目の下のクマを治療する方法一覧|料金や副作用なども解説

「目の下にクマがあって老けて見られる」「クマのせいで疲れて見られる」というお悩みをお持ちの方はいませんか。しこの記事では、目の下のクマの種類や原因、治療方法、副作用などを解説します。
どのような治療をして良いか迷っている方、治療に不安のある方は、ぜひ参考にしてください。

目次

目の下にできるクマの種類・原因

目の下にできるクマには「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」があり、それぞれに原因が異なります。クマを改善したいのであれば、原因に合せた治療方法を選択することが重要です。3種類のクマ、それぞれの特徴について解説します。

青クマ

青クマは、「睡眠不足」「眼精疲労」「ストレス」などによる血行不良が原因で起こります。目の下の肌を引っ張ると青い色が薄くなるのが特徴です。目の周りの皮膚は非常に薄く、数多くの毛細血管があります。そのため、血行が悪くなると静脈や眼輪筋が透けて青っぽく見えるのです。

茶クマ

茶クマは色素沈着が原因で起こります。紫外線や炎症、こすり過ぎなど、肌に刺激が与えられると、大量にメラニン色素が作られます。肌が元気な状態であれば、ターンオーバーによって色素を排出することができるのですが、加齢などによりターンオーバーが乱れると色素を排出することができずに、メラニン色素が定着し茶色っぽく見えてしまいます。

黒クマ(影クマ)

黒クマは、目元のたるみが原因で起こります。年を重ねると目の周りの筋肉が衰えると皮膚がたるんだり、窪んだりしやすくなります。すると肌が凸凹になり影ができやすく、黒っぽく見えるのです。
黒クマは、涙袋の大きい方や顔立ちがはっきりした方に多いのが特徴です。また肌が乾燥すると表面の角質層が乱れ、光をきれいに反射することができずに、影のように見えることがあります。

目の下にあるクマの治療方法一覧

ハイフ(HIFU)

ハイフとは「高密度焦点式超音波治療法」のことで、超音波の熱エネルギーを目的の層にのみ集中して与えます。脂肪燃焼や引き締め、コラーゲンの生成促進などの効果があり、目の周りにハリをもたらすことができるため「黒クマ」の治療に適しています。
また、痛みが少なく、ダウンタイムが短いというメリットがある反面、結果を出すためには継続的な治療が必要になります。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、目の下の凹みが原因の「黒クマ」の治療に使用されることがあります。ヒアルロン酸を注入することで肌をリフトアップさせて、黒クマの原因であるたるみを改善します。

痛みが少なく、ダウンタイムは平均で2~3日ほどです。使用する製剤によって変わりますが、約3ヶ月~1年ほど持続します。

眼窩脂肪溶解注射

眼窩(がんか)脂肪注射は、目元が膨らむことによってできる「黒クマ」の治療に適しています。
眼窩脂肪とは、目の周りの脂肪のことで、加齢で筋肉が衰えると前に押し出されます。すると、目の下が膨らみ、影ができやすくなり「黒クマ」の原因になります。眼窩脂肪注射で、脂肪を溶かして排出させることで、目の周りをすっきりとさせます。

レーザートーニング

レーザートーニングは、色素沈着が原因でできる「茶クマ」の治療に有効です。茶クマを改善するためには、皮膚に沈着したメラニンの排出を促し、新たなメラニン生成を抑制しなければいけません。レーザートーニングは、特殊なレーザーを照射することで、メラニンの過剰生成の抑制と排出を促進するので茶クマを改善することができます。

テノール

テノールは、高周波治療器で「青クマ」の治療に適しています。テノールは、高周波の熱作用によって、血行やリンパの流れを良くすることで改善します。さらに、深部に熱エネルギーを加えることで、コラーゲンの生成を促し、ハリのある目元を作るのに役立ちます。
また、治療の際の痛みは少なく、ポカポカと温かく感じるほどの施術です。

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは、特殊な電気パルスにより、針を使用しなくても成分を深部まで導入できるため「針を使わない注入治療」などと呼ばれています。薬剤を変えることにより、様々な肌トラブルへの対応ができます。
ヒアルロン酸や真皮層の成長因子などを導入すればたるみの改善につながり、トラネキサム酸のような美白効果の高いものを使用すれば「茶クマ」の原因である色素沈着の改善につながります。

ピコレーザー

ピコ秒(1兆分の1秒)という非常に時間の短いレーザーを照射することで、茶クマやシミなどの元になるメラニン色素を細かく砕くことができます。
照射時間が短いため、肌への負担が少ないのでダウンタイムはほとんどありません。メラニンをピンポイントで狙い、細かく砕くことが可能です。メラニンは細かく砕かれるほど代謝で排出されやすくなるため、茶クマ改善への効果が期待できます。

脂肪除去

脂肪除去は、まぶたの裏側を小さく切開して眼窩脂肪を除去します。脂肪を取り除いた後は、止血をして終了です。縫合の必要はないので抜糸も不要です。まぶたの裏側から行う手術なので肌表面に傷が残ることはありません。

内服・外用薬

目の下のクマの治療には、手術や機械による治療の他に、内服・外用薬による治療も有効です。
目の下のクマ改善で処方される内服薬としては、トラネキサム酸やビタミンEなどのビタミン剤があります。トラネキサム酸は、「茶クマ」に対して働きかけ、ビタミンEは「青クマ」に対して改善効果が期待できます。

外用薬としては、「茶クマ」にはメラニン色素の生成を抑制するハイドロキノンやルミキシル、「黒クマ」にはコラーゲンの生成を促すトレチノインがおすすめです。
これらの処方薬には、少なからず副作用があります。リスクを避けるためにも必ず医師の診察を受けながら治療しましょう。

目の下のクマを治療するときのリスク

副作用

副作用としては、ヒアルロン酸注入の注射や脂肪除去の切開の際に、不衛生な環境だと感染症を引き起こしたり、痛みや腫れが残ったりすることがあります。
また、施術後1~2週間程度は、目を動かしたときに違和感を感じることもあるでしょう。

ダウンタイム

ダウンタイムは治療方法によって変わります。例えば、レーザー治療の場合のダウンタイムは3日程度、ヒアルロン酸注入など注射の場合は、3日~1週間程度、脂肪除去では1~2週間が目安です。実際には、治療方法によって変わるので医師に相談してください。

目の下のクマはクリニックで治療すべき?

目の下のクマはクリニックで治療することをおすすめします。
なぜなら、クマの原因である色素沈着やたるみは自力で改善することが難しいからです。しかもクマの種類や原因にあわせて治療方法を選択しなければ、満足できる結果を手に入れることはできません。
本記事を監修しているNOVUS Beauty Clinicでは、クマの原因にあわせてお客様にぴったりな治療方法を提案しています。目の下のクマでお悩みの方は、一度ご相談ください。

目の下にあるクマの治療に関するよくある質問【Q&A】

目のクマをマッサージすると効果はありますか?

マッサージは、血行不良が原因の「青クマ」については効果が期待できます。血行を良くするには、温めた方がより効果的です。入浴中や入浴後、またはホットタオルなどで目の周りを温めてから、優しくマッサージしましょう。
ただし、圧力を強くして刺激を与えてしまうと「茶クマ」や「黒クマ」が悪化する可能性があります。

色素沈着したクマは治療できますか?

色素沈着したクマは治療できます。レーザートーニングやピコレーザーは、メラニンの抑制効果やメラニン色素を小さく砕き、ターンオーバーで排出しやすくする効果があるので、色素沈着したクマに効果的です。

クマは治療してからどのくらいの時間で改善されますか?

施術の効果は個人差がありますが、ハイフやヒアルロン酸注入などは、施術直後から効果が実感できる方がほとんどです。ピコレーザーによる色素沈着の治療であれば、3回目の治療を終えたくらいから効果を実感できることが多いです。

自分でクマを改善・ケアする方法はありますか?

青クマと茶クマはご自身でケアしていただける方法があります。

【青クマ対策】
・質の高い睡眠をとる
・ビタミンEなど血行を良くする効果がある食べ物を多く摂る
・積極的に体を動かして血流を良くする

【茶クマ対策】
・保湿をしっかり行う
・ビタミンCなど抗酸化力のある食べ物を多く摂る
・美白作用のあるアイクリームなどを使う

茶クマや青クマの対策方法を紹介しましたが、いずれも改善するには時間がかかり、また改善に取り組んでも効果が見られないことがあります。また黒クマの場合は、自力で改善するのは難しいためクリニックでの治療をおすすめします。

クマの治療は痛みを感じますか?

脂肪除去の際の麻酔やヒアルロン酸注入などの注射の際にチクッという痛みを感じることがあります。それ以外のピコレーザーやハイフなどは痛みが少ないので、痛みに弱い方も安心して治療を受けられます。

当院の特徴

本記事を監修している当院「NOVUS Beauty Clinic」では、目の下のクマの治療法として「ハイフ」「ヒアルロン酸注入」「エレクトロポレーション」「ピコスポット」を提供しています。
当院は新宿と表参道に一つずつクリニックを設けているため、通院しやすく、多くのお客様にご来院いただいています。お仕事帰りやお出かけ中の空き時間に訪れやすいのが魅力です。

料金表

ハイフ(ウルトラフォーマーMPT)

全顔(あご下除く) 初回価格 ¥ 115,000
2回目以降 ¥ 144,000
3回コース ¥ 388,500
全顔(あご下含む) 初回価格 ¥ 146,000
2回目以降 ¥ 183,000
3回コース ¥ 494,000
目元 初回価格 ¥ 28,500
2回目以降 ¥ 36,000
3回コース ¥ 97,000
あご下 初回価格 ¥ 48,000
2回目以降 ¥ 60,000
3回コース ¥ 162,000
ほほ 初回価格 ¥ 56,000
2回目以降 ¥ 70,000
3回コース ¥ 189,000
初回価格 ¥ 32,000
2回目以降 ¥ 40,000
3回コース ¥ 108,000

ヒアルロン酸/アラガン社ジュビダームビスタ

ボルベラ(1本/1cc) ¥ 88,000
ボリフト(1本/1cc) ¥ 88,000
ボリューマ(1本/1cc) ¥ 88,000
ボラックス(1本/1cc) ¥ 88,000
ボライト(1本/1cc) ¥ 88,000
ヒアルロニダーゼ(他院修正※)
※他院で注入したヒアルロン酸を当院で溶解する場合
¥ 65,000
局所麻酔(ブロック注射) ¥ 3,000

エレクトロポレーション

全顔 初回価格 ¥ 12,500
2回目以降 ¥ 16,000
5回コース ¥ 64,000
10回コース ¥ 112,000
成長因子(オプション) 初回価格 ¥ 17,500
2回目以降 ¥ 22,000
5回コース ¥ 88,000
10回コース ¥ 154,000

ピコスポット

1ヶ所(5mm未満) 初回価格 ¥ 9,500
2回目以降 ¥ 12,000
1ヶ所(5mm以上) 初回価格 ¥ 24,000
2回目以降 ¥ 30,000
取り放題 初回価格 ¥ 96,000
2回目以降 ¥ 120,000

目の下のクマでお悩みならNOVUS Beauty Clinicへ

今回はクマの治療について解説しました。NOVUS Beauty Clinicは1人ひとりの悩みに寄り添い、的確な対処法を提案させていただきます。目の下のクマについてお悩みの方はNOVUS Beauty Clinicへご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

Scroll to Top