novus Beauty Clinic | ノバスビューティークリニック

茶クマの改善方法3選|見分け方や原因、予防対策も解説

2022.07.11

目の下のクマは「疲れて見える」「老けて見える」というように人の印象を大きく変えてしまう可能性があります。クマにはいくつかの種類に分けることができ、茶色にくすんだクマを「茶クマ」と言います。

そこで、今回は茶クマの見分け方から原因、改善方法などを解説します。

目次

茶クマの基礎知識

茶クマの見分け方

クマは大きく「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3種類に分けられます。

茶クマは、目の下にメラニン色素が蓄積して茶色にくすんで見えることでできます。クマの色が茶色っぽく、目じりを引っ張ることでクマも一緒に動いたら茶クマである可能性が高いです。

茶クマができる仕組み

茶クマができるのにはメラニン色素が関係しています。これは、頬やおでこにできるシミの原因としても知られています。

茶クマができる場所は皮膚が薄く、スキンケアが不十分だと外部からのダメージを受けやすくなります。これらの刺激によってメラニン色素が発生し、結果的に色素沈着になる場合があります。

肌はターンオーバーと言われる肌のサイクルで、新しい細胞の生成と古い細胞の排出を繰り返し行っています。茶クマの原因であるメラニン色素も、このサイクルに沿って体外へ排出されます。しかし、ターンオーバーが乱れるとメラニン色素が正常に体外へ排出されなくなります。そのため、肌の表面に溜まって茶クマとして現れます。

茶クマの原因

それでは、茶クマの原因について解説します。

目元の乾燥

目元は皮膚が薄いため、非常に乾燥しやすい場所です。乾燥で肌のバリア機能が失われると、肌のターンオーバーが乱れる可能性があります。このターンオーバーの乱れによって、体内のメラニン色素は排出されずに溜まってしまい、茶クマが現れるのです。

外部からの刺激

外部からの刺激は肌に直接影響します。特に、紫外線や肌の摩擦などは茶クマの原因になりうる可能性があります。茶クマの原因であるメラニン色素は、外部の刺激から肌を守る機能を持ちます。そのため、肌がダメージを受けるとメラニン色素が過剰に生成されてしまいます。

また、クレンジングや洗顔時にゴシゴシと擦ることも、茶クマの原因になる可能性があります。特に目元に使用する効果の高いアイライナーなどは落ちにくいため、つい擦ってしまう方も多いかと思います。肌への刺激は茶クマの原因になる可能性があるので気を付けましょう。

茶クマの改善方法

茶クマの改善方法を3つ紹介します。

改善方法①:スキンケアを徹底する

茶クマを改善するには様々なスキンケアを行う必要があります。特に、「紫外線対策」と「肌の保湿」を徹底して行いましょう。紫外線は茶クマだけでなく、様々な肌のトラブルの原因でもあるので気を付けましょう。

皮膚のターンオーバーを正常に促すケアも大切です。化粧品を選ぶときは保湿成分やビタミンC誘導体が配合されているものをおすすめします。美白成分が配合されているものも茶クマに効果を期待できます。毎日、欠かさずにスキンケアを行いましょう。

改善方法②:生活習慣を改善する

食生活の乱れや睡眠不足などは肌のターンオーバーが乱れる原因になります。まずは自分の生活習慣を見直して、改善することを心がけましょう。また、ストレスや疲労の蓄積も肌に悪いで、しっかりと休息をとることをおすすめします。

改善方法③:クリニックで治療を受ける

茶クマはセルフケアで消すことが難しいと言われています。そのため、短期間で改善したい方はクリニックへ通うのがおすすめです。クリニックでは専門の医師が診察を行って、一人ひとりに合う対処法を提案するため、一度相談してみてはいかがでしょうか。

茶クマをカバーするのに効果的なメイクのコツ

茶クマを一時的に隠すには、黄色やオレンジ系のカラーのコンシーラーを使うと目立ちにくくなります。メイクの順番は、化粧下地、コンシーラー、ファンデーションの順に重ねましょう。

コンシーラーで茶クマを隠す際に、目の際まで塗ると目が小さく見えてしまったり、厚塗り感が出てしまう可能性があります。べた塗りは避けて、点置きしてから指やチップでぼかすことで綺麗になじみやすいです。

茶クマの予防方法

茶クマの予防方法を紹介します。

予防方法①:クレンジング・洗顔を優しく行う

クレンジング時にゴシゴシと肌を擦ると、肌の刺激となって茶クマの原因になる場合があります。これはクレンジング時だけでなく洗顔時でも同じことが言えます。また、茶クマだけでなく様々な肌のトラブルも引き起こす可能性があります。今までゴシゴシと顔を洗っていた方はすぐに辞めましょう。

予防方法②:美白効果を持つ化粧品を使う

美白効果を持つ化粧品の使用は茶クマの予防に効果を期待できます。美白が期待できる成分として「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」などが知られています。特にビタミンC誘導体には高い抗酸化作用があるため、肌のターンオーバーを整えるための重要な成分です。

一言で美白効果を持つ化粧品と言っても、種類はたくさんあります。まずは配合されている成分を見て化粧品を選んでみましょう。自分の肌に合う合わないなどもあるのでパッチテストを行うことをおすすめします。

予防方法③:保湿効果を持つ化粧品を使う

肌の乾燥はターンオーバーの乱れの原因になり、茶クマが現れる可能性があります。そのため、保湿効果を持つ化粧品を使って、頻繁に保湿を行いましょう。霧状の化粧水はコンパクトのものが多くて扱いやすいため、日中などに持ち歩くのに便利です。特に寒い時期は乾燥しやすいので、より保湿の徹底を心がけましょう。

茶クマの改善についてよくある質問【Q&A】

それでは、茶クマの改善についての質問に解答していきます。

クマはどうすれば見分けられる?

以下の見分け方を参考にしてみてください。

  • 目じりを引っ張るとクマも一緒に動く→茶クマ
  • 目の下を引っ張ってみて、クマが薄くなる→青クマ
  • 顔を上に向けて鏡を見るとクマがなくなって見える→黒クマ

茶クマに効果が期待できるスキンケアは何?

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸が配合されているスキンケア用品を使用することをおすすめします。また、保湿効果をもつスキンケア用品も茶クマへの効果を期待できるのでおすすめです。

茶クマはセルフケアで改善できる?

茶クマはセルフケアで目立たなくすることができても、完全に消すことは難しいと言われています。効果的な治療を受けたい場合はクリニックの活用をおすすめします。

クマの治し方を動画で解説

クマの悩みについて、動画でもご覧いただけます。美容皮膚科医が解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当院の3つの特徴

本記事を監修しているNOVUS Beauty Clinicではクマに対する治療法をご用意しております。ここからは当院の特徴を3つご紹介します。

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は新宿と表参道に一つずつクリニックを設けているため、通院しやすく、多くのお客様にご来院いただいています。お仕事帰りやお出かけ中の空き時間にふらっと訪れやすいのが魅力です。

丁寧なカウンセリング

当院では、お客様に効果の高い施術をご提供するためカウンセリングに力を入れております。時間をかけてじっくりとお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

茶クマでお悩みならNOVUS Beauty Clinicへご相談

今回は茶クマについて解説しました。NOVUS Beauty Clinicはお客様一人ひとりの悩みに寄り添い、その的確な対処法を提案させていただきます。茶クマにお悩みの方はNOVUS Beauty Clinicへご相談ください。

カウンセリングはこちら

【関連記事】
目の下のクマの原因は?クマの種類・改善方法・対策を解説
青クマとは?原因・有効な改善策・カバー法を現役医師が解説

Scroll to Top