novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

目の下のクマの原因は?クマの種類・改善方法・対策を解説

2022.06.24

目の下のクマは「疲れて見える」「老けて見える」といったように人の印象を大きく変えてしまう可能性があります。一般的に寝不足が原因として知られているクマですが、寝ても治らないクマもあり、このような場合は寝不足が原因ではない可能性があります。

そこで、今回は目の下のクマの様々な原因から改善方法、さらに、対策まで解説します。

目次

目の下にできるクマの原因とは

目の下にできるクマの原因について詳しく解説します。

色素沈着

クマができる原因としてまず考えられるのは色素沈着です。色素沈着は紫外線や摩擦といった外部からの肌への刺激によってメラニン色素が肌に蓄積して起こります。

メラニン色素は紫外線などの外部刺激から肌を守る作用を持ちますが、蓄積することでクマの原因になる可能性があります。

血行不良

血行不良もクマができる原因の一つです。ストレスや寝不足などで体内の酸素が減ることで血液は鮮やかな赤色から黒色に変化します。これが肌を透き通って見えることでクマになる可能性があります。

加齢による皮膚のたるみ

加齢によって皮膚がたるむことで、クマの原因になる可能性があります。

目の周りには眼輪筋(がんりんきん)という筋肉があります。しかし、加齢とともに眼輪筋が劣化して支えられなくなった目元の皮膚はたるんでいきます。

これによって目の下にある眼窩(がんか)脂肪が前に出て目の下に”段差”が生まれるのです。これができるとクマに見える場合があります。

瘀血体質の人は要注意

瘀血(おけつ)体質とは血液の巡りが悪く、滞っている状態のことです。血流はクマの発生に大きく影響し、巡りが悪いと目の下にクマができやすいと言われています。

瘀血体質でない人より念入りに対策が必要です。

目の下にできるクマは3種類

目の下のクマは「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類に大きく分類することができます。これらのクマをそれぞれ解説します。

青クマ

青クマの主な原因は血行不良で、酸素不足によって黒っぽくなった静脈がうっすら透けて見えることで起きます。クマが青黒く見え、ファンデーションやコンシーラーなどで簡単に隠すことができるなら青クマである可能性が高いです。

茶クマ

茶クマの主な原因は色素沈着です。目の下にメラニン色素が蓄積すると茶色にくすんで見えるクマが出現する可能性があります。クマの色が茶色っぽく、目じりを引っ張ることでクマも一緒に移動したら茶クマである可能性が高いです。

黒クマ(影クマ)

黒クマの主な原因は加齢による皮膚のたるみや眼窩(がんか)脂肪のくぼみ、乾燥や紫外線による外部からの刺激です。これは目の下にできた影がクマに見えるため、影クマとも呼ばれています。

近年ではスマートフォンで目を酷使しているため、眼精疲労や瞬きの減少が後に眼輪筋の劣化に繋がり、黒クマを発生させているケースもあります。

目の下にくぼみがあり、顔を上に向けて鏡を見るとクマが無くなる場合は黒クマである可能性が高いです。また、黒クマはファンデーションやコンシーラーで隠すことが難しいです。

それぞれのクマの改善方法

それでは、各クマに対する対処法をそれぞれ紹介します。

青クマの改善方法

青クマは、十分な睡眠や入浴が改善方法として挙げられます。睡眠や入浴は血流を整える効果を期待でき、同様の理由で適度な運動やストレッチなども青クマの改善に効果的だと考えられます。

またスマートフォンやパソコンの長時間の利用を避けることで、目を酷使する時間が短くなり青クマの改善に繋がる可能性があります。また、目元用のホットパックはリラックスできるだけでなく、血行不良の改善にも効果を期待できるためおすすめです。

茶クマの改善方法

茶クマの改善には肌のターンオーバーを正常に行うことが大切になるため、日々のスキンケアでしっかり保湿や紫外線対策を徹底しましょう。

また、ターンオーバーの乱れ以外にもクレンジングや洗顔時、目元マッサージなどで起こる摩擦も色素沈着を起こす原因になる場合があります。クレンジングや洗顔時は丁寧に優しく洗いましょう。タオルで拭くときも同様に優しく押し当てるようにして、水分のみを取り除くことを意識して行いましょう。

色素沈着を目立ちにくくするには美白効果が期待できるスキンケア用品を取り入れることも一つの方法です。

メラニンの生成を抑制する作用を持つものは、茶クマを改善できる可能性があります。このようなスキンケアグッズは肌に合う、合わないがあるので少量から試してみてください。

黒クマ(影クマ)の改善方法

黒クマの改善には、表情筋を鍛えて目元のハリを取り戻すケアを行いましょう。表情筋には目元の筋肉である眼輪筋も含まれているため、目元を特に意識してエクササイズを行うことでより効果を期待することができます。

たるみに特化したスキンケア用品も黒クマを改善できる可能性があります。普段の保湿クリームなどに加えて、たるみに効果的なスキンケア用品を使用してみましょう。また、エイジングケアに特化したアイクリームなどもおすすめします。

目の下にクマを作らないための対策

それでは、各クマの事前にできる対策をそれぞれ紹介します。

青クマの対策

血行不良が主な原因である青クマは、目元をマッサージしたりタオルで温めることで対策できます。

さらに、有酸素運動も取り入れることで血の巡りが良くなるため、まずは手軽にできる運動を毎日の生活習慣に取り入れてみましょう。

また、体が冷えると血管が収縮して血流が悪くなる可能性があります。暖かい飲み物を飲んだり半身浴をして、体を冷やさないよう心がけましょう。

茶クマの対策

茶クマは保湿効果や美白効果の高い化粧品を積極的に使うことで対策できます。
茶クマの主な原因はシミと同じなので、シミ対策と同様の対策で効果が期待できます。

また、メイク汚れは肌に残ると色素沈着の原因になるため、クレンジング時は丁寧に行うことが大切です。ごしごしと洗うと肌を傷つける可能性があるので気を付けましょう。

黒クマ(影クマ)の対策

肌にハリや潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸が配合されている化粧品を使いましょう。青クマの対策と同様に簡単なエクササイズを生活に取り入れることも黒クマの対策に有効だと考えられています。

クマについてのよくある質問【Q&A】

それでは、クマに興味を持つ方の悩みや質問に解答していきます。

アイメイクとクマは関係ある?

直接的な関係はありませんが、メイクをしている時間が長かったり、メイク残りがあったりすると色素沈着に繋がる可能性があります。特に濃いアイメイクは落としにくいため注意が必要です。洗い流すときは擦らずに優しく洗いましょう。

クマを一時的に隠す方法はある?

コンシーラーを上手く使うことで目立つクマを隠せることがあります。この場合、クマの種類によってコンシーラーを変えることでクマを上手く隠せます。

  • 青クマ→オレンジ系
  • 茶クマ→黄色系
  • 黒クマ→明るいピンク系

クマは子供に遺伝するの?

顔つきは遺伝するので、それに伴って目の下のクマが目立ちやすいかどうかも遺伝と深く関与します。目の下にクマが目立つ場合は遺伝で引き継いだ顔つきに加齢が関与したものと考えることもできるでしょう。

熟睡してもクマが消えないのはなぜ?

熟睡してもクマが消えない場合は血行不良ではなく、筋肉のたるみなどが原因だと考えられます。このような場合は体の疲労はあまり関係しないと考えられるので、顔の筋肉が衰えていないかチェックしてみることをおすすめします。

クマの治療を受けたら再発することはないですか?

再発する可能性が低い治療法はあります。しかし、脂肪注入のように追加治療が必要になるものが多いです。

目の下のクマについて動画で解説

クマの悩みについて、動画でもご覧いただけます。美容皮膚科医が解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当院の3つの特徴

それでは、当院「NOVUS Beauty Clinic」の3つの特徴をご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2022年8月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」の2院を展開中です。どちらも駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

目の下のクマでお悩みならNOVUS Beauty Clinicへご相談

今回は目の下のクマについて解説しました。NOVUS Beauty Clinicは1人ひとりの悩みに寄り添い、的確な対処法を提案させていただきます。目の下のクマについてお悩みの方はNOVUS Beauty Clinicへご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

Scroll to Top