ケミカルピーリングとは|美容効果やメリット・デメリットを解説

近年、肌トラブルの改善が期待できるスペシャルケアとして、ケミカルピーリングが人気です。肌のターンオーバーを促し、美肌へと導くケミカルピーリングは、安全性が高いことも魅力の一つといえるでしょう。
この記事では、美容クリニックで行うケミカルピーリングについて詳しく解説します。

目次

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、薬剤を肌に塗布して肌の古い角質を取り除く施術です。肌は約28日ごとにターンオーバーを繰り返し、新しい皮膚へと生まれ変わります。ターンオーバーが乱れると古い角質がうまく剥がれ落ちず、ニキビや毛穴の開きなど肌トラブルを招く原因となります。ターンオーバーの周期は、睡眠不足や栄養の偏った食事、ストレス、加齢などによって乱れやすくなります。
ケミカルピーリングは、綺麗な肌を保つ上でとても重要であるターンオーバーを正常化してくれるため、様々な肌トラブルの改善効果が期待できます。

ケミカルピーリングの種類

代表的なケミカルピーリングには、以下の2種類があります。

サリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングは、サリチル酸の力で肌の角質を除去し、新しい皮膚の生成を促す施術です。顔に塗布するとマクロゴールが働き、サリチル酸を肌表面に留めて古い角質を除去します。低刺激で痛みも少なく、比較的安全に美肌へと導いてくれる施術です。ダウンタイムも短く、治療後に保湿をしたらすぐに帰宅することができます。
腕、背中など、顔以外への施術も可能です。毛穴の開きや黒ずみ、ニキビやニキビ跡、シミやシワの改善など、様々な肌トラブルの改善効果が期待できます。

コラーゲンピール

コラーゲンピールとは、高濃度トリクロロ酢酸、低濃度過酸化水素、コウジ酸が主成分として構成されているピーリング治療です。マッサージしながら肌の奥へ浸透させるので、マッサージピールとも呼ばれています。コラーゲンピールでは、肌の奥にある真皮に働きかけて線維芽細胞を活性化させてコラーゲンの増生を促すため、肌にハリとツヤが戻り、毛穴やシワ等の改善が期待できます。

ケミカルピーリングで改善が期待できる症状4選

ケミカルピーリングは、様々な肌トラブルを改善に導いてくれる施術です。具体的な効果について解説します。

症状①:毛穴の改善

ケミカルピーリングは毛穴トラブルの改善が期待できます。施術によって黒ずみを目立ちにくくし、透明感のある若々しい肌に導く効果が期待できます。また、ターンオーバーを促進して過剰な皮脂分泌を抑制し、新陳代謝を活発にさせてくれるため、開いた毛穴の引き締めにも効果的です。

症状②:ニキビ・ニキビ跡の改善

ケミカルピーリングはニキビやニキビ跡にも効果を発揮します。ニキビは、皮脂の過剰分泌や毛穴詰まりによるアクネ菌の繁殖によって炎症を起こしている場合に現れる症状です。ケミカルピーリングは酸の力で肌の古い角質を剥がし、アクネ菌を除去して症状を軽減してくれる上、。アプローチ可能な部位が広いため、治療しにくい背中ニキビの改善にも効果が期待できます。

症状③:シミの改善

シミは、肌の新陳代謝が低下しメラニンが色素沈着したものです。ケミカルピーリングを行うことで肌のターンオーバーを促進し、角質内のシミの原因であるメラニンを外へ排出します。繰り返し施術を行うことで、シミやニキビ跡の色素沈着を薄くする効果が期待できます。

症状④:小じわの改善

ケミカルピーリングはコラーゲン生成を促進し、弾力のある肌を取り戻してくれる効果が期待できます。施術を継続するうちにコラーゲン効果によるハリが生まれ、小じわが目立ちにくくなるでしょう。

ケミカルピーリングのメリット

ケミカルピーリングの代表的なメリットを3つ紹介します。

メリット①:ダウンタイムが短い

ケミカルピーリングには、ダウンタイムがほぼありません。赤身やほてりが出ることがありますが、通常は2~3日で消えます。長期的に休みが取れない方でも気軽に受けられる点が魅力です。

メリット②:ほかの美容施術と併用できる

ケミカルピーリングはエレクトロポレーションとの併用がおすすめです。エレクトロポレーションは、軽い電流を使用して美容成分を浸透させる施術です。ケミカルピーリングで老廃物を排出すれば、美容成分の浸透力が上がります。
また、ダーマペンとの併用も可能です。ダーマペンとは、極細の針で肌に刺激を与え、コラーゲン生成を促す施術です。ダーマペンで開いた穴にケミカルピーリングを行えば、更に美肌効果が期待できるでしょう。

メリット③:施術後すぐにメイクできる

基本的に、ケミカルピーリングの施術後はすぐにメイクをすることが可能です。しかし、施術直後の肌はとてもデリケートな状態なので、メイクをする際は強くこすったり刺激を与えたりしないように注意しましょう。また、ケミカルピーリング後の肌は紫外線にも敏感です。日焼け止めをこまめに塗るなどして、いつも以上に日焼け対策をしっかり行いましょう。

ケミカルピーリングのデメリット

ケミカルピーリングの主なデメリットを3つ紹介します。

デメリット①:痛みを感じる場合がある

基本的に、ケミカルピーリングの施術後はすぐにメイクをすることが可能です。しかし、施術直後の肌はとてもデリケートな状態なので、メイクをする際は強くこすったり刺激を与えたりしないように注意しましょう。また、ケミカルピーリング後の肌は紫外線にも敏感です。日焼け止めをこまめに塗るなどして、いつも以上に日焼け対策をしっかり行いましょう。

デメリット②:施術後は患部が乾燥しやすくなる

ケミカルピーリング後は肌が敏感になり、乾燥しやすい状態になります。施術後は入念に保湿をしましょう。乾燥を含め、赤みやほてりの症状は、2~3日で落ち着きます。

デメリット③:施術後に紫外線のダメージを受けやすくなる

ケミカルピーリング後は、普段よりも丁寧な紫外線対策を行う必要があります。施術後の肌は紫外線のダメージを受けやすく、それがシミやシワの原因となります。日焼け止めや日傘などを使い、肌を紫外線からしっかり守りましょう。

ケミカルピーリングに関するよくある質問【Q&A】

ケミカルピーリングについて、よくある質問を紹介します。

ケミカルピーリングは即効性がある施術ですか?

ケミカルピーリングの適切な施術回数は何回ですか?

ケミカルピーリングの効果はいつから実感できますか?

ケミカルピーリングはどの程度の頻度でおこないますか?

ケミカルピーリングは副作用がありますか?

当院の特徴

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2022年12月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」「池袋ラウンジ」の3院を展開中です。どちらも駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

当院のピーリング

当院ではケミカルピーリングとして「サリチル酸ピーリング」「コラーゲンピール」をご用意しております。

サリチル酸ピーリングは、サリチル酸(BHA:ベータヒドロキシ酸)の薬剤を肌に塗り、古い角質を溶かして肌質を改善させるケミカルピーリング治療の1つです。

コラーゲンピールは、「PRX-T33」というピーリング剤が肌の奥深くの真皮層に浸透してコラーゲンの生成を促してくれる薬剤です。痛みやダウンタイムが少なく、施術直後から効果を実感しやすいという特徴があります。

料金表

サリチル酸ピーリング

全顔 初回価格 ¥ 7,500
2回目以降 ¥ 9,500
5回コース ¥ 38,000
10回コース ¥ 66,500
初回価格 ¥ 5,500
2回目以降 ¥ 7,000
5回コース ¥ 28,000
10回コース ¥ 49,000
背中半身 初回価格 ¥ 15,000
2回目以降 ¥ 19,000
5回コース ¥ 76,000
10回コース ¥ 133,000
デコルテ 初回価格 ¥ 7,500
2回目以降 ¥ 9,500
5回コース ¥ 38,000
10回コース ¥ 66,500

コラーゲンピール

全顔 初回価格 ¥ 12,000
2回目以降 ¥ 15,000
5回コース ¥ 60,000
10回コース ¥ 105,000
初回価格 ¥ 9,500
2回目以降 ¥ 12,000
5回コース ¥ 48,000
10回コース ¥ 84,000
背中半身 初回価格 ¥ 20,000
2回目以降 ¥ 25,000
5回コース ¥ 100,000
10回コース ¥ 175,000
デコルテ 初回価格 ¥ 13,000
2回目以降 ¥ 16,500
5回コース ¥ 66,000
10回コース ¥ 115,500

ケミカルピーリングならNOVUS Beauty Clinicへ

今回はケミカルピーリングについて徹底解説しました。

ピーリング治療をお考えの方はぜひ一度、当クリニックのカウンセリングへお越しください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】

コラーゲンピールの効果がすごい!持続期間やメリット・デメリットを解説

サリチル酸マクロゴールピーリングとは?4つの効果・副作用・リスクを解説

Scroll to Top