novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

ピコスポットとは?特徴や5つのメリット、よくあるQ&Aを現役医師が徹底解説

ピコスポットは、シミやそばかすなどの悩み解消におすすめの美容治療法です。
最近では「ピコ」と呼ばれる治療法が増えているので「ピコスポットって何?」「そもそもピコってどういう意味なの?」とお考えの方もいるかと思います。

本記事ではピコスポットについて、特徴や5つのメリット、そしてピコスポットをおすすめできる人を現役医師が徹底解説します。また「ピコ」と名前がつく他の美容治療法との違いもご紹介しますので、ぜひご覧ください。

目次

ピコスポットとは?

「ピコスポット」とは高出力のレーザーを使用して、シミやそばかすの元となるメラニン色素を除去する美容治療法です。ピコレーザー治療の一つで、ピコスポット以外にも「ピコフラクショナル」「ピコトーニング」があります。

ピコスポットを受けることで、メラニン色素が原因で起こるシミやそばかすなどに対応したり、タトゥー・ほくろなども除去することができたりするため、上記のような症状に悩む方に人気の治療法です。

ピコ秒(1兆分の1秒)で光を照射

ピコスポットは、1兆分の1秒に1回の頻度でレーザーをピンポイントで照射し、光音響によってメラニンを分解することでシミやそばかすなどを除去します。

また、ピコスポットは短時間で施術を行うことができるため、肌へのダメージも少なく、ダウンタイムが従来のレーザー治療より短く済むことも特徴の一つです。

シミ・そばかす・アートタトゥーにも対応

ピコスポットは、メラニン色素が原因で起こるシミ・そばかすはもちろん、ほくろやアートタトゥーも除去する効果が期待できます。

アートタトゥーは、体に入れるときも除去するときも強い痛みを伴うことで有名です。しかし、痛みに不安をお持ちの方でも、範囲が狭ければピコスポットで痛みを軽減しながら対処することもできます。

照射回数が少ない

ピコスポットは1回の照射でも、効果を実感する方が多いです。
そのため、簡単に気になるシミやそばかすなどに対応したい方や、なかなかクリニックに通院する時間がないという方でも手軽に施術を受けることができます。

ピコトーニングとの違い

ピコトーニングとピコスポットの違いは「照射するレーザーの出力」です。
ピコトーニングは、出力の弱いレーザーをまんべんなく照射するため、ダウンタイムも少なく、肌トラブルが心配な美容施術初心者向けと言えます。

ピコトーニングのデメリットとしては、ピコスポットのようにレーザーの出力が強いわけではないため、複数回の施術が必要になります。そのため、手っ取り早く気になる症状を解決したい方にとっては向いていない美容治療法と言えるでしょう。

ピコフラクショナルとの違い

ピコフラクショナルとピコスポットの違いは「改善できる症状」です。
ピコフラクショナルは、毛穴の開きやニキビ跡などの治療に効果が期待できる美容治療法で、肌のデコボコなどに対応しています。

対して、ピコスポットはシミやそばかすなどに効果を発揮します。そのため、シミやそばかすならばピコスポット、毛穴の開きやニキビ跡ならばピコフラクショナルがおすすめです。

ピコスポットで得られる5つのメリット

メリット1:即効性

効果が実感できる施術回数には個人差がありますが、基本的にピコスポットは1回の施術で効果を実感することができます。

そのため「近々、友人の結婚式に出席しなければいけない」など、近日中に迫った予定日までにシミやそばかすを消したいとお考えの方にもぴったりな美容治療法です。

メリット2:痛みが少ない

施術を受けてみようかと考えている方の中には「レーザーは痛みが強いのではないか」と不安になっている方もいるかと思います。

ピコスポットの痛みをわかりやすく表現すると「輪ゴムで弾かれたような痛み」です。
しかし、従来のレーザー治療のように、熱だけを使った治療ではないため、比較的痛みが抑えられています。加えて、痛みが心配という方は麻酔を使用して施術を受けることもできるため安心です。

メリット3:肌へのダメージが少ない

ピコスポットは1兆分の1秒単位の照射時間となっているため、肌へのダメージが少なくなっています。そのため、レーザー照射後に現れやすい色素沈着などのリスクも少ないと考えられています。

メリット4:ADMを薄くする

ADMとは、表皮より奥の層にできるシミもしくはアザの一種で、セルフケアでは薄くすることができません。従来のレーザーは、1回の照射が1億分の1秒で、ピコスポットよりも肌ダメージを受けやすいというデメリットがあります。

その点、ピコスポットは1回の照射がピコ秒となっているため、ADM治療をするならばピコスポットの方がデメリットは少ないと言えるでしょう。

メリット5:施術時間が短い

ピコスポット1回の施術時間は平均10〜15分程度と、とても短時間で施術を受けることができます。

そのため、肌へのダメージが少ないというメリットはもちろん、忙しい方でも気軽に施術を受けることができる点も、ピコスポットのメリットです。

ピコスポットがおすすめの人

次は、ピコスポットがおすすめの人を3つのパターンでご紹介します。

シミやそばかすに悩んでいる人

ピコスポットは、シミやそばかすなどの症状に対して効果を実感することができます。
そのため、シミやそばかすに悩んでいる方におすすめの美容治療法です。

短時間・短期間でシミを取りたい人

ピコスポット1回の施術時間は10〜15分程度で、1回の施術でも効果を実感することができるため、短時間・短期間でシミを取りたい方に最適です。

シミ取り施術が初めての人

ピコスポットは短時間・短期間で効果のを実感が期待できる以外にも、肌へのダメージが少ないので、初めてシミ取りを行おうと考えている方におすすめします。

またレーザー治療への「痛み」「ダウンタイム」が不安で、なかなか治療に踏み切れなかったという方でも安心して施術を受けることができます。

ピコスポットに関するよくあるQ&A

次はピコスポットに関するよくあるQ&Aに関して、現役医師が解答しますのでぜひご覧ください。

ピコスポットは副作用はあるの?

基本的に、ピコスポットで重篤な副作用が発生する確率は低いです。
しかし、施術後やダウンタイム中など、カサブタが気になって無理に剥がしてしまうと色素沈着が起きる可能性があります。

また施術後、数日してから色素が増強されることもありますが、基本的に段々と薄くなりますので心配はありません。その他副作用に関しては、直接カウンセリング時に医師へご相談ください。

ピコスポットの取り放題っておすすめなの?

顔全体にシミやそばかすがある方や、色素が濃いため1回の施術では色が薄くならないという方にはピコスポットの取り放題をおすすめしています。

本記事を監修している当院でも取り放題のメニューをご提供していますので、気になった方はぜひ一度公式サイトをご覧ください。

メイクはいつからOK?

メイクは、基本施術当日からOKとしているクリニックは多いです。しかし、治療後の肌に余計な摩擦を加えると色素沈着の原因になるため、注意しましょう。

肝斑も治療できるの?

ピコスポットでは、肝斑(かんぱん)と呼ばれる種類のシミは悪化するリスクがあるため、治療することはできません

肝斑を改善させたい方は、ピコスポットではなく、ピコトーニングでの治療がおすすめでできる場合があります。

当クリニックの症例写真

当クリニックで施術を受けた方のビフォーアフター写真をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

当院の特徴

当院では、「ピコトーニング」「ピコスポット」「ピコフラクショナル」の3つのピコレーザー治療を行っていま

また、使用する機器は「ピコシュア※」と呼ばれるピコレーザーで、「シミ」「シワ」「ニキビ跡」などの分野でアメリカFDAの認可を受けています。

本記事ではピコフラクショナルについて解説していますが、その他施術や治療の相談も承っていますので、ぜひ気軽に当院へご相談ください。

※薬事未承認機です。他機種でのご用意となる店舗もございます。

当院のピコスポットの料金

当院のピコスポットの施術料金をご紹介します。

1ヶ所(5mm未満) 初回価格 ¥ 10,000
 2回目以降 ¥ 12,000
1ヶ所(5mm以上) 初回価格 ¥ 25,000
 2回目以降 ¥ 30,000
取り放題 初回価格 ¥ 100,000
 2回目以降 ¥ 120,000

※価格は全て税込みです。
※価格は予告なく変更する場合があります。
※2022年7月27日時点の情報です。

ピコスポットならNOVUS Beaty Clinicへ

当院では、本記事で解説したピコスポットを含むピコレーザーでの3種類の治療をご提供しています。

新宿と表参道に一つずつクリニックを設けているため、通院しやすく、多くのお客様にご来院いただいています。お仕事帰りやお出かけ中の空き時間にふらっと訪れやすいのが魅力です。ぜひお気軽にご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】

ピコトーニングは肝斑やシミに有効?得られる3つの効果とよくあるQ&Aを現役医師が徹底解説

ピコフラクショナルとは?特徴や3つの効果・よくあるQ&Aを現役医師が徹底解説

ピコレーザーは効果がある?期待できる7つの効果とよくあるQ&Aを徹底解説

Scroll to Top