novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

二重顎の悩みにはハイフ(HIFU)が最適!おすすめする5つの理由とよくある質問【Q&A】を徹底解説

2022.08.12

「二重顎を改善したい」「二重顎の悩みにはハイフ(HIFU)が良いって聞いたけど本当?」と、二重顎の悩みやハイフ(HIFU)について知りたい方はいませんか?

本記事では、二重顎の原因や、ハイフ(HIFU)について徹底解説し、二重顎の悩みになぜハイフ(HIFU)がおすすめなのかをご紹介します。

目次

ハイフ(HIFU)とは

ハイフとは正式名称「High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波治療法)」と呼ばれるリフトアップ施術の一つです。

ハイフ(HIFU)は、メスを使わずにリフトアップができることから、「たるみ」「シワ」を改善することができます。またハイフ(HIFU)はダウンタイムが短く、手軽にできる施術としても有名です。

ハイフ(HIFU)の特徴

ハイフ(HIFU)の特徴は、SMAS筋膜と呼ばれる表情を作る筋肉を覆っている膜や、皮下組織まで熱エネルギーを届けることができる点です。

そもそも、私たちの顔は「表皮」「真皮」「皮下組織」「SMAS筋膜」「表情筋」の5つの層で成り立っており、このSMAS筋膜は皮下組織と表情筋(筋肉)の間にある薄い膜のことを指しています。

従来のたるみ治療で使用されるレーザーやサーマークルと呼ばれる機器は、真皮層までは熱エネルギーを届けることができても、ハイフ(HIFU)のように深層、つまりSMAS筋膜まで熱エネルギーを届けることはできません。

対してハイフ(HIFU)は、真皮層~SMAS筋膜までピンポイントに熱エネルギーを届けることができます。これもハイフ(HIFU)ならではの特徴と言えるでしょう。

加えて、加齢によるシワやほうれい線はこのSMAS筋膜が衰えることが原因で発生すると言われています。そのため、ハイフ(HIFU)でSMAS筋膜を引き締めることで、シワやほうれい線はもちろんたるみを予防したり改善したりすることもできるのです。

その他にも、SMAS筋膜はコラーゲンで生成されているため、熱エネルギーでダメージを受けた部位が治癒していく過程でコラーゲンを増やし、肌にハリを与える効果も期待できます。

ハイフ(HIFU)の特徴

ハイフ(HIFU)には「ハイフ(HIFU)」「シャワーハイフ」「ハイフリニア」の3種類があります。

施術名ハイフ(HIFU)シャワーハイフハイフリニア
特徴・期待できる効果
  • リフトアップ
  • おなか・二の腕のぷよぷよを除去
  • SMAS筋膜まで熱エネルギーを届けてくれる
  • ハイフ(HIFU)よりも浅い層向け
  • 即効性が高い
  • 毛穴の引き締めにも効果が期待できる
  • 脂肪を分解
  • 顔した半分の悩みに最適
  • リフトアップ治療で効果が期待できない時に

 

シャワーハイフはハイフ(HIFU)よりも浅い層にアプローチする施術法で、ハイフリニアは、脂肪を分解して排出することで小顔や痩身効果が期待できる治療法です。

また、ハイフリニアは、マッサージやリフトアップ治療で期待している効果が得られない場合にも有効で、ハイフ(HIFU)では効果が実感できなかった方はハイフリニアがおすすめです。

ハイフ(HIFU)で改善が期待できるお悩みの症状

ハイフ(HIFU)で改善が期待できるお悩みの症状は以下の4つです。

  • たるみ
  • シワ
  • ほうれい線
  • お腹・二の腕のぷよぷよ感

ハイフ(HIFU)の施術を受けることで、肌質改善や、お腹や二の腕などの脂肪が気になる部分を引き締める効果が期待できます。

ハイフ(HIFU)と脂肪吸引どっちが良い?

リフトアップをしたいと考える方の中には「ハイフ(HIFU)と脂肪吸引ってどっちが良いのだろう」と悩む方も少なくありません。

脂肪吸引とは、特殊な器具を使用して脂肪が気になる部分の脂肪を吸引することで、リフトアップや痩身効果が期待できる施術方法のことです。

脂肪があまりにも多い方の場合は脂肪吸引の方が目に見える効果が期待できる可能性が高いです。

しかし、脂肪吸引は比較的価格が高いクリニックが多いことや、ダウンタイム期間が長めであるというデメリットがあります。

対して、ハイフ(HIFU)は、脂肪吸引と比較すれば価格は低めの設定で、なおかつダウンタイム期間が短いため、気軽に施術を受けられる点がメリットです。しかし、ハイフ(HIFU)の期待できる効果は施術後すぐに実感できるわけではありません。

どちらを選ぶかはその人次第ですが、手軽さで考えるならハイフ(HIFU)を、1回の施術でも目に見える効果を期待したい場合は脂肪吸引がおすすめです。

二重顎の原因

次は二重顎の原因を6つ徹底解説します。

原因①:顎下のたるみ

顎下は肌のたるみが起きやすい部分です。特に、加齢によって表情筋や舌の付け根の筋肉が衰えることで、たるみ二重顎と呼ばれる二重顎になってしまうこともあります。

原因②:顔のむくみ

二重顎の原因として、デスクワークやスマホを観ている間など、長時間同じ姿勢でいることにより顎や顎周りに老廃物や水分が溜まってむくんでしまうことも挙げられるでしょう。

加えて、猫背のように背中を丸める前傾姿勢でいることが多い方は、姿勢が悪いことで、首周辺や肩甲骨の血液やリンパの流れが悪くなり、頭痛や肩こりを引き起こすことにも繋がります。

原因③:顎が小さい(小顎症)

小顎症とは、下顎の発達が悪く、上顎に対して下顎の骨が後退している状態のことです。
原因として、遺伝的な因子や、幼小児期に下顎を骨折したり、顎関節に炎症を起こした経験がある場合も挙げられます。

下顎が小さいと、下顎の先端部分が後退していることで、顎と首のくびれがなくなって、結果的に体重や姿勢は関係なく二重顎が目立つケースもあります。

原因④:肥満

二重顎の原因として1番に挙げられるのは「肥満」です。
食生活の乱れや運動不足による体重増加が原因で顔の周りに脂肪がついた場合、どうしても二重顎になることは避けられません。

加えて、皮下脂肪が蓄積するとむくみやセルライトの原因に繋がったり、頑固な脂肪へと変化して簡単に二重顎を解消することができなくなったりすることもあります。

特に、年齢を重ねると皮膚が脂肪の重みに耐えられなくなり、たるみやすくなるため、肥満で二重顎ができている場合は、少しずつダイエットを行う必要があるでしょう。

原因⑤:日常的に歯を食いしばる癖がある

日常的に歯を食いしばる癖がある方も二重跡ができやすくなります。
原因として、頻繁に歯を食いしばると、口を開くときに使用する「開口筋群」と呼ばれる部位が劣化しやすくなることや、食いしばることによって筋肉が緊張状態になり血行やリンパを滞らせてしまうことが挙げられます。

これにより、顎周辺に老廃物が溜まり、二重顎を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。
また、日中は歯を食いしばらない方でも、就寝時に強い力で歯を食いしばっている方も多いため、心当たりがない方は、ご家族にご自身が就寝中に歯を食いしばっていないかを確認してみましょう。

就寝時の歯の食いしばりに効果的とされているのがマウスピースです。歯の食いしばりによる顎への負担を軽減することで二重顎の原因につながる老廃物の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

原因⑥:ストレートネック

ストレートネックとは、本来であれば首の頸椎は緩やかなアーチ状になっているはずが、様々な要素が積み重なってアーチ状が失われてまっすぐになってしまっている状態のことです。

特に、下を向きながらスマホを長時間操作していると首の骨が縦にまっすぐ詰まっている状態のままになるため、ストレートネックになりやすくなります。そのため、ストレートネックは「スマホ首」とも呼ばれています。

ストレートネックの状態が続くと、首の動きは柔軟さを失い稼働域が狭くなるため、狭くなった稼働域の首周りに脂肪がつき、それが二重顎に繋がってしまうのです。

 

二重顎の悩みにハイフ(HIFU)をおすすめする5つの理由

次は二重顎の悩みにハイフ(HIFU)をおすすめする5つの理由を徹底解説します。

①メスを入れずにリフトアップ効果が期待できる

ハイフ(HIFU)はメスを入れずにリフトアップ効果が期待できる施術法です。
そのため、施術に伴う副作用リスクも低くなっています。

②ダウンタイムが短く、施術直後からメイクOK

ハイフ(HIFU)のダウンタイムは平均2週間程度です。
また、ハイフ(HIFU)は施術直後からメイクをすることができるため、施術後でも友人と会ったりランチをして帰宅したりできるなど、美容施術ならではの注意事項の少なさも魅力です。

③1回の施術時間が短い

ハイフ(HIFU)の施術時間はおよそ20分~30分です。
そのため大切な1日のスケジュールを圧迫することもありません。
加えて、施術後にメイクもできるため、友人や異性と会う前に施術を受けることもできます。

④肌にハリやツヤを与える

ハイフ(HIFU)は、コラーゲンで生成されているSMAS筋膜にピンポイントで熱エネルギーを届けるため、コラーゲンの増加を促進し、肌にハリやツヤを与える効果も期待できるでしょう。

⑤二重顎の再発を防ぐ

ハイフ(HIFU)は、熱エネルギーを照射することで体内で熱へ変換し、脂肪細胞を破壊することもできます。

これにより、脂肪は分解され、その脂肪が血管などから排出されることで二重顎を解消する効果が期待できます。
加えて、壊した脂肪細胞は再生されることはないため、よほどのことがない限りは二重顎の再発を防ぐことができるのです。

ハイフ(HIFU)について動画で解説

ハイフ(HIFU)について、動画でもご覧いただけます。美容皮膚科医が詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

二重顎とハイフ(HIFU)に関するよくある質問【Q&A】

次は二重顎とハイフ(HIFU)に関するよくある質問【Q&A】を徹底解説します。

二重顎のハイフ(HIFU)施術の効果持続期間を教えてください

効果持続期間は半年~1年程度です。
期待される効果を実感し始めるのは術後1~3カ月後で、コラーゲンが増加し、リフトアップや肌の弾力アップを感じます。

そして3カ月~半年程で期待される効果はピークを迎え、そこから徐々に減少傾向となっています。
そのため、更に長く期待される効果を持続させたい場合は、3カ月~半年に1回ハイフ(HIFU)の施術を受けると良いでしょう。

ハイフ(HIFU)は神経損傷の危険性があると聞いたのですが?

これは、エステでハイフ(HIFU)施術を受けた場合のことで、ハイフ(HIFU)は皮膚の下にある組織や筋膜へ熱エネルギーを与える美容施術であるため、人体の仕組みや構造を把握していない施術者が行うと、神経を損傷させてしまうリスクがあります。

事実、国民生活センターには、医師の資格を持たないエステティシャンがハイフ(HIFU)施術を行ったことで神経を損傷した・熱傷が生じたという相談が多数寄せられています。

そのため、ハイフ(HIFU)の施術を行う際は、医師の資格を持った施術者が担当するクリニックや病院で行ってください。

エステでのハイフ(HIFU)とクリニックでのハイフ(HIFU)どっちが良い?

クリニックで使用されるハイフ(HIFU)は、出力が強くSMAS筋膜にしっかりと熱エネルギーを届ける効果が期待できます。一方、エステで使用されるハイフ(HIFU)は出力が弱いことや、医師の資格を持たない施術者が担当する可能性が高いため、神経を損傷するリスクや様々なトラブルを引き起こす可能性もあります。

もちろん、しっかりと施術者の知識や技術を高め、万全な体制で施術を行っているエステサロンもありますが、もしもの場合を考えて、医師が施術を担当するクリニックを選ぶべきでしょう。

ハイフ(HIFU)での痛みが心配です。麻酔は使用できますか?

ハイフ(HIFU)の施術はそこまで痛みはありません。
ですが、どうしても我慢できない方や痛みに弱い方は麻酔の使用もできますので、事前にクリニックへ相談してください。

当院の特徴

本記事を監修している「NOVUS Beauty Clinic」では、本記事で解説しているハイフ(HIFU)をウルトラフォーマーMPTと呼ばれる機器で行っています。

ウルトラフォーマーMPTは、従来のハイフ(HIFU)機器と比較して「スピードアップ」「痛みの軽減」を叶えた機器です。また当院独自のオーダーメイド照射での施術も行っています。

また、二重顎以外にも、全顔や目元部分でのハイフ(HIFU)も行っていますので、お顔で気になる部分がありましたら、ぜひカウンセリング時にご相談ください。

こんな方におすすめ

  • リフトアップがしたい
  • 二重顎を改善したい
  • メスを使った美容施術は怖い
  • 痛みが少ない施術が良い
  • 美肌になりたい・肌質を改善したい

痛み

個人差があります。

リスクや副作用

  • 施術直後に赤み
  • 膨張感(むくみ)
  • 肌が乾燥しやすくなる
  • 基本的には施術当日~数日で治まります。

料金

ウルトラフォーマーMPT (HIFU)

全顔(目元を含む) 初回価格 ¥ 120,000
2回目以降 ¥ 144,000
3回コース ¥ 410,000
全顔(目元・顎下を含む) 初回価格 ¥ 160,000
2回目以降 ¥ 183,000
3回コース ¥ 486,000
目元 初回価格 ¥ 30,000
2回目以降 ¥ 36,000
3回コース ¥ 102,000
顎下 初回価格 ¥ 50,000
2回目以降 ¥ 60,000
3回コース ¥ 171,000

※価格はすべて税込※価格は予告なく変更される可能性があります。
※初診料3,000円※再診料1,000円(3カ月以内)※麻酔別料金※2022年8月12日時点の情報です。

二重顎のハイフ(HIFU)施術ならNOVUS Beauty Clinicへ

本記事を監修している当院「NOVUS Beauty Clinic」では、快適な完全個室空間で、ご予約の際からお客様の「綺麗になりたい」という気持ちと誠心誠意向き合い、サポート・プロデュースさせていただきます。

また、当院ではYou Tubeの「美肌チャンネル」や、当サイトホームページのコラムにて、ハイフ(HIFU)について解説している動画や情報を随時公開しております。

今、ハイフ(HIFU)に興味がある方や、ハイフ(HIFU)の実績が豊富なクリニックをお探しの方は、ぜひ上記記載の動画や他のコラムをご覧いただき、当院へご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】
【保存版】ハイフ(HIFU)とは?たるみやシワへの効果・メリット・デメリット・副作用は?

ハイフ(HIFU)はやめたほうがいいと言われる6つの理由と失敗しやすい人の特徴・よくあるQ&Aを徹底解説!

Scroll to Top