男性ニキビ跡の治療方法5選|発生原因やデメリットも解説

近年、美肌や肌ケアに関心のある男性が増えてきました。男性をターゲットにした化粧品も多く見かけるようになり、男性向けの美容クリニックも増えています。
この記事では、自宅でセルフケアをしてもなかなか改善することが難しい、男性のニキビ跡治療について解説します。ニキビ跡が残ってしまう原因や、おすすめの治療法について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

男性ニキビ跡の種類 

男性ニキビ跡の主な種類5つを詳しく解説します。

赤み

赤みは、ニキビ跡が炎症として赤く残っている状態です。額や頬、口元などに多く見られ、症状は主に2つのパターンに分けられます。
1つ目はニキビの炎症が完全に治っていない場合です。一見ニキビの炎症が治っているように見えても、炎症は続いており赤みが残っている状態です。
2つ目は毛細血管が肌から透けて見える場合です。ニキビの炎症によってダメージを受けた肌は、再生する過程で毛細血管が拡張します。この現象が原因で赤みが現れます。

色素沈着

色素沈着とは、ニキビ跡が茶色くシミのように残っている状態です。主に、あご周りに見られます。肌が生まれ変わるターンオーバーの際に、排出されるはずのメラニン色素が肌に残ってしまうことが原因です。また、赤いニキビ跡を治療せず長期間放置すると、茶色いシミのような見た目に変化することもあります。

クレーター

クレーターは、肌の表面に凹凸ができている状態で、鼻やこめかみにできやすいです。ニキビを潰すなど症状を悪化させる行為によって、真皮層にまでダメージが加わることでクレーターのニキビ跡につながります。クレーターのニキビ跡はセルフケアでの改善が困難になるので、早めにクリニックを受診するようにしましょう。

しこり

しこりはニキビが大きく腫れ上がって見えるような状態です。原因は、ニキビ跡を修復しようと肌の修復機能が過剰にはたらくことです。ニキビが重症化すると、肌細胞はダメージを修復しようとします。重症であればあるほど過剰な修復が行われてしまい、細胞が作られすぎてしまうため、これがしこりにつながります。

ケロイド

ケロイドは、ニキビができていた部分が赤みや痛みを伴って大きく盛り上がり跡を残したもので、主にあご下に見られます。しこりと同様に肌の修復機能が過剰にはたらくことが原因で起こります。ニキビの炎症が長期化することで、肌組織を修復しようと皮膚のコラーゲンが過剰につくられ、ケロイドができます。

男性ニキビ跡の原因 

男性のニキビ跡の主な原因5つを解説します。

皮脂の過剰分泌 

ニキビができる原因の一つに、皮脂の過剰分泌が挙げられます。皮脂が過剰分泌されてしまうと毛穴に詰まり、炎症を起こしてニキビの発生につながります。皮脂の過剰分泌を抑制できないとニキビの炎症が長引くため、ニキビ跡が残ってしまうことも少なくありません。

髭剃り後の肌荒れ

男性の場合、髭剃りが原因でニキビができる場合もあります。髭剃りによる摩擦は、肌表面を傷つけてしまうため、肌に菌が侵入しやすい状態となりニキビができやすくなります。さらにそのニキビを髭剃りなどで傷つけたり、ケアを怠ったりすることでニキビ跡をつくる原因につながります。

生活習慣の乱れ

不規則な生活習慣は、肌のターンオーバーの乱れにつながります。ターンオーバーを正常化することで、肌を健やかに保つことができるため、生活リズムを整え、睡眠時間や食生活に気を付けて過ごしましょう。また、過度なストレスも要因の一つです。自分なりのリフレッシュ方法を見つけるなどしてストレスを溜めないようにすることも大切です。

間違ったスキンケア

男性は女性より皮脂分泌が多いため、ニキビができやすいです。ニキビやニキビ跡を防ぐためにも適切なスキンケアを行いましょう。
まずは、洗顔後にしっかりと保湿を行うことです。保湿を怠ると肌が乾燥し、皮脂の過剰分泌につながりニキビを発生させてしまうため、保湿を習慣化することをおすすめします。
洗顔を正しくできているのかというのも大切です。ゴシゴシと肌を擦るのではなく、泡立てた洗顔料で肌を包み込むように優しく洗いましょう。

不十分な紫外線対策

紫外線対策が不十分な場合も、ニキビ跡につながることがあります。。紫外線は皮脂を酸化させ、肌のバリア機能を弱めてしまう上に、バリア機能の低下は、毛穴詰まりや皮脂の過剰分泌を引き起こしてニキビになることもあります。日焼け止めを塗る、日傘を使うなど、毎日の紫外線対策をきちんと行いましょう。

男性ニキビ跡の治療方法5つ 

男性ニキビ跡に有効とされる治療方法を5つ、ご紹介します。

治療方法①:レーザー治療

レーザー治療とは、肌にレーザーを照射することで様々な肌悩みの改善が期待できる美容治療です。レーザー治療にはいくつかの種類があり、症状により適切な治療法が異なります。
ここでは、ニキビ跡に効果的なレーザー治療「ピコトーニング」「ピコフラクショナル」「ピコスポット」の3つを紹介します。

ピコトーニング

ピコトーニングとは、ピコ秒(1兆分の1秒)でレーザーを照射するレーザー治療です。レーザーの照射時間が短いので、肌への熱ダメージを最小限に抑えながら治療できるのが特徴です。レーザーの熱作用によってニキビ菌を抑制し、皮脂の分泌を抑えます。また、肌の真皮層にはたらきかけてコラーゲンやエラスチンの生成を促進するため、ニキビ跡による色素沈着の改善が期待できます。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルレーザーは、肌に極小な穴をあけて肌の再生を促し、美肌に導く治療です。肌の内部にのみ穴をあけるので、肌表面を傷つけることがなく、痛みやダウンタイムが少ないことが特徴です。皮膚の再生力によってコラーゲンを活性化させ肌を入れ替えることで、ニキビ跡の改善が期待できます。

ピコスポット

ピコスポットは、気になる部分にピンポイントでレーザーを照射します。狭い範囲に強い出力でレーザーを照射するため、即効性が期待できる治療です。ニキビの炎症によって引き起こされた色素沈着におすすめです。

治療方法②:ダーマペン4

ダーマペン4とは、肌の表面に小さい穴をあけて自然治癒力をはたらかせ、美肌に導く治療法です。肌を一時的に傷つけることで、線維芽細胞が活発になりコラーゲンやエラスチンの生成が促進され、ニキビ跡の改善が期待できます。レーザー治療との違いは、熱による肌ダメージや色素沈着のリスクがないことや、ダウンタイムが短いことが挙げられます。

治療方法③エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは、肌に電圧を与えて小さな隙間をつくり、美容成分を肌の深部に浸透させる治療です。肌悩みに合った有効成分を肌の真皮層まで届けることで、様々な肌トラブルの解消につながります。エレクトロポレーションに含まれる美容成分であるビタミンCは、ニキビやニキビ跡に有効とされており、改善が期待できます。

治療方法④ピーリング治療

ピーリングは、薬剤を使用して皮膚表面の古い角質を除去することで肌のターンオーバーを促し、健やかな肌に導く治療です。
ここでは、「サリチル酸ピーリング」と「コラーゲンピール」について解説します。

サリチル酸ピーリング

サリチル酸ピーリングは、「サリチル酸」という酸を使用します。サリチル酸は角質を柔らかくして剥がす作用があり、ツルっとした肌に仕上げることができます。肌に角質が溜まると、かさつきや毛穴詰まり、ニキビといった肌トラブルを起こしやすい状態になります。定期的にピーリングを行うことでターンオーバーを正常に保つことができ、これらの肌トラブルを防ぐことができます。

コラーゲンピール

コラーゲンピールは「PRX-T33」という薬剤をマッサージしながら浸透させるピーリング治療で、マッサージピールとも呼ばれています。肌の真皮深層部までピーリング剤を浸透させることで線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促します。従来のピーリングと違って、赤みや皮むけが起こりにくいことが特徴です。
コラーゲンピール治療を繰り返し行うことで、ニキビ跡による赤みや色素沈着、クレーター状のニキビ跡にも改善が期待できます。

治療方法⑤内服薬・外用薬

飲み薬や塗り薬で、ニキビを治療する方法もあります。ニキビが酷くなると治療が難しくなるため、早めに受診することをおすすめします。ニキビが悪化することで、ニキビ跡につながる可能性も高くなります。

男性ニキビ跡治療のダウンタイム

施術後のダウンタイムは、いずれも数日から10日程度で治まることがほとんどです。ダウンタイム中の症状は治療方法によって異なります。
レーザー治療では、赤みや腫れ、ヒリヒリ感が現れることがあります。また、コラーゲンピールによるダウンタイムは少ないとされていますが、肌の赤みや皮むけが見られることがあります。長引くようであればすぐにクリニックに相談しましょう。

男性ニキビ跡治療の副作用

レーザー治療の副作用として、色素沈着したり傷跡が残ったりする可能性があります。また、ダーマペン治療では痛みや内出血、腫れ、浮腫みなどが見られる場合があります。一般的には数日程度で落ち着きますが、重い症状が出ていたり、長く続くようであればクリニックに相談しましょう。

動画でも解説

ニキビ跡に効果的な治療法であるエレクトロポレーションについて、動画でも解説しています。当院の医師が詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

男性ニキビ跡の治療に関するよくある質問【Q&A】

ここからは男性のニキビ跡の治療に関するよくある質問をご紹介します。

男性ニキビ跡の治療は痛みを感じますか? 

男性ニキビ跡の治療期間はどの程度ですか? 

男性ニキビ跡の治療は何回おこなうと改善されますか? 

男性ニキビ跡とニキビが混合しても治療できますか?

男性ニキビ跡の治療は保険診療で受けられますか? 

当院の特徴

徹底した事前準備・アフターケア

当院はご予約から治療までの間、カウンセリングや診察を通じてお客様の悩みに寄り添います。事前準備やアフターケアを徹底的に行うため、お客様に安心していただけるサービスを心がけております。

通院しやすい立地

当院は2022年12月時点で「表参道ラウンジ」「新宿ラウンジ」「池袋ラウンジ」の3院を展開中です。駅から徒歩圏内の好立地にあるため、お買い物のついでやお仕事帰りなど、気軽にご来院いただけます。

丁寧なカウンセリング

当院では、従来の「お客様が医師(施術担当者)の待つ診察室へ行く」スタイルではなく、「医師(施術担当者)が、お客様のいらっしゃる個室へ行く」スタイルを採用しています。プライベート空間でじっくりと時間をかけてお客様に向き合うことを心がけており、一人ひとりに合う治療をご提案しています。

男性ニキビ跡の治療方法ならNOVUS Beauty Clinicへ

今回は男性ニキビ跡の治療方法について解説しました。

男性ニキビ跡の治療お考えの方はぜひ一度当クリニックのカウンセリングへお越しください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】

ニキビ跡の治療は皮膚科に行くべき?メリットやおすすめの治療方法を解説

ニキビ跡が色素沈着する理由は?ニキビ跡の色素沈着が治る期間と、治すための6つの方法を徹底解説!

Scroll to Top