ピコトーニングとピコフラクショナルの違い|効果や費用、副作用など

ピコトーニングとピコフラクショナルは悩みによって向き不向きがあります。
本記事ではピコトーニングとピコフラクショナルの違い、効果や費用、副作用について解説します。最後までお読みいただくと自分にはどちらが向いているかがわかり、悩みにあった治療を選択することができるでしょう。

目次

ピコトーニング・ピコフラクショナルの違い

ピコトーニングは弱い出力のレーザーを肌にまんべんなく照射する治療法で、シミやそばかすへの改善効果が期待できます。
一方でピコフラクショナルは、レーザーを部分的に点状照射する治療方法で、肌の凸凹、毛穴の開き、肌質改善の効果が期待できます。

ピコトーニングとは

ピコトーニングは、低出力のレーザーで色素を減らす効果が期待できる治療です。レーザーを肌へまんべんなく照射することで肝斑やシミ、赤ら顔の改善に効果が期待できます。また照射の刺激でコラーゲンやエラスチンの産生が促されることで、肌のハリ・ツヤアップも期待できるでしょう。

きわめて短い時間でレーザーを照射するため、肌へのダメージが少ないという特徴があります。施術後も数日程度は赤みや腫れを感じる人もいますが、重篤な副作用が起きるリスクが少ないです。

ピコトーニングがおすすめな人

ピコトーニングは、以下のお悩みがある人におすすめです。
・シミ・そばかすを薄くしたい
・肌のくすみが気になる
・肝斑が気になる
・肌のトーンアップをしたい

ピコフラクショナルとは

レーザーを部分的に点状に照射し、内部に微細な穴を開け、肌の自己回復力を利用する治療です。毛穴の開きやニキビ跡、小じわの改善に効果が期待できます。こちらも重篤な副作用はめったに起こらないとされています。まれに赤みやかゆみといった症状が見られることがありますが、通常1週間程度で治まります。

ピコフラクショナルがおすすめな人

ピコフラクショナルは、以下のお悩みがある人におすすめです。
・毛穴の開きが気になる
・ニキビ跡を改善したい
・小ジワが気になる
・肌質を改善したい

ピコトーニング・ピコフラクショナルに関してよくある質問【Q&A】

ピコトーニング・ピコフラクショナルのダウンタイムはどのくらいですか?

ピコトーニング・ピコフラクショナルの施術にかかる時間はどのくらいですか?

ピコトーニング・ピコフラクショナルの痛みはありますか?

ピコトーニング・ピコフラクショナルは同時に施術できますか?

当院の特徴

当院では最新機器「ピコシュア」を用いて施術を行います。カウンセリングを通じて、お客様の肌の状態やご要望に合わせて施術プランを決めていきます。

施術料金一覧表

ピコトーニング

全顔 初回価格 ¥ 17,500
2回目以降 ¥ 22,000
5回コース ¥ 88,000
10回コース ¥ 154,000
手の甲 初回価格 ¥ 9,500
2回目以降 ¥ 12,000
5回コース ¥ 48,000
10回コース ¥ 84,000
初回価格 ¥ 9,500
2回目以降 ¥ 12,000
5回コース ¥ 48,000
10回コース ¥ 84,000
背中半身 初回価格 ¥ 28,500
2回目以降 ¥ 36,000
5回コース ¥ 144,000
10回コース ¥ 252,000
口唇 初回価格 ¥ 2,500
2回目以降 ¥ 3,500
5回コース ¥ 14,000
10回コース ¥ 24,500
首(前又は後ろ) 初回価格 ¥ 11,000
2回目以降 ¥ 14,000
5回コース ¥ 56,000
10回コース ¥ 98,000
デコルテ 初回価格 ¥ 19,000
2回目以降 ¥ 24,000
5回コース ¥ 96,000
10回コース ¥ 168,000

ピコフラクショナル

全顔 初回価格 ¥ 31,500
2回目以降 ¥ 39,500
5回コース ¥ 158,000
10回コース ¥ 276,500

※価格は全て税込みです。
※価格は予告なく変更する場合があります。
※2023年1月13日時点の情報です。

ピコトーニング・ピコフラクショナルならNOVUS Beauty Clinicへ

今回はピコトーニング・ピコフラクショナルの違いについて解説しました。NOVUS Beauty Clinicでは、快適な完全個室空間で、ご予約の際からお客様の「綺麗になりたい」という気持ちと誠心誠意向き合い、サポート・プロデュースさせていただきます。

ピコトーニング・ピコフラクショナルの治療に興味がある方は、お気軽に当院へご相談ください。

カウンセリング予約はこちら

【関連記事】
ピコトーニングは肝斑やシミに有効?得られる3つの効果とよくあるQ&Aを現役医師が徹底解説
ピコフラクショナルとは?特徴や3つの効果・よくあるQ&Aを現役医師が徹底解説

Scroll to Top