novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

ピコトーニングは肝斑やシミに有効?得られる3つの効果とよくあるQ&Aを現役医師が徹底解説

ピコトーニングは、ピコレーザーの一種で、シミはもちろん様々な肌症状を改善させる効果が期待されている美容治療です。効果以外にも「痛み」「ダウンタイム」「1回で効果を実感することはできるの?」など不安を感じている方も多いかと思います。
本記事ではピコトーニングについて、本当に肝斑やシミに効果があるのかはもちろん、得られる3つの効果や改善できる肌症状、よくあるQ&Aについて現役医師が解説します。

目次

ピコトーニングとは?

ピコトーニングとは弱い出力のレーザーを肌にまんべんなく照射する美容治療法です。肌に発生したメラニンを減らす効果が期待できるため、シミやそばかす対策に有効といわれています。

ピコトーニングの「ピコ」とはピコ秒(1兆分の1秒)という意味で、レーザーが肌にあたる時間が短いため、肌への負担が少ないという特徴があります。また肌のメラニンなどを減少させるので、美白にも効果が期待されます。

ピコフラクショナルとの違い

ピコフラクショナルは、肌のデコボコを改善したり、毛穴を引き締めたりするレーザー治療です。ピコトーニングと違って、顔全体ではなく部分的に点状照射できるレーザーが使用されます。

加えて、ピコトーニングは紫外線による肌のシミなどを改善する美白に対応しており、ピコフラクショナルは毛穴の開きやニキビ跡などに対応している美容治療法です。

ピコスポットとの違い

ピコスポットはシミやそばかすに効果が期待できるレーザー治療で「シミ取り治療」としても有名な美容治療法になります。

ピコトーニングと違いピコスポットは強い出力のレーザーで施術を行うため、即効性が期待できるでしょう。

その他にも、ピコスポットはADM(後天性真皮メラノサイトーシス)と呼ばれるシミ・アザに対しても効果が期待できますが、ピコトーニングではAMDを治療することができません。

ピコトーニングで得られる3つの効果

次は、ピコトーニングで得られる3つの効果を解説します。

①メラニン色素を減らす

ピコトーニングで得られる効果1つ目は「シミ・そばかすの改善」です。
シミ・そばかすの改善にはピコスポットがおすすめですが、敏感肌など肌が弱い方には向いていません。

しかし、ピコトーニングならば弱いレーザー出力で施術することができるため、肌が弱いけれどシミやそばかすを改善したいとお考えの方におすすめです。

②毛穴を引き締める

ピコトーニングで得られる効果2つ目は「毛穴を引き締めること」です。
ピコトーニングはお肌の美白効果以外にも、レーザーの刺激で毛穴を引き締めることができます。そのため、毛穴を引き締めてハリのある肌を作る効果も期待できます。

③肝斑(​​かんぱん)を改善する

ピコトーニングで得られる効果3つ目は「肝斑の改善」です。
肝斑は両側の頬を中心に生じる薄茶色のシミ(色素斑)で、ピコトーニングのようにシミの原因となるメラニンを減少させる美容施術で改善できる場合があります。

ピコトーニングで改善できる症状

次はピコトーニングで改善できる症状を解説します。

シミ・そばかす

ピコトーニングは、メラニンを減少させる効果が期待できるため、シミやそばかすの改善におすすめです。しかし、シミ取りで有名なピコスポットと違い即効性はありません。

肝斑(かんぱん)

シミやそばかすと同様、女性ホルモンの影響やストレスを引き金に発生したメラニンが原因で起こる肝斑に関してもピコトーニングは有効な場合があります。

肝斑は過度な刺激を与えると、炎症が悪化するため、ピコスポットやピコフラクショナルのような出力のレーザーは使えません。そこで、弱い出力のレーザーで施術が行えるピコトーニングに効果が期待できる場合があるのです。

赤ら顔

酒さ(しゅさ)とも呼ばれる赤ら顔の原因の一つとして「毛細血管の拡張」が挙げられます。
この赤ら顔に対して、ピコトーニングはレーザーで、極端に拡張した毛細血管の一部を消失させる作用があるため、繰り返し施術を受けていくうちに、顔の赤みを改善させる効果が期待できます。

くすみ

シミ・そばかす・肝斑と同様、ピコトーニングを複数回行うことで、メラニン色素を減少させ、くすみを改善する効果も期待できるでしょう。

ピコトーニングが受けられない方

ピコトーニングは肌質改善にも効果的な美容施術法ですが、人によっては治療を受けることができない場合もあります。

  • 妊娠中
  • 施術前に過度の日焼けをしている
  • 施術部位に傷がある
  • てんかん・ケロイドがある
  • 直近で脱毛をした
  • 大量にニキビが発生している

妊娠中にピコトーニングを受けたからと言って、胎児に悪影響があるという証明はされていませんが、大半のクリニックは施術を行っていません。

また施術後の肌は一時的にメラニンが生成されやすくなっているため、施術前に過度な日焼けをしていたり、施術後に日焼けをする予定があったりする場合は施術できません。当院NOVUS Beauty Clinicでは、施術約1カ月前から過度な日焼けを避けていただくようお願いしております。

加えて、脱毛に関しても肌へ刺激が加わり施術後かさぶた状にシミが濃くなる原因になります。

ピコトーニングはニキビ跡に対しては有効ですが、ニキビ本体には向いていません。ニキビが炎症を起こしている状態やニキビが大量に発生している場合も治療は受けられません。

ピコトーニングに関するよくあるQ&A

次はピコトーニングに関するよくあるQ&Aに対して、現役医師が解説します。

痛みやダウンタイムはあるの?

全く痛みがないということは個人差もあり一概に言えませんが、基本的には麻酔なしでも施術を行うことができる程度の痛みです。

ダウンタイムに関しては、照射直後に赤みや腫れが出ることがあります。個人差があるもののほとんどの場合、1日〜2日で改善します。

1回の施術で効果は実感できる?

個人差はありますが、1回の施術でも効果を実感する方はいます。しかし、ピコトーニングは弱い出力のレーザーで施術を行うため、より確実に効果を実感したい場合は、適切な期間を空けながら複数回施術を受けることによって、効果を実感しやすくなることがあります。

何か副作用やリスクはあるの?

ピコトーニングの施術を受けたことで、重篤な副作用リスクが起こる可能性は低いです。しかし、施術後から数時間〜数日程度は、赤みや腫れを感じる可能性があります。
詳しくは医師にお尋ねください。

ピコトーニングは効果がないって言われるけど?

本記事でも解説している通り、ピコトーニングは弱い出力のレーザーで施術を行うため、1回で大きな効果を実感しようと考えて施術を受けると「効果がない」と感じる方もいます。

ピコトーニングはどんな方におすすめ?

ピコトーニングは以下のようなお悩みを持った方におすすめです。

  • 施術は受けたいけど肌へのダメージは抑えたい
  • シミ・そばかすや肝斑などを改善したい
  • 毛穴を引き締めてハリのある肌になりたい
  • 美白したい
  • 敏感肌だけど美容治療を受けたい

上記に当てはまる方は、ピコトーニングの施術を受けることで理想の肌へ近づけることができます。

ピコトーニングについて動画で解説

ピコトーニングについて、動画でもご覧いただけます。美容皮膚科医が詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当院の特徴

当院で使用されるレーザー機器は「ピコシュア」と呼ばれる世界で初めて開発されたピコレーザー※です。このピコレーザーは、複数あるピコレーザーの中でも唯一内部に計測器があるため、確実にピコ秒のレーザーを出していることが証明できます。

また、当院では「ピコシュア」を使用して「ピコトーニング」「ピコスポット」「ピコフラクショナル」の3つの施術を行っています。

そのため、ピコトーニングで肌の土台を整え、ピコスポットやピコフラクショナルも組み合わせて施術をすることで、更にお客様の理想とする肌を作り上げるお手伝いをさせていただくことも可能です。

※アメリカ食品医薬品局(FDA)承認、薬事未承認機
※他機種でのご用意となる店舗もございます。

ピコトーニング

全顔初回価格¥14,600
2回目以降¥16,800
5回コース¥79,000
12回コース¥181,000

ピコフラクショナル

全顔

初回価格¥33,000
2回目以降¥39,600
5回コース¥188,000
12回コース¥427,000
全顔(ドクター施術)初回価格¥63,000
2回目以降¥69,600
5回コース¥330,000
12回コース¥751,000

ピコスポット

1ヶ所(5mm未満)初回価格¥10,000
2回目以降¥12,000
1ヶ所(5mm以上初回価格¥25,000
2回目以降¥30,000
取り放題初回価格¥100,000
2回目以降¥120,000

※価格は全て税込みです※価格は予告なく変更する場合があります※2022年7月27日時点での情報です

ピコトーニングを受けるならNOVUS Beauty Clinicへ

今回はピコトーニングについて、効果や改善できる症状、よくあるQ&Aを現役医師の視点から解説しました。

当院は東京メトロ副都心線「明治神宮前駅」7番出口より徒歩3分の好立地にあり、お客様に痛みや不安なく施術を受けていただけるよう、常に技術・使用機器・心のこもった接客に磨きをかけております。

ピコトーニングを受けてみたいとお考えの方は、ぜひ一度当院へご相談ください。
当院のピコトーニングの詳細はこちら

【関連記事】

ピコスポットとは?特徴や5つのメリット、よくあるQ&Aを現役医師が徹底解説

ピコフラクショナルとは?特徴や3つの効果・よくあるQ&Aを現役医師が徹底解説

Scroll to Top