどの程度ですか?

ニキビ跡を作らないための方法はありますか?

ニキビダニの駆除治療にかかる期間はどの程度ですか?

当院の3つの特徴

それでは、当院NOVUS Beauty Clinicの3つの特徴をご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2023年1月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」「池袋ラウンジ」の3院を展開中です。どちらも駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

ニキビ治療ならNOVUS Beauty Clinicへ

本記事を監修している当院「NOVUS Beauty Clinic」では、快適な完全個室空間で、ご予約の際からお客様の「綺麗になりたい」という気持ちと誠心誠意向き合い、サポート・プロデュースさせていただきます。
ニキビ治療をお考えの方は、まずはお気軽に当院へご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】
ニキビ跡の治療は皮膚科に行くべき?メリットやおすすめの治療方法を解説

【保存版】ピーリングとは?美肌の効果・メリット・デメリット・選び方を解説

Scroll to Top