novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

肌質改善のための全知識|肌質ごとのケア方法や美肌になる方法を解説

「肌荒れが気になる」「色々スキンケアを試したけれど、効果がない」とご自身の肌質にお悩みの人はいませんか?

肌質を改善するためには、まず肌質改善の意味と、人それぞれの肌質ごとのケア方法を理解することが大切です。

本記事では、いまからできる肌質改善のセルフケア方法や、生活習慣、そして美容施術を利用した美肌になる方法など、肌質改善のための全知識をご紹介します。

目次

肌質改善とは?

肌質改善をしていく上で、まずは「肌質改善」の意味をしっかりと理解しておくことが大切です。ここでは、肌質改善とは本来どのような意味を指しているのかを解説します。

自分の肌質を理解し、適切なスキンケアをすること

肌質改善とは、自分の肌質を理解し、適切なスキンケアをすることです。
しかし、多くの女性は自身の肌質をしっかりと理解しておらず「多分〇〇肌だろうな」という認識だけでスキンケア用品を選んでいることが多いです。

肌質改善を目指すならば、まずは自分の肌質が本当は何肌なのかを理解して、肌質に合ったスキンケアをしていくことを心がけましょう。

トラブルなく、健康な肌を維持すること

肌質改善は、トラブルなく健康な肌を維持することも大切です。
よく勘違いされがちなのは「肌の表面上に何もトラブルがなければ問題ない」と思ってしまうことです。確かにニキビやしわ、肌荒れなど、目に見えるトラブルがなければ、肌は健康だと思う方もいるかもしれません。

しかし、ここで解説しているトラブルのない健康な肌とは、肌に弾力やツヤがあり、血色も良く潤いを感じられることです。
健康な肌を維持するためには表面上の皮膚だけではなく、表面からは見えない「真皮」や皮下組織の状態も良好にしておく必要があります。

そのときの肌の状態に適したスキンケアをすること

毎日スキンケアをしていると、いつも使っているスキンケア用品が合わないと感じることはありませんか?それは肌の状態が常に変化しているからです。例えば、朝は昨晩のスキンケアが重すぎてテカテカしている日もあれば、空気が乾燥してカサついている日もあるでしょう。

対して夜は、メイクや外からの紫外線、皮脂などで肌は息苦しい状態です。あまりにも疲れてお風呂を忘れて眠ってしまった翌日の肌は雑菌だらけで肌荒れの原因になります。

このように、肌は常に同じ状態ではないため、そのときの肌の状態に適したスキンケアをすることが肌質改善に繋がるのです。

肌の構造は3層で成り立っている

肌質改善について理解できたら、次は肌の構造について解説します。
まず、前提として私たちの肌の構造は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で成り立っています。

表皮

表皮は、厚さ約0.2mmの一番外側にある層です。外部からの刺激から守り、体の水分が蒸散しないようにバリアとなって下の層を保護しています。

外側から「角層」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層」の4層に分けられています。

真皮

真皮は、表皮の内側にあり、外側から「乳頭層(にゅうとうそう)」「乳頭下層(にゅうとうかそう)」「網状層(もうじょうそう)」の3層に分けられます。肌組織の大部分を占める肌の本体的存在です。

真皮には「血管」や「神経」などの他に、コラーゲンやエラスチンが真皮の多くを占めており、肌を支え、形や弾力を保つ働きをしています。

その他にも、肌の炎症に関わる「肥満細胞」、肌の免疫に関わる「組織球」も存在しています。

皮下組織

皮下組織は、真皮の下にある組織で、表皮と真皮を支えている存在です。外側から「静脈」「動脈」「神経」「脂肪」があり、外部からの刺激や衝撃を和らげるクッションのような働きをしています。

皮下組織の厚さは、頭部や額では約2mmと薄いですが、エネルギーを脂肪という形で蓄えたり、静脈や動脈、神経を保護する働きを担ったりしています。

肌質には5つのタイプがある

次は肌質のタイプについてです。私たち人間の肌質は大きく5つのタイプに分けられます。

乾燥肌

脂性肌(オイリー肌)

混合肌(インナードライ肌)

敏感肌

普通肌

ここではそれぞれの肌質のタイプについて解説します。

乾燥肌

乾燥肌は、水分量・皮脂量ともに少ない肌質で、かさつきや肌荒れなど、肌トラブルを起こしやすいタイプです。

特に乾燥が気になる秋〜冬は、肌のコンディションが悪く、小じわが目立ちやすいという特徴があります。

脂性肌(オイリー肌)

脂性肌(オイリー肌)は、乾燥肌とは逆に、水分量・皮脂量が多い肌質です。潤いはあるので外部からの刺激には強いタイプです。

そのため、四季を通して肌はしっとりとしていますが、テカリやべたつきが気になるという特徴があります。加えて毛穴が開きやすく、暑い季節は皮脂分泌が過剰になってニキビができやすいです。

混合肌(インナードライ肌)

混合肌(インナードライ肌)は、水分量が少なく、皮脂量が多い肌質です。脂っぽい部分と乾燥した部分がどちらもあることから、混合肌と呼ばれています。

特に30代からは、この混合肌タイプになりやすいと言われており、20代までは脂性肌だったのに、気づいたら混合肌になっているということもあります。

敏感肌

敏感肌とは「皮膚のバリア機能が低下している状態」の肌質で、スキンケアをしたときに「肌がヒリヒリする」「つっぱる」「ひび割れる」「粉を吹く」など、様々な肌トラブルを引き起こしやすいタイプです。

このタイプになる原因は「乾燥」「加齢」などが挙げられますが、適切ではないスキンケアや体質でも敏感肌になることがあります。

普通肌

普通肌は、水分量は多く皮脂量は少ない肌質で、5つのタイプの中でも肌トラブルに強い理想的なタイプです。

しかし、普通肌は加齢などが原因で変化しやすいという特徴があります。そのため、若い頃は普通肌だったのに、いきなり敏感肌になってしまうということもあります。

肌質をセルフチェックする方法

肌質改善をしようと考えたとき「多分自分は普通肌かな?」「敏感肌かもしれない」と、予想の範囲内でスキンケア商品を買いそろえたり、新しく使ったりすると肌に合わなかったり、肌トラブルを起こしたりする可能性があるためNGです。

そこで、ここでは自分の肌質がはっきりとわからない方へ、肌質をセルフチェックする方法をご紹介します。

①あぶらとり紙を使った方法

あぶらとり紙を使ったチェック方法は簡単です。まずいつものように洗顔をした後、タオルで顔を拭いて約10分間、何もせずに待ちます。10分後、肌の表面をチェックし、あぶらとり紙をTゾーンと頬に10秒間優しく当てた結果で、ご自身の肌質をチェックしてみてください。

肌質チェック結果
乾燥肌あぶらとり紙がつかない
つっぱりを感じる
シワが目立つ

脂性肌
(オイリー肌)

あぶらとり紙がつく
つっぱり感がない
シワが気にならない

混合肌
(インナードライ肌)

Tゾーンにのみあぶらとり紙がつく
部分的につっぱりを感じる
シワが少し気になる
敏感肌あぶらとり紙がつかない
顔がヒリヒリする
普通肌あぶらとり紙がつかない
つっぱり感がない
シワが気にならない

②朝起きて鏡を見る方法

2つ目のセルフチェック方法は、朝起きたとき、ご自身のUゾーンがどのような状態になっているかで肌質をチェックします。必要なものはなく時間もかかりません。

肌質チェック結果
乾燥肌全体的にカサカサしている
脂性肌
(オイリー肌)
カサつきはないけれど、ベタっとしている
混合肌
(インナードライ肌)
ベタつきもあり、カサつきも多少ある
敏感肌カサつき・ベタつきともに感じない
普通肌カサつき・ベタつきともに感じない

③メイク後の状態をチェックする方法

3つ目のセルフチェック方法は、朝のメイクから約5時間が経過したときの肌の状況で、肌質をチェックするものです。仕事の休憩時間やお出かけの合間にチェックしてみましょう。

肌質チェック結果
乾燥肌つっぱり感がある
朝よりも肌にツヤがないと感じる
脂性肌
(オイリー肌)
皮脂でメイクが崩れている
つっぱり感はない
混合肌
(インナードライ肌)
皮脂でメイクが崩れている
皮むけ・ごわつきがある
敏感肌チェック不可
普通肌ほとんどメイクは崩れていない
肌もツヤがある

こちらのセルフチェックは、敏感肌には使えません。敏感肌の方はセルフチェック①と②を参考にしてみてください。

またすべてのセルフチェックをしてみたけれど、結果にバラツキがあるという場合は、皮膚科や、肌質チェックを行っているお店で正式にチェックしてもらうことをおすすめします。

【肌タイプ別】肌質改善ケア

ご自身の肌質を把握できたら、次は肌タイプ別の肌質改善ケア方法を解説します。
肌質ごとに重点的にケアする部分が違うため、間違ったスキンケアを行って肌トラブルを起こさないように、しっかりと肌質に合ったケアを行ってください。

乾燥肌:水分と油分を補う

乾燥肌は、肌の水分量が少ないため、「水分と油分を補うこと」がとても重要です。
「オイル美容液」「乳液」など油分のあるスキンケアアイテムで補給し、肌の水分が蒸発するのを防ぎましょう。

また、洗顔後はなるべく早く化粧水をつけて水分の蒸発を防ぎ、量をケチらないことがポイントです。

脂性肌(オイリー肌):皮脂汚れを念入りに落として保湿する

脂性肌(オイリー肌)は乾燥とは無縁の肌質ですが、その分肌に油分が多くテカリやベタつきに繋がります。また、皮脂汚れは放置すると毛穴に詰まってニキビなどの炎症を起こす原因になるため、クレンジングオイルなどで皮脂汚れを念入りに落とした後、保湿してください。

クレンジングオイルを選ぶ際は、洗浄力よりも潤い成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。理由として、洗浄力だけが高いクレンジングオイルを選ぶと、必要な皮脂も落としてしまい、結果的に肌を乾燥させてしまうことがあるからです。

混合肌(インナードライ肌):部分的に水分と油分を調整する

混合肌(インナードライ肌)は、乾燥肌と脂性肌(オイリー肌)の要素を含んでいるため、部分的に水分と油分を調整する必要があります。

エリアで分けると「Uゾーン=乾燥肌」「Tゾーン=脂性肌(オイリー肌)」です。そのため、Uゾーンは潤いを与えて乾燥を防ぐスキンケアを、Tゾーンは適度に油分を与えるスキンケアなど、ゾーンごとのスキンケアを行いましょう。

敏感肌:低刺激のスキンケア商品を選ぶ

敏感肌は、他の肌質と比較してターンオーバーが乱れ、ちょっとしたことで肌トラブルが起こりやすい肌質です。特に刺激に弱いため、低刺激のスキンケア商品を選びましょう。

敏感肌は、肌のバリア機能が低下しているため、肌質改善が難しい肌質になります。そのため、「乾燥しやすい洗顔後は、すぐに保湿をする」、肌に負担をかけやすいクレンジングオイルは「敏感肌向けを使用してゴシゴシ洗わない」など、自身の肌を理解して優しく接してあげてください。

普通肌:肌の状態を頻繁にチェックしてケアする

普通肌は、肌質の中で理想的な肌質のタイプです。しかし、だからといってスキンケアをしっかりと行わないと肌質が変わってしまう可能性もあります。

その他にも紫外線や、洗顔時にゴシゴシと洗ってしまうなど、肌にダメージを与え続けると肌トラブルの原因に繋がるため、他の肌質と同様、肌の状況に合わせたスキンケアや対策を行うようにしてください。

肌質改善のために今からできる生活習慣5選

次は、肌質改善のためにいまからできる生活習慣を5つご紹介します。
スキンケア以外にも、規則正しい生活習慣を送ることも肌を整えるためには大切な要素です。ぜひ、本記事を読んだこの瞬間から始めてみましょう。

①目を酷使しすぎない

近年リモートワークでパソコンを長時間見ていることや、スマホで動画サイト・SNSをチェックする方が増えています。そのため、目を酷使すると起こる眼精疲労(がんせいひろう)に注意が必要です。

目を酷使することが、肌全体に影響を与えるわけではありません。しかし、眼精疲労は目元や目尻にシワができる原因に繋がります。

加えて、目を酷使して顔の筋肉が凝ることで、血行不良になり肌の新陳代謝が滞ります。その結果、ターンオーバーが正常に行われなくなることで、ニキビができる原因になってしまうため、注意が必要です。

②しっかりと睡眠時間を確保する

肌質改善に睡眠時間は切っても切れない繋がりがあります。
睡眠不足は、成長ホルモンの分泌を妨げるため、ターンオーバーが低下して肌荒れや肌トラブルを引き起こします。特に、成長ホルモンが最も分泌される夜22時から2時の間は確実に入眠しておきたい時間帯です。

③お風呂に入る

肌はストレスが特に出やすい部分であり、過度のストレスは「皮膚の血管縮小」「免疫機能の低下」などを引き起こします。そのため、どんなにスキンケアをしていても、ストレスが溜まる毎日を過ごしているだけで、肌質改善を行うことは難しくなります。

ストレス解消法としておすすめなのは「お風呂に入ること」です。お風呂はストレスで活性化している交感神経の働きを鎮め、心身ともにリラックスさせる効果が期待できます。

夏なら38度前後、冬は40度前後のお風呂にゆっくり浸かってストレスを解消することも、肌質改善に大切です。

④笑顔を意識し、表情筋を使う

笑顔でいることは、顔にある約30種類の筋肉である「表情筋」を鍛えることができます。
この表情筋を鍛えることによって、血行促進効果が期待できます。

その結果、肌トラブルや肌質改善にも繋がるため、笑顔を意識することも大切です。しかし、笑顔を意識しようと思っても、最初は顔がひきつりますし、楽しくないときに笑えるわけではありません。

そんなときは、お風呂でストレスを解消している最中に、大好きなテレビを観たり、面白い動画を観たりして思い切り笑って表情筋を鍛えましょう。

⑤化粧品やケア方法を見直す

肌質改善のためには、まずご自身が使用している化粧品やケア方法を見直すことも大切です。本記事でご紹介した肌質セルフチェックで、もしかすると思っていた肌質ではなかった方もいるかもしれません。

また、肌質は理解していても、使用している化粧品が肌質に合っていないことや、ケア方法を間違えている可能性もあります。そのため、本記事を読み終わったら化粧品やケア方法を改めて見直してみてください。

肌質改善のための美容治療の方法

次は、肌質改善の効果を高めるためにおすすめしたい美容治療について解説します。

ピーリング

ピーリングは、グリコール酸やサリチル酸マクロゴールなどの薬剤を使用して、肌の古い角質を優しく剥がし、肌の新陳代謝を整える治療法です。

肌質改善はもちろん、ニキビなど肌トラブルの改善にも効果が期待できます。加えて施術当日からメイクOKのため、手軽に施術が受けられる点も魅力の一つです。

施術後は、かゆみやピリピリ感、赤みが出る場合がありますが、2,3日で落ち着くことが多いです。

全顔初回価格¥8,000
2回目以降¥9,600
5回コース¥45,000
12回コース¥103,000
初回価格¥6,000
2回目以降¥7,200
5回コース¥34,000
12回コース¥77,000
背中半身初回価格¥16,000
2回目以降¥19,200
5回コース¥91,000
12回コース¥207,000
デコルテ初回価格¥8,000
2回目以降¥9,600
5回コース¥45,000
12回コース¥103,000

ダーマペン

ダーマペンは16本の針がついたペン型の機器を使用し肌に小さな穴を開け、皮膚の自己再生能力を高めることで、肌質改善を促します。

ダーマペンは「ニキビ」「黒ずみ」「毛穴の開き」など、肌の悩みやトラブルに対して効果が期待できる美容治療で、中でもいちご鼻の改善に特化しています。

施術直後は肌のバリア機能が低下するので、外的刺激に敏感になっています。保湿や紫外線対策を十分に行いましょう。また金属アレルギーだと施術を受けられません。

ダーマペン4初回価格¥19,800
2回目以降¥23,700
5回コース¥112,000
12回コース¥255,000
ヴェルベットスキン初回価格¥28,000
2回目以降¥36,400
5回コース¥172,000
12回コース¥393,000
ウーバーピール初回価格¥25,000
2回目以降¥30,000
5回コース¥142,000
12回コース¥324,000

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは、「電気穿孔(せんこう)法」とも呼ばれ、皮膚に弱い電気をかけながら一時的に肌の表面に隙間を開け、美容成分を導入する美容治療法です。

これにより、表皮からは浸透できない高分子の美容成分を肌の奥層まで届け、肌質改善効果を促します。また、電気の力で“穴”を開けるため、針を使用せずに美容成分を浸透させることができ、痛みもありません。

まれに導入する成分が肌に合わず、アレルギー反応を起こし赤みやむくみなどが出るケースがあります。心配な方は、カウンセリング時にアレルギーや持病について、しっかりと話し合いましょう。

全顔初回価格¥13,500
2回目以降¥16,200
5回コース¥76,000
12回コース¥174,000
成長因子追加初回価格¥5,000
2回目以降¥6,000
5回コース¥28,000
12回コース¥64,000

※価格は全て税込みです。
※価格は予告なく変更する場合があります。
※2022年7月27日時点の情報です。

肌質改善に効果的なエレクトロポーションについて動画で解説

肌質改善に効果的なエレクトロポーションについて動画でもご覧いただけます。美容皮膚科医が詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください

当院の特徴

本記事を監修している当院「NOVUS Beauty Clinic」では、肌質改善の美容治療法として「ピーリング」「ダーマペン4」「エレクトロポレーション」はもちろん、様々な施術を提供しています。

当院は新宿と表参道に一つずつクリニックを設けているため、通院しやすく、多くのお客様にご来院いただいています。お仕事帰りやお出かけ中の空き時間にふらっと訪れやすいのが魅力です。

詳しくは、当院公式サイト「https://nbc-clinic.com/」をご覧ください。

肌質改善ならNOVUS Beauty Clinicへご相談を

本記事では肌質改善に関する全知識をご紹介しました。美肌を保ち続けることは男女問わず永遠の憧れです。

当院では皆様の肌質改善をお手伝いすべく、「シワ」「しみ」「ニキビ・ニキビ跡」「肝斑」「毛穴」「たるみ」「目の下のくま」を含む様々な症状に合った肌質改善の施術法を提供しています。

今、肌質改善がしたいとお考えの方はぜひ一度当院へご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】

Scroll to Top