目の下のクマを治す方法|原因や見分け方、改善方法を種類別に解説

2023.01.06

「目の下のクマをなくしたい」「目の下にクマができる原因が知りたい」とお悩みの方はいませんか?毎朝鏡を見たときにクマが気になってしまうということはよくあると思います。本記事では目の下のクマができる原因とその見分け方、改善方法を種類別に解説します。

目次

目の下のクマの見分け方

クマにはいくつかの種類があり、種類によって原因や適切な対策方法が違います。いくらクマのケアをしようと思っても、対策が間違っていては効果がないどころか悪化してしまう可能性もあります。まずはそれぞれのクマの見分け方を解説します。

茶クマの見分け方

目の下の皮膚に色素が沈着し、茶色っぽく変色したものが茶クマです。紫外線によるダメージや目元のこすり過ぎ、メイクの落とし残しなどが原因でメラニンが生成され、目の周りが茶色っぽくなります。
クマを優しく引っ張った時に、クマの色が変わらない場合は茶クマの可能性があります。

青クマの見分け方

目元の血行が悪くなり、毛細血管が透けることによって青く見えるのが青クマです。主な原因は、寝不足や運動不足、目の酷使による血行不良などです。目の下を引っ張ると薄くなる、もしくは消える、マッサージをして色が変わるといった場合は青クマの可能性があります。

黒クマの見分け方

加齢による目の周囲の筋肉の衰えや、コラーゲンの減少が黒クマの原因です。筋肉や肌のハリが衰えることにより、目の下がくぼみ、影ができてクマのように見える状態になります。鏡を手に持って上を向いた際に、クマの色が薄くなったら黒クマの可能性があります。

茶クマの改善方法

定期的に施術を受ける必要がある

色素沈着が主な原因である茶クマは、日々のケアでを見直すことで改善が期待できます。茶クマが気になる人は、以下の4つのケアを毎日の生活に取り入れてみましょう。

しっかり保湿する

目元に十分な水分を与えることで肌のターンオーバーが整い、色素の元となるメラニンの排出を助けます。保湿力が高いヒアルロン酸やセラミドなどが入ったスキンケア用品がおすすめです。

紫外線対策をおこなう

茶クマを悪化させないようにするために重要なのが、日焼け対策です。茶クマが気になる方はUVケアを徹底し、屋内にいるときも怠らないようにしましょう。外に出ないのであれば、SPF15程度の肌への負担が軽いものを選ぶことをおすすめします。

ビタミンCを塗る・摂取する

ビタミンCには強い抗酸化作用があるため、色素沈着の原因となるメラニンに働きかけて透明感のある肌へ導く効果が期待できます。サプリメントなどで摂取するのも効果的ですが、ビタミンC誘導体を配合した美容液もおすすめです。ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、持続性が高い特徴があります。
中には、ナノカプセル化した独自の技術で、ビタミンC誘導体を的確に角層の隅々まで届けることができる製品もあります。

優しくクレンジングする

目元への強い刺激や摩擦によって肌がダメージを受け、ターンオーバーが乱れることも茶クマの大きな原因です。クレンジングを肌にのせる時は、優しくゆっくりとなじませましょう。洗い流すときは、こすらずにぬるま湯でしっかりと洗い流し、顔を拭くときはふわりと顔をタオルで包み込むように拭きましょう。

青クマの改善方法

青クマは日々の生活習慣を変えていくことで改善が期待できます。

睡眠時間を確保する

睡眠時間をしっかり確保することで、青クマの原因である目の下の皮膚の血行不良や血中酸素濃度の低下が改善される可能性があります。なかなか寝つけないという方には、睡眠補助サプリメントなどで質の良い睡眠を確保するという方法もあります。また、寝る前にスマホやパソコンの画面を見るのを避けることでスムーズに入眠することができたり、質の良い睡眠をとることができたりします。

入浴・ホットアイマスクをする

入浴には血行を促進する作用があるので、血行不良による青クマの改善が期待できます。シャワーのみで済ませずに、なるべく湯船に浸かることを心がけましょう。また、ホットアイマスクも目の周りの血行不良の改善に役立つアイテムです。目の疲れの軽減にも効果が期待できるので、様々な青クマの原因にアプローチできます。

目の周りをマッサージする

直接目の周りのマッサージをすることで、青クマの原因である血行不良の改善が期待できます。マッサージの際は、目に負担をかけないためにもアイクリームの使用をおすすめします。
中指の腹にクリームをつけ、目頭からこめかみにかけて指の腹でポンポンと優しくタップしながら移動します。上まぶた、下まぶた共にバランスよく行いましょう。また、下まぶたから指の幅一本分下に、クマやむくみを解消するとされている四白(しはく)というツボがあります。こちらも合わせてゆっくり刺激することで相乗効果が期待できます。

長時間スマホやパソコン画面を見ない

パソコンやスマホの画面から出るブルーライトは、目に強い刺激を与えるとされています。この刺激を長時間受けることによって、眼精疲労や血行不良の原因となり青クマを悪化させてしまいますので、こまめに休憩をとるよう心がけましょう。

黒クマの改善方法

目の下を保湿する

加齢や紫外線の影響で皮膚の乾燥が進むと、肌のバリア機能が低下して、たるみを引き起こします。このたるみがくぼみとなり、黒クマの原因となるため、しっかり目の下を保湿してバリア機能を維持することが大切です。目元用の美容液(アイクリーム)を使用するとより適切な保湿が可能になるため活用しましょう。様々なタイプの美容液がありますが、ヒアルロン酸などが配合されている保湿性の高いものがおすすめです。なお、美容液をなじませた後は、水分の蒸発を防ぐためにオイルやクリームなどで蓋をするとより効果的です。

眼輪筋(がんりんきん)を鍛える

眼輪筋を鍛えることで、たるんだ目の下の皮膚が引き締まり、黒クマの改善につながります。様々なメソッドが提唱されていますが、その中でもおすすめの方法をご紹介します。

  1. 目の周りを外側に向かって横方向、または縦方向に軽く引っ張り、眼輪筋に負荷をかける。
  2. リズミカルに目を閉じる動作を30秒ほど継続する。

これを1日に1回以上、できれば縦横、両方向で行うことで目の周りの筋肉強化が期待できます。結果的に肌にハリが戻り、黒クマが改善される可能性があります。

目の下のクマを効率的に改善する方法

目の下のクマにはいくつかの種類があり、その原因や対策を個人で判断するのは難しい場合があります。
そのため効率的に改善したい方は、美容クリニックでのクマの治療をおすすめします。どんな種類のクマでどのように改善していくのかなど、適切なアドバイスを受けることができます。

目の下のクマに関するよくある質問【Q&A】

ここからは、目の下のクマに関するよくある質問をまとめています。

何をやってもクマが消えない場合はどうすればいいですか?

目の下にできたクマの綺麗な消し方はありますか?

目の下のクマを即効で治せる方法はありますか?

当院の特徴

当院では、米国アラガン社が製造販売しているヒアルロン酸「ジュビダームビスタ®」を使用して施術を行っています。

ジュビダームビスタ®シリーズは、日本国内で初めて厚生労働省の認可を受けたヒアルロン酸で、期待できる効果の持続性やなめらかな仕上がりになることが魅力です。

また、当院ではジュビダームビスタ®シリーズの「ボルベラXC」「ボリフトXC」「ボリューマXC」「ボラックスXC」の4種類を、お客様の肌の悩みに応じて使い分けています。

施術概要

こんな方へ

ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴラインが気になる
肌にハリやツヤを取り戻したい
肌の保湿力をアップさせたい
期待できる持続効果が長いヒアルロン酸が良い

痛み

ほぼなし
※麻酔時、注射特有の痛みを感じる方もいます。

リスクや副作用

  • 内出血
  • 腫れ・むくみ
  • チンダル現象(透けて青く見える状態)
    これらの副作用はまれに発生します。どの副作用も自然に改善しますが、深刻な症状が出た場合は、ただちにクリニックへご相談ください。

料金一覧

ヒアルロン酸/アラガン社ジュビダームビスタ

ボルベラ(1本/1cc) ¥ 88,000
ボリフト(1本/1cc) ¥ 88,000
ボリューマ(1本/1cc) ¥ 88,000
ボラックス(1本/1cc) ¥ 88,000
ボライト(1本/1cc) ¥ 88,000
ヒアルロニダーゼ(他院修正※)
※他院で注入したヒアルロン酸を当院で溶解する場合
¥ 65,000
局所麻酔(ブロック注射) ¥ 3,000

※価格は全て税込みです。
※価格は予告なく変更する場合があります。
※2022年12月23日時点の情報です。

ヒアルロン酸注射について動画でも解説

目の下のクマに効果的なヒアルロン酸注射について動画でも見ることができます。美容皮膚科医が解説していますので、ぜひ参考にしてください。

また、クマのケア方法を種類別に解説している動画もご紹介します。ぜひ参考にしてください。

目の下のクマでお悩みならNOVUS Beauty Clinicへ

本記事を監修している当院「NOVUS Beauty Clinic」では、快適な完全個室空間で、ご予約の際からお客様の「綺麗になりたい」という気持ちと誠心誠意向き合い、サポート・プロデュースさせていただきます。
目の下のクマに悩んでいる方や、施術での改善をお考えの方で豊富な施術実績のあるプロの手による施術を受けたい方は、ぜひ当院の美容施術で改善してみませんか?まずはお気軽に当院へご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】
ヒアルロン酸を打ち続けるとどうなるの?メリットデメリット・よくあるQ&Aを徹底解説

目の下のクマを治療する方法一覧|料金や副作用なども解説

Scroll to Top