毛穴をきれいにする3つの方法|黒ずみの原因や悪化させるNG行動を解説

2023.01.12

「毛穴の汚れをきれいにしたい」「毛穴の黒ずみは自分でケアできる?」など、毛穴の黒ずみに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

本記事では、自宅で簡単に毛穴の黒ずみをケアする方法や、黒ずみができる原因、悪化させてしまうNG行動について解説します。

目次

毛穴の黒ずみが発生する3つの原因

毛穴が黒ずむ原因は、主に3つあります。

角栓が酸化している

皮膚が新しく生まれ変わる一定のサイクルをターンオーバーといいます。しかし、なんらかの原因でこのターンオーバーが乱れ、古い角質がうまく剥がれ落ちないと角栓として毛穴に残ってしまいます。この角栓に含まれる皮脂が空気に触れて酸化すると黒くなります。そのため、皮脂分泌が多いことも毛穴の黒ずみに繋がります。

紫外線対策を怠っている

紫外線のダメージによって毛穴周りの皮膚に炎症が起こると、黒ずみの原因になるメラニンが過剰につくられます。こうしてできた黒ずみは、毛穴の中に汚れが詰まっていないので角栓を取り除いても黒ずみは消えません。紫外線だけでなく、過剰なケアや皮脂の酸化が皮膚への刺激となり色素沈着を起こすこともあります。

産毛が毛穴に詰まっている

角栓が毛穴をふさいでいると、産毛が毛穴から出られず詰まってしまうことがあります。角栓を取り除くケアを行なっても黒ずみが消えず、紫外線のダメージでもない場合は産毛毛穴の可能性があります。

自宅で簡単にできる毛穴ケア3選

自宅でできる毛穴ケアの方法を3つご紹介します。

クレンジングを行う

メイクや日焼け止めを使用した後、クレンジングを必ず行いましょう。メイクや肌の汚れをスッキリ落とすことは、角栓をつくらないためにも大切です。
黒ずみが気になる方は、角栓を除去しやすい「酵素」が入ったタイプを選ぶのもおすすめです。角栓の約70%はたんぱく質であり、酵素は、この角栓を溶かして皮膚をやわらかくするのに効果的です。

クレンジングをするときは、長時間ゴシゴシ擦らないようにしましょう。洗浄力が高すぎるものは、長時間肌に乗せていると乾燥を招くことがあるので注意が必要です。また洗浄力がマイルドすぎても汚れが残る可能性があるので、肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。

正しい方法で洗顔する

クレンジング後の洗顔方法にもポイントがあります。洗顔料をしっかりと泡立て、泡で包み込むように優しく洗います。この時、擦ることやシャワーで直接流すなどの肌への摩擦は、乾燥の原因になるので気を付けましょう。そして、ぬるま湯でしっかりと洗い流すことも大切です。すすぎ残しがあると、洗浄成分が肌に残って刺激になることがあります。

保湿を行う

毛穴ケアには保湿が大切です。保湿を怠ると、乾燥してキメが荒くなり、毛穴が目立ちやすくなります。また脂性肌の方は肌が乾燥しにくく、一見うるおっているように見えても、皮脂が多いだけで水分が不足している可能性があります。水分と油分のバランスを整える保湿ケアが重要です。洗顔後に化粧水と乳液、保湿クリームなどでしっかり保湿することで、キメを整え、毛穴が目立ちにくい肌に導きます。

毛穴をきれいにするための3つの生活習慣

きれいな毛穴を保つために気をつけたい生活習慣を、3つご紹介します。

バランスの良い食事を心がける

毛穴のケアにはバランスの良い食生活が欠かせません。脂質や糖質が多すぎたり、ジャンクフードばかり食べるなどの偏った食生活は、毛穴を詰まらせるだけでなく肌の老化につながります。動物性、植物性たんぱく質はもちろん、美肌に導くビタミンやミネラル、食物繊維も意識して摂りましょう。栄養素はそれぞれが補い合って効果を発揮するので、いろいろな物をバランスよく摂ることが大切です。野菜などの素材から摂ることが難しい場合は、サプリメントで摂取することもおすすめです。

睡眠時間を確保する

質の高い睡眠を取ると、ターンオーバーが促進し成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは、細胞の活性化やたんぱく質の合成を促し、肌ダメージを回復させる作用があります。ターンオーバーが乱れると乾燥による毛穴詰まりや過剰な皮脂分泌の原因につながるため、ぐっすり眠れる環境を整えることが、毛穴トラブルの改善につながります。

適度な運動を行う

適度な運動は毛穴ケアにも効果的です。激しい運動でなく、ウォーキングやヨガといった軽い運動でも十分効果が期待できます。運動して汗をかき、血行が促進されることで皮膚の代謝が高まり、毛穴の汚れを排出するのに役立ちます。適度な運動習慣は、ストレス解消や睡眠の質を向上させ、毛穴汚れの目立ちにくい肌へ導くでしょう。

毛穴をケアするときの4つのNG行動

毛穴ケアで避けるべき4つのNG行動をご紹介します。

過度の洗顔

洗顔は、朝と夜の1日2回行いましょう。黒ずみが気になるからといって、一日に何度も洗顔をしたり、擦り洗いをしたりしてはいけません。洗顔をしすぎると、肌に必要なうるおいまで奪って乾燥を引き起こし、皮脂の過剰分泌につながる可能性があります。

角栓を押し出す

毛穴の黒ずみを解消しようと、角栓を押し出すことはやめましょう。毛穴に負担がかかり広がることがあります。毛穴への刺激や摩擦は炎症を起こし、症状が悪化する可能性があります。スキンケアやメイクをするときも、必要以上に肌を擦らないことが大切です。

毛穴パックを使用する

強力なタイプの毛穴パックは、角栓だけでなく正常な角質まで剥がしてしまう恐れがあります。また、毛穴周囲の肌を守ろうと皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあります。さらにパックで角栓を取り除いた後、毛穴が開いたままの状態になり、そこの汚れが溜まって毛穴詰まりを繰り返す可能性もあります。肌への刺激が強すぎるものの使用は控え、正しい使用頻度を守りましょう。

過度なピーリング

古い角質を除去し、ターンオーバーを正常化させるピーリングは、毛穴トラブルの改善に効果的です。しかし、ピーリングのやりすぎは乾燥や赤みを引き起こし、肌トラブルにつながることがあります。自宅で行うピーリングは、多くても週2回のケアがおすすめです。

自分に合ったピーリングが分からない方は、クリニックでの施術がおすすめです。カウンセリングで症状を診断してもらい、肌悩みに合ったピーリングを提案してもらうと安心です。

当院の特徴

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2023年1月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」「池袋ラウンジ」の3院を展開中です。どちらも駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

毛穴でお悩みならNOVUS Beauty Clinicへ

今回は、毛穴を綺麗にする方法について解説しました。NOVUS Beauty Clinicはお客様一人ひとりの悩みに寄り添い、ベストな対処法を提案させていただきます。今回の記事も、参考になれば幸いです。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】
いちご鼻の治し方とは?原因や、改善方法を現役医師が解説ご紹介

まず知りたいハイドラフェイシャルについての基礎。いちご鼻やニキビへの効果とは?

【保存版】ピーリングとは?美肌の効果・メリット・デメリット・選び方を解説

Scroll to Top